2010年07月31日

着脱かつフォールディングなストック

きょうは最近のパーツもの、ベレッタM93Rのストックです。



うちのKSC M93Rは、中古で購入したモデルガンで、
買った時には本体以外はカートが付いていただけ
(いや普通本体のみの販売ですけど)、でした。

M93Rにはストックが付き、また2種類くらいが出ていたようなので、
いきつけののショップのジャンクコーナーを機会あるごとに漁っていたら、



まず見つかったのが、樹脂製のストック。
これは装着状態ではフォールディングできませんが、
外してたためばコンパクトです。



そしてその後に発見した金属製ストック。
これも装着方法や折りたたみの支点位置は似ていますが、



装着状態で折りたたみ可能!
マガジン部分が逃がされています。
*どちらもMGC製で、いまKSCが供給しているものは最初の形で
金属製、との事です。

いやー取り外し,折りたたみストックって、楽しいですよね。
M93Rだと特殊機関や、シークレットサービスかも、ですが、
世代的にスパイ(007とかアンタッチャブルとか)ものの影響かも、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 23:48Comments(2)最モノぱーつ編

2010年07月28日

きっとKit プロローグ

えー、暑さ厳しきおり、皆様には毎度バカバカしい企画にお付き合いいただき
(初めての方も過去記事を確認ついでにご参照ください、って宣伝か?)、
有難うございます。 

さて、このところカテゴリーは継続進行中のものが続いており、これらは
まだま~だ?続くのですが、
同時進行で新たな企画を始めたいと思います(この浮気者!)。

今回は、ユーザー組み立てキット、というくくりで、その製作記も交えながら
紹介していけたら、と思っています。

昔、各社がこぞってキット販売していた時期があったのですが、
このところ再びモデルガン,エアーガンキットが各社から発売され、
最近ではかなりキット販売に力を入れた宣伝を行ってきており、
いま、ちょっとしたキットブーム再来、に思えます。

そこで、前回ブームのときにあったキット、そして今発売中のキットなど、
新旧取り混ぜご紹介していくつもりですので、乞うご期待!
すんごく前置きが長くなりました。ということで次週から、「きっとkit」宜しくです。



と、この予告だけだとちょっと、だと思いますので、今回は番外編として、
ときどき問い合わせを頂くウチのコンパニオン、1/6ドール編を付けてみました。

宜しければ、「続き」で。
  続きを読む

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:12Comments(2)きっとkit

2010年07月25日

新味?ラムネ

きょうは飲料ネタで、
お祭りの定番、ラムネのご紹介を。



まずは普通の味のラムネ(左)、これはサンガリアのものです。

中央は大阪 ハタ鉱泉の「ソース風味 たこ焼風ラムネ」、
これは凄い!凄すぎる!!!
上の画像では、中に粒状のソース成分?が浮いているのも
確認できます。
味は、たこ焼きをほおばって、ラムネを飲んだ気分。
そういう意味では、一挙両得ですが、、、、

右は北海道 まるぜんの「スイーツ系ラムネ シュークリーム風味」。
高校生インターンシップ開発商品だそうです。
これは香りがシュークリームのカスタードクリーム、味は普通のような?
最もウケそうな商品ですね。



まだまだ種類はあったのですが、このあたりでご勘弁いただいて、
このところ、トイガンから遠ざかってしまっているので、
来週はGunGunいきたいと(?)思います。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(2)飲み食いするのよ猫だって

2010年07月24日

羽化

ええ、昔、はま もめんこ、と浜木綿子さんを読んだのは私ですよ、、、
(正しくは はま ゆうこさん)

あ、さて、今週たまたまセミの羽化現場に出くわし、ちょっと感動したので、本日はこれを。
(ミリタリーじゃないけど)



一匹目はアブラゼミですね。見つけたときは羽が青白く、
もっと体も白っぽかったように見えましたが、
カメラを引っ張り出してくる間に少し色がついてきたような、、、
でもまだ体が白っぽいですね。



もう一匹は数メートル離れた住宅のサッシにいました。
こちらのほうが数時間早く羽化したのか、色はずっと濃く、もう飛べそうです。
抜け殻が見つからなかったので、脱皮後に殻は外れたのかも。

緑色の翅脈(羽のスジ)、透明の羽根から、こちらはクマゼミですね。



以前クマゼミは和歌山あたりに多く、大阪ではアブラゼミが中心、
クマゼミは出てきても時期的には少し遅かったように思うのですが、
最近では最初からクマゼミで、すっかりアブラゼミを追いやった感があります。

更に子供の頃は、ツクツクボウシやミンミンゼミも生息していたのですが、
都市部の温暖化による、生態系の変化でしょうか?最近(探してみていないけど)
鳴き声も聞かないような感じです。

