2008年06月30日

M945

今日はS&WのM945を。

前回言いましたが、これらはスフェリカル、樽型で自由に回転できるブッシング付きです。
コンパクトとフルサイズ、どちらもシルバーモデル、スケイルドセレーションのもの。
これらもお気に入りで、M945コンパクトのノバック風サイトは削り直して再ブルーしています。
外観も美しいのですが、特筆すべきはトリガー・フィーリングで、軽く,ストロークも短く、カッチリしていてカスタム品のよう。
この辺のパーツは焼結で、メーカーによると実物と同じ素材とか。
トリガーは確かにステンレスっぱい感じです。
バリエーションも多く、最近またポート付きのカスタムが発表されていますね。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)

2008年06月29日

マズルブッシング

このところコルトの紹介が多かったので、今日はS&Wのオートを少し。

MGCのモデルガン、M59(左)とタナカのオリジナル形式ブローバック M4505です。
M4505は、中古で入手後、ガスを入れて初めて作動させた途端、マズルブッシングが
吹っ飛ぶ、という中々豪快なアクション?が味わえたモノ(汗)。
でも、今や希少な絶版機種、大切なコレクションです。
ブッシングといえば、S&WではスフェリカルのM945がありますね。これはまた次回に。
あ、昨日の収拾(収集)も、そのひとつ飛んで前の市街戦(紫外線)も、駄洒落です。はい。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)

2008年06月28日

収拾

別ブログもやっているのですが、そちらは今週休んでしまいました。

収拾がつかない、の図(こんなの撮っているなら、時間はあった?)。
ミリブロの方は、こうやってUPしてしまいます。
トップページに写真も載るし、ランキングもあるし、同好の士からのコメントも多いし。
ここ、楽しいですよね(なら、ここだけにすればいいのか?)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:04Comments(0)

2008年06月27日

コルト3兄弟

今日はこのところ良くここに登場しているコルト・オート達を。

左から、M1911A1(マルイ),32オート(MGC),380ガバメント(タナカ)です。
M1911A1はサンドブラスト、32オートはHW樹脂、380は何だかわかりません(苦笑)。
でも、3丁の表面は似ています。
鼠先輩ならぬ、ネズミ3兄弟のようです(全く褒めてない?)。
光沢仕上げも好きなのですが、今やABSそのままは、逆にお目にかかれなくなりました。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:03Comments(0)

2008年06月25日

市街戦、制覇?

少し前にH&K P7の写真を「ビールの広告」と紹介しましたが、
今回のものも、まるで化粧品の夏のキャンペーン写真、といった感じ。

別ブログのハイパワー記事トップカット、これでいってしまいました。
撮った本人は全く無意識で、公開後 他人に指摘されるまで化粧品のCM風だとは考えていませんでした。
マインド・コントロールではないのですが、普段なんとなく見ているものが脳内に刷り込まれており、
水着といえばこのような表現という、安易で単純なアタマが図らずも露呈しているような。
案外「なんとなく」ではなくて、買い物中、用事の無いはずのコーナーの写真を、実は穴が開くほど見ていたのか?
ちなみにブローニング・ハイパワーは紫外線対策には向かないかなと。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:27Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月23日

コルト45診断

昨日に引き続きコルトなのですが、さて問題です。
「コルト45」と言われて、連想するのは下のうちどっち?

まず、左を選んだ方、たぶん赤い猫世代です(っていくつやねん!)。

右を選んだ方も安心できません。
これを見て、「あ、ノーマルだな~、マルイもいいけど○○(ここはWAでもKSCでもマルシンでもマルゼンでも、
いや六研でも発売予定のタニオ・コバでも)もいいよね~、あと、こことここは変えたいよね~」と思ったでしょう?
要注意です。あなたは赤い猫と同じ蒐集病の疑いがあります。
あなたには、昨日の私の失敗(HWスライドの散財)事例が処方箋になるはずなので、ここの過去記事も
クリックして下さい(ってワンクリック詐欺みたいですね)。

正解? 左;シングルアクションアーミー(ハドソン) 45ロングコルト 右;M1911A1(マルイ)45ACP
比較用に撮った写真があったので遊んでみました。  
タグ :コルト45

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:08Comments(2)

2008年06月22日

Rタイプ

いきつけのショップのジャンクパーツコーナーに、ガバ用HWスライドが転がって?いました。
1/6スケールの食玩以下の激安価格です(大阪人はこれに弱い)。
思わず2つ買ってしまいました。
シリーズ70とシリーズ80のフロントがドブテイル加工のものです。
カスタムベースにもなるし、単に着せ替えだけでも楽しいはず。
さっそくシリーズ70は手持ちのRタイプシリーズ80のと交換し、さて、もうひとつは、

