2017年06月04日

ひこうきみてきた

皆様こんばんは。
今日はちょっと趣向を変えて、
彦根眺城フェス ブルーインパルス展示飛行観覧記を。



えーと、イキナリですが、友人の誘いで彦根築城410年祭の
イベントに本日行ってまいりました!



天気は快晴で、「もう夏かっ!」と思う日差しも厳しかった!
ですが、大盛況で帰りは電車のホームに降りるのにも
入場制限がかかるほど!!

本日のイベントは曲芸?飛行だけでなく、自衛隊音楽隊と
地元高校生による演奏会、彦根の名物となる丼を決める
”井伊椀グランプリ”など、盛りだくさんの内容で、老若男女
幅広い層のお客さんが押し掛けていました。

彦根城(上の画像)のグランド?では、自衛隊の車両も
展示されていました。



軽装甲機動車の装備は取り外されてましたが、
5.56mm機関銃、ということはMINIMIでしょうか?



更に大きなヤツ(、、、詳しくない)も。
コイツも機関銃が付きそうですね。



そして最近トミーテックから1/12モデルが発売になった
KLX250も展示されてました。

というカンジ(実際は航空ショーの後見て回ったのですが)の
会場では、お笑い芸人さんも登場、FMラジオの実況放送も
行われ、たいへんなにぎわいの中、本日のメーンイベント
航空ショーは西(琵琶湖方向)から始まりました!
(以下画像のみで一気に)










今回は電車移動で重い装備はキツいため、
24-105mmと200-400mm、そして135mmの単焦点、
そして小さな三脚(カメラはAPS