透明の羽に黒い体のマッチョなクマゼミは見栄えもしますが、
アブラゼミも消えてほしくないところ。
しかしこのように全く同じ日にほとんど同じ場所で脱皮してくるとは!
一気に夏ですね。


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(2)こんなモノ番外編

2010年07月22日

トイガン辞典狭事苑『ひ』

トイガン辞典狭事苑は、偏見と誤解に満ちている?ものの、
悪意はないと言い張る!編集者によって作られています。

きょうはトイガン辞典で、ちょっと数がありますが、一回で「ひ」を
片づけたいと思います。

ひ;
ヒートブルー 熱処理によって金属表面に付く、青~虹色の模様のこと。

PCS(パワーコントロールシステム) ガス流量を調整し、発射エネルギーを可変
                      する装置。タナカのガスガンに搭載された。

PDW パーソナルディフェンスウェポンの略。個々の兵士が護身用に使用する、
     ライフルより小型でSMGより遠射が効く銃のこと。FNが提唱した。
     画像はFNのP90とFiveseveN。



PPC 警察官等の拳銃、それもリボルバーによる実戦を意識した射撃競技。
    プラティカル・ピストル・コースとも、パケットPCとも言われるが?
    IPSCの発展によりPPCのリボルバー主体の競技から、オート主体の
    競技へ主流が移った。

PMC 民間軍事会社の通称。現在民間軍事会社はPMSCsと略することを
    自ら決めた。

PMSCs 民間軍事会社の略称。ブラックウォーター社などが有名。

ピストル 短銃,拳銃のことだが、欧州から広まった名で、欧州では単発の
      古式拳銃からこう呼ぶため、拳銃一般を指すときもあるが、米では
      自動装填式拳銃に限って使う傾向がある。
      男性器。 例)セックスピストルズ
      画像はCz75とジェリコ941.

ピスクラ ピストンクラッシュ。電動ガンなどでピストンが壊れること。

ピースメーカー コルトシングルアクションアーミー(SAA)の通称。

飛距離 弾が飛ぶ距離。



ピープサイト 小さな穴を通してFサイトを見る形のRサイト形式。
       画像はマルシン アンシュッツM1403。




ヒップ・シューティング 腰だめ,アサルトファイア。 突撃などに際し、銃尾を
              腰に付けた状態で射撃する方法。
              拳銃でも目線より下に銃をおいて撃つときにこう
              呼ばれる。
              サイトを使わず、大まかに方向だけを定めて撃つので、
              射手の機動性、速射性は高いが命中率は低い。

ヒット 安打。商品などが流行すること。射撃では命中のこと。 

ピット 銃座。映画「セブン」「オーシャンズ11」などに主演。

BB トヨタの若者向け小型ワゴン車。
   ボールブレッドとも、散弾のサイズからともいわれる。6mmと8mmが一般的。





PPK ワルサーの作る小型拳銃の傑作。同社のPPを更に小型化したもので、
    DA,カートインジケーター,自動安全装置を持つ。
    PPのフレームと組み合わせたPPK/Sもある。
    画像は左がPPK、右がPPK/S。

P  放送禁止用語に対する規制の音。発音は「ピィ~~~ッ!」。
   独の制式拳銃に付けられる型名。P38,P1,P4,P5はワルサー、
   P6はSIG、P7,P9,P10はH&Kが得ている。

BWC トイガン,パーツの輸入販売会社。近年実銃用グリップや、そのレプリカ
     なども販売する。
     画像はS&W M&P40 ミリタリー&ポリス。

平玉 紙火薬で、ロール状の巻き玉に対しシート状のものをこう呼んだ。

ヒール 悪役。靴のかかと。
     弾頭の下部、ケースに入る部分が若干小さくなっており、見た目にケースと
     弾頭の径が同じものをヒール弾と呼ぶ。

ではここでトイガン用語クイズ「ひ」(「ぴ」「び」)です。
平和維持軍などにも付けられている名で調停者の意味があり、コルト社のMkⅤ
リボルバーにも用いられている英語(をカタカナ読みにした日本語)は?  続きを読む

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:12Comments(4)トイガン用語辞典『狭事苑』

2010年07月19日

サーフモードソーダ

きょうは涼しげな夏向け飲料、サントリー サーフモードソーダを。


これは最近よく見かけるようになった、カロリーゼロのサイダーで、
アセスルファムカリウム,スクラロースを甘味料とするあたりは、
アサヒさんの三ツ矢サイダー オールゼロと共通、
味もどれがどっちか?(いや3種類以上出ています)というくらい
似ています。



でも、サーフモードソーダは更に一ひねり、があって、
それはこの色!
ボトルだけでなく、飲料自体にも淡いブルーの着色がされていて、
爽やかさを演出しています。

この色合い、きっと一晩浸けこむと美しいロイヤルブルーの肌になること間違いなし!
(ってガンブルーかよ!)といった抑えたカンジが良し、です。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)飲み食いするのよ猫だって

2010年07月17日

とうとうウチにも変革が!

