2017年08月09日

WA セキュリティシックスのエジェクター

きょうは絶版モデルガン再生日記?
WA セキュリティシックスのエジェクターについて、を。



少し前、セキュリティシックスM717の4インチを入手した
のですが、、、これはエジェクター固着を直そうと叩いたら
崩壊!手持ちの2-3/4インチのパーツを移植して再生しました。

その後入手したM117の6インチでは修理に成功、
M117の6インチは既にメタルフィニッシュのものを
持っているので、このパーツをM717 2-3/4インチに
回してもよかったのですが、、、

実は以前から「マルシンのM586用エジェクターが
WAセキュリティシックスに使える」と聞いていたため、
パーツ注文(2つ!)して合わせてみました。



画像の左がWA純正、中央が改造後、右が改造前の
エジェクターです。

改造箇所は、というより改造しないで済んだのは
内側のネジ溝とラチェット形状くらいで、ハッキリいって
外形部はほとんど削り倒す必要があります!



カートを引っ掛け、排出する傘の骨のような部分は、
外径,カートの収まる抉り、肉厚全て削り、板厚の短縮が
苦しい!ため、ラチェット部も少し削っちゃいました!
(本来は不要カモ)。

裏のシリンダーとの位置決め(回転防止)ピン穴もズラす
必要があり、中央の軸部は外径を0.4mmくらい削ると
同時に平取り部分を(元は2つの溝)削る必要があります。

そして軸が少し短いため、リング状のスペーサーを作って
”かさ上げ”も必要です。



少し後退してますが、改造エジェクター装着の図、です。
よーく見ると、位置決めピン穴加工がズレたのか、
少しシリンダーとずれてますが、これでカートも
入るようになったので、あとは気が向いたときに修正、
かな?



これでABSのM117 6インチを引退(部品取り)
させずに済む!

ここまできたら、M717の6インチも欲しいところなんですが、
なかなか巡り合わないうえ、いつものように”安価”でないと、
そして修復可能なヤツ、など条件面もハードルが高いし、
このシリーズではポリスサービスシックスの方が欲しいし!!
まあ気長に探しましょう。

軸が付いた傘の裏側を均一(軸に直角)に削る、
というのは大変難しく、また素材が柔らかくかつ
脆いため、旋盤に挟んで加工するには専用冶具を
作るところから始めなければならないカモ、で
ピッチの細かいネジ切りタップさえあれば、傘を
圧入式にしてイチから作ったほうが早いカモ、と
思ってしまいました。

WAもモデルガンからは撤退して久しく、マルシンさん
が現在も生産、パーツ供給があるのは有難いこと
なんですが、もうガスガンでさえ、リボルバーの新機種
は難しいのでしょうか?
GP100をどっかで作ってくれれば、いやエジェクターは
たぶんポン付けできないよね!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)かすたむP