手持ちではFBIトライアルくらいしかありません。
更に、以前入手したナショナルマッチスライドも余っています。
そして、換装したHWスライドは笑う位動きが遅い!
スピード半分、という感じです。
どこかで新型エンジンを搭載する、という企画をやっていたようですが、
それならベースごとどこかで入手したほうが簡単だし、少し前までマグナテックなどが
バーゲン対象になっていたし、ということでタンスのこやしになりそうです。あーあ。


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 11:00Comments(0)かすたむP

2008年06月21日

グリップ

今日はコルトパイソンを。

パイソンは以前別ブログで取り上げているのですが、少しお付き合いを。
このパイソン、本体はタナカで、ペガサス方式のガスガンです。
問題はグリップ。実はこれ、コクサイのモデルガン用です。
固定ピンの位置や、バックストラップのアールが微妙に合わないのですが、あちこち削ってつけています。
もともと2.5インチについていたもので、その後パックマイヤーやアルタモントを入手した為に余ったものですが、
このグリップ、捨てがたい形なので無理してつけてみました。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)かすたむP

2008年06月20日

UZI

今日はマルシンのモデルガンとドラゴン?のUZIを。

別ブログでも紹介しています。よろしく。  
タグ :UZIウージー

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:39Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月18日

H&K P7

今日はMGCのガスブロ-バックガン、H&KのP7を。
ビールの広告写真のようなので、お蔵入りになっていたカットですが。

P7は以前別ブログで取り上げ(別ブログ)、そしてシューマッハカスタムまで(別ブログ)やっています。
これ以外にも、VP70,USP,Mk23,G3にMP5から69A1グレネードランチャーまで、自分でも感心するくらいにH&K製品(カテゴリ有り)の紹介が目白押し。
もちろん、独自性があって面白いし、数多くバリエーションもモデルアップされている、というのもあるのですが、やっぱりここのデザイン、惹かれます。



  
タグ :HKP7

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:30Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月17日

だいじょうぶ?

トイガン表面の埃取りに悩んでいる、と書いたところ、虚空弾道様から、PC用の掃除ブラシが
有効であると伺いました。
そして家族に、PC用の掃除ブラシ、と所望してみたら出てきたのがこれ。

ウーン、これで大丈夫なのか。
ちなみに一緒に撮ったのは、タナカのコルト380ガバメント。

これは現在販売されているマグナブローバックではなく、チャンバーが開かない独自形式のもの。
ガスタンクが本体グリップ部に固定されており、マガジンが、笑うほど細い(コッキングガンのよう)。
でも現在も快調に動いているので、新型に乗り換えなくても、と思ったらスライドストップが効かない!
写真は手動でスライドストップを上げています。ウーン、これで大丈夫?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:50Comments(0)

2008年06月17日

テーパー

セキュリティシックスM717ですが、入手するまで知らなかったことが色々あります。
フレーム上部が肉厚,リコイル・プレートもSAAのような半球型(に抉り)なので、さぞかしゴツいかと思うと、
意外にコンパクトだったこと、そして、何故かエジェクターロッドシュラウドが末広がりのテーパーに
なっていること。

ウエイト効果(そんなに変わらない)?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 00:49Comments(0)

2008年06月16日

スターム・ルガー

前回スターム・ルガーの大型リボルバーを紹介しましたが、357マグナムも忘れてはいけません。
ということ?で今回はWAの懐かしのセキュリティシックス,スピードシックスを。

どこかで、後継モデルのGP100とか、作ってくれないでしょうか。
最近は人気アニメで使用、コラボ企画で、という事も多いので、誰か使ってくれるといいのかも。
このうち、スピードシックスと6インチは、たまたま寄ったリサイクルショップで偶然見つけたもので、
当然価格も激安。
定価を覚えていませんが、それより安かった(たぶん半額くらい)と思います。
そんな美味しい思いをしたので、機会があればリサイクルショップを覗いてみるのですが、
最近は全く掘り出し物には巡り合えません。




  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 00:07Comments(2)

2008年06月15日

ノンフルート

今日はスターム・ルガーのリボルバーの紹介です。
タナカのスーパーレッドホーク454カスール(左)と、マルシンのスーパーブラックホーク。

どちらもノンフルートシリンダーです。
この前に紹介した、M29Cに付けていたシリンダーと同じですが、皆揃って力強いイメージ。
スーパーブラックホークのミニチュアは、レミントンニューアーミーと同じシリーズのものが
あるのですが、若干小さめ。
1/6サイズを製作しかけていたので、これを再開し、そのうち別ブログに登場させようと
画策中ですが、いつになるやら。