きょうは、とうとう出ました(ガシャポンで)!
今野産業のガンコレエボリューション!!!
HK416タイプを。


200円のガシャポンですが、究極進化?電動フルオートのエアガンです。
サイトもHK得意のドラム型ピープサイトが再現され、
うぃー~~~ん、と、とってもゆっくりですが単4電池一本で動きます。



ストックのネジを外すと電池の交換も可能です。
中身がどうなっているのか、興味はあるのですが、
ばらしたら元に戻らなくなる可能性大なので、
もう一個入手できることがあったら分解しませう。

  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:12Comments(4)こんなモノちーぷ編

2010年07月14日

トイガン辞典狭事苑『ふ』その3

きょうはトイガン辞典、「ふ」完結編です。

ふ;(その3)
フラッシュハイダー 消炎器。銃口に付け、発射時の炎を低減する。
              画像はM14のもの。

ブローバック(略;BLK) 発射ガスの力で、カートリッジ,銃尾を後退させ作動
               させる形式(ブロー+バックで吹き戻し式とも訳される)。
               ここから、発射に伴ってボルト,スライドが前後動し、
               排莢,装填を行うシステム全般を指すようになった。
               そのため、電動ブローバックという語も生まれている。

フロンガス HFC134aと152aがガスガンの動力源として使われる。





フロントサイト(Fサイト) アイアンサイトのうち、前方(銃口側)の照準器。
              画像は、左からパイソンのレッドランプ、PPスポーツの
              パートリッジ(以上分解状態)、トーラスPT24/7。



フロンティア SAAの5.5インチバレル。現在ではアーティラリーと呼ぶ。
        東京赤羽のトイガン,装備,用品ショップ。

プラッツ 模型販売店,メーカー。海外製品の輸入のほか、自社ブランド製品も
      作る。

フランジブル弾 粉状の金属を固めるなどし、着弾すると、容易に砕ける
          ようにした弾頭。航空機内など、跳弾や貫通弾による
          被害を避けたい状況で使われる。

フルート 溝。軽量化の溝がフルートと呼ばれることが多い。
      金属で出来ているが、音の発生機構から木管楽器である。
      画像はスーパーレッドホークで、左がノンフルート、右が
      フルーテッドのシリンダー。


フレーム 構造,枠(frame)。炎はflame。
      画像はS&W社のリボルバーで、X,N,L,K,Jの各フレームの
      モデル。



ファブリック・ナショナル(FN) ベルギーの銃器メーカー。ブローニングの
     設計した銃器を作り有名になった。現在ではマシンガンも作る
     総合銃器メーカー。



Five-seveN FNの提唱する5.7mmのPDW用カートリッジを使う拳銃。





FAMAS 仏の制式アサルトライフル。プルバップで、アイアンサイトを
      持つのが基本形。




VP70 独H&Kの拳銃で、ポリマーオートの始祖とも言われる。
    着想の原点はWWⅡ期のフォルクスピストル構想とも。
    DAオンリーでストック使用により3連バーストが可能。深いライフリングで
    発射ガスを逃がし、シンプルな構造を実現した。



文鎮  金属製無可動一体型の模型銃。レジンキットは重量からか、金属でない
     からか、文鎮とは呼ばない。



それではトイガン用語クイズ「ふ」(「ぷ」「ぶ」)第三問
19世紀後半から20世紀初めまで、コルトやFNなど複数のメーカーで拳銃から
マシンガンまで数多くの名作を生んだ天才銃器設計者の名前は?


  続きを読む

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(4)トイガン用語辞典『狭事苑』

2010年07月11日

東方缶々娘 橙缶

きょうは飲料ネタで、
東方缶々娘制作委員会の第3弾、橙(チェン)缶を。



これは、以前から一つずつ紹介している東方プロジェクトのジュースで、
今回は果汁30%入りのオレンジジュースです。



今回の缶のセリフは「ちぇーんっ!」
このキャラクター、橙さんは尻尾が2本ある黒猫の化け猫に憑く式神、だそうです。

あ、味はさっぱり系の「◎っちゃん」のような至ってまっとうなもので、
おいしくいただくことができました。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)飲み食いするのよ猫だって

2010年07月10日

ガンコレEvolution?

きょうは、遅まきながら?今野産業のガンコレ新シリーズを。
(でも、目玉のアレが、、、)



先んじて、全国ガチャ銃収集組合?の先輩So-sui様が、
「更紗眼鏡で狙え!」 でご紹介されていますが、
ウチでは本命の電動に未だ巡り合えず、「銀塊」(当ブログのカテゴリの一つです)状態が!




出てきたのは、
AK47”タイプ”,G3A3”タイプ”,GLOCK17”タイプ”(あくまでタイプ、ということです、ハイ)です。
うーん、確かに豪華なメッキですが、次回はもっと電動のバリエーションが入るのでしょうか?
、、、何か「か」「が」ばっかりでですね、今回。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 22:10Comments(2)こんなモノちーぷ編

2010年07月07日

トイガン辞典狭事苑『ふ』その2

きょうはトイガン辞典で、「ふ」の2回目を。

ふ;(その2)
ブラックタロン ホローポイント弾頭付きカートリッジの名。残虐なイメージから
         名前をレンジャーSXTに変えた。ジャケットの先端に切り込み部があり、
         着弾すると先端が爪のように開く。

ブラックホーク 米軍の使用するヘリ。またはスタームルガー社のシングル
         アクションリボルバー。
         画像はコクサイのスタームルガー、スーパーブラックホーク(上2つ)と
         357ブラックホーク(下)。   


フラッシュライト 堅牢な構造を持つ光量の大きなライト。銃に取り付けられる
          ものもある。




ブラスター 砂などを吹きつける(サンドブラスト)道具。火炎放射器。
       またはSFで登場する銃。SFの場合、弾は実弾ではなく、熱線
       とされるものが多いが、架空銃自体をブラスターと呼ぶ場合もある。
       画像はHWSのM2019.

ブランク 空きのこと。ここから空砲を指す。訓練用のほか、映画などで使われる
      ものがある。 

プリンキング 本格的な競技や、狩猟などの目的ではなく、単に銃を撃って
        楽しむ行為。
        画像はグリコのBigプッチンプリンとサークルKサンクスの”どでかプリン”。

プレシュート ブローバックする前にBB弾を発射するシステム。現在の主流。
        逆はもちろんアフターシュート。

ブレンテン Cz75を参考に、米で10mmオート弾仕様で作られた拳銃。
       生産が不調に終わり、少数が作られたに止まる。

プレス 機械加工の方法で、大きな力を加えて型による打ち抜き,曲げ成形加工を
     行う。

ブルパップ 機関部を銃床部に内蔵したレイアウトをとり、全長を短縮する、主に
        小銃の形態。
        ステアーAUG,FAMAS,L85A1の他、PDW用途のFN P90や、
        ショットガンでモスバーグ/マーベリック M88などもある。


フルタ 食玩でミニチュアの銃も売る菓子メーカー。
     画像は「銃コレクション 世界のサブマシンガン」とメタルガンマニアのXM177。

ブローチ 穴加工に使用する工具。ライフリングを切るものもある。
      または胸飾り。棟飾りは鴟尾,鬼瓦。

プローン 伏せ撃ち姿勢。





トイガン用語クイズ「ふ」(「ぷ」「ぶ」)第二問。
重量で安定性を増し、振動数低下と振幅減少で集弾性を上げることを
目的とした分厚く太い銃身の呼び名は?
(画像はコクサイ サターンのウエイトを外した状態)  続きを読む

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:07Comments(4)トイガン用語辞典『狭事苑』

2010年07月04日

M14

きょうはやっとこ別ブログを更新したので、ここでも一枚。


マルイのM14を実は入手していて(辞典ネタでは登場しましたが)、
記事にしています。

コレ(1/6で無くてマルイ)、ここでも紹介しないと!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:29Comments(2)番組からのお知らせ?

2010年07月03日

ウィルソンLE

きょうは、最近になってウチにやってきたMGCの固定ガスガン、
ウィルソンLEを。


これはいきつけのショップで捨て値でジャンクパーツコーナーに転がっており、
「スペアマガジン ガス漏れ」
「古い製品です。修理などは出来ません。」
とネガティブなセリフが並んだシールが袋に貼られていました。

ワタクシもコレを使おう、コレクションしようなどという意図は無く、
目的はコレ


ボーマーサイトです。
サイトだけをメーカーに頼んで入手するより安価だったので(笑)。

しかし、メッキのボディは意外に程度も良く、撃ってみたらちゃんと動きます。
(予備マガジンはガス漏れらしいですが)



WAのS70と。
実は固定サイトのモデルや、リボルバーに載せようと思って入手したのですが、
手元に部品の足りないモデルが転がっているのって、
何か精神衛生上良くないですよね。

でもバラしてみたらほとんど独自部品で内部形状が違う、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:57Comments(2)最近のこんなモノ