2017年03月10日

M500ES

きょうは買い物ネタ、といっても中古で新鮮味は?ですが!
またまた銀色ネタ、
タナカ M500エマージェンシーサバイバル(ES)を。



えーっと、ドールがこのあいだの「トイガンフォトコンテスト2017」
(無事定位置?の特別賞を頂きました)向けに開発したウィッグ仕様
ですが(え、フォトコン情報も含めイラナイ?)、それはともかく(笑)
いつもの行きつけトイガンショップで安価に出ていたコレ、
入手してしまいました!



ウチではM500は既に3+1,8-3/8,6.5(PC)の三種があるのですが、
一番短いコレも、とは思っていたので、この機会に、ということで
(あ、比べるネタは、そのうちにまた)。

8-3/8と6.5PCはモデルガンでしたが、コレはガスガンで、
シリンダー内部に発射メカが入り、ガワ(シリンダーの外側)も
金属のせいで”短くても重い”です。



緊急生存用、というコトで目立つオレンジ色のグリップが
独得です。

賛否は分かれると思いますが、コレはコレで意味も有り、
個人的には”イイ”と思います
(パックマイヤーだったかの”ピンク色”も、わざわざ買いませんが
”あれはあれでアリ”だと思ってマス、はい)。

ただ汚れは非常に目立ち、コレも少し黒づんでいるのが
わかります。

まあ、こまめにアルコールなどで拭けばよいんじゃ、ですが。

グリップ下の固定用ビスが、ランヤードリングになっており、
ホントは回すととれちゃう!ので?ですが、一応紛失防止
なのでしょうか?コレもES独特の装備となっています。



ヨークはディテントボールで保持されるため、エジェクターロッド先端の
ロックは不要ですが、銃身長を詰めるために、シュラウド前が開いたまま!
のコの字(C型)状になっちゃってます。

この端がひっかかりそうな気もしていたのですが、ロッド収納部が少し
テーパー状に抉られている(実際は型成形ですが!)うえに端部は
少し丸められており、紐など余程のモノでない限りひっかからないよう
配慮されています。



マズルからは6mmのインナーも見えますが、それと.500(インチ)の差
の大きいこと!
これは他のM500がマズルブレーキを備えて(インナーが奥まって)いる
せいもあり、余計に目立つトコロです。

バレル刻印は型のようで、最近のレーザー彫りはフレーム横のみ、のようです。



そのレーザー刻印。
USA表記があるので、これは最近の仕様なのでしょうか?
それともESは比較的新しい機種なので、全て現行仕様なの??



サイドプレートの刻印も、ESの文字が入った特有のモノです。
こちらもレーザーではないようですね(え、そんなにレーザー嫌いなの?
って、いやソーイウ訳じゃないんですが、実物でレーザーじゃないなら
やっぱり気になり、個人的には書かれている文句よりもソチラのほうに
目がいってしまいます)。

若干バフだれ気味ですが、ソレまでもリアルに思えるし!



フレームのS&Wロゴも、同じく型のようです。
と、つい刻印中心になっちゃいましたが、
短くてもズッシリ重く、実物だと90度以上マズルジャンプ!する
超ジャジャ馬(とゆーかクマに食われるよりは、ちゅう究極の仕様)!!

M66の2.5インチに似たシルエットのバレルにドカーンと大きいシリンダー、
このアンバランスが”ゲテモノ好き”には堪りません!

いや今回相場より安く、こんな綺麗なヤツに出会えたから入手したので、
順位的には、、、だったのが手にすると評価が変わるという!!
M327もそうですが、こーいうのがタマにないと面白くないですよね
(意見には個人差があります 笑)。


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:20Comments(2)最近のこんなモノ