  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:22Comments(0)

2008年06月14日

フラットサイド

お気に入りに入れさせて頂いた、辺境ホビーライフで、M36PC のフラットサイドが紹介されています。
それではここでも、と言う訳で、コクサイのM29デベルです。
M29つながりで、M29Cにノンフルートシリンダーをつけたものと。

バレルにはアンダーラグ(ウエイト?)が付けられていますが、今回は軽快に見えるよう外してみました。
パフォーマンスセンターのカスタム、フラットサイドバレルの前身(参考元)は、このようなスラブバレルの
カスタムだったのではないかと思います。
フラットサイド化以外にも、ウエイトと一緒に加工されたボールポイントによる削りも、共通性があるようです。
それまでのフラットバレルというと、ウッズマンマッチターゲットを思い出しますが、あれはシリンダーの
フルートと同じ円盤型?の工具による削りのようですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 23:28Comments(2)

2008年06月14日

モーゼルM712

モーゼルM712(1/1はマルシン モデルガン 1/6はタカラ?)です。

このカットはまだ良いのですが、リアルサイズのトイガンをアップで撮ると、ものすごくホコリが目立ちます。
布で拭いても(当然繊維がある)、ハケで払っても、帯電して吸着するのか、なかなか取れません。
油を引いたら、台紙にシミが出来るし。
別ブログ)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 09:59Comments(2)

2008年06月10日

CA870

マルゼン CA870 ソウドオフです。

マルゼンの他モデル用ピストルグリップ,G&P製ショートマガジンで西部警察(古過ぎ!しかもアレはMGCのM31)仕様です。
1/6はレミントンM870のピストルグリップ付きです。

別ブログ記事あり
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:25Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月08日

トーラスPT24/7

今日は別ブログとは関係なしに、新しく仕入れた台湾KWCのコッキングエアガン、
TAURUS PT24/7をちょこっと紹介。
左がトーラスPT24/7、中央はPT111(韓国アカデミー)、右はS&WのM&P(KWC)
今回の(初回限定)PT24/7は予備マガジンと、この立派なプラケースがついています。

PT24/7は前作M&Pより進化し、チャンバーは別体で、テイクダウンレバーを回して抜く
(スライドストップ時)と、実銃のようにスライド,バレルがフレームから分離できます。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:40Comments(0)

2008年06月08日

1/6ソーコム

今日もMark23(但し1/6だけ)です。

別ブログでは、トリミングした構図になっていますが、ここではレイアウトの自由度を
活かして縦長で。
しかしこれでは、ちょっと写真の意図がボケてしまっている?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 09:25Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月06日

Mk23

今日は、H&KのMk23(KSCのガスブローバックガン)。

1/6にはウィルコックスの、後ろの1/1ではITIのレーザーエイミングモジュール(のガレージキット)。
サイレンサーもKSCのものです。
細かいところは、別ブログで。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:12Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月04日

キットガン

今日は1/6はお休みして、今月発売のGun誌にS&W M34 キットガンが出ていたので、対抗して?自作カスタムを。
左がカスタム、右はノーマルのM36です。

ベースはタナカのガスガンで、M36 パフォーマンスセンター3インチにKサイトを付け、バレルのウエイトも
少し削り込みました。
M36の3インチは好きなGunで、タナカ,マルシン,HWSとCMCのものが集まっています。

あとコクサイのがあれば、、、
ちなみに2インチは短くてもテーパードバレルですが、3インチは両方モデルアップされていて、
タナカとマルシンはテーパード、CMCとHWSはヘビーバレル(型は流用、但し両者のマズルは違う)です。
コクサイも確かヘビーバレル,ワイドリブだったような。
実物はたぶんスクエアバットなのでしょうが、両方のバレルがあったのでしょうか?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:17Comments(2)かすたむP

2008年06月02日

モデルガン

もう再生産は無いかとも噂されていたタナカ グロックG17,G18のモデルガンが登場しましたね。
今年はタナカさん、モデルガンに力を入れるとアナウンスしていますし、
マルシンさんもエンフィールド,FN M1910,コルト 25ポケットに続いてS&W M39シリーズも再生産されるようです。
モデルガン好きには嬉しい事なのですが、反面、完全新規の作品が無いような。
少し複雑な気持ちです。

別ブログ(グロックG17モデルガン)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:32Comments(0)番組からのお知らせ?

2008年06月01日

ニューモデルアーミー?

今日もレミントン M1863ニューアーミー(1/6だけですけど)。

昔から、これはミューアーミーと呼んでいたのですが、ニューモデルアーミーとHWSさんのパッケージに書かれています。
これが正解?どっちでもいいの?
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 09:15Comments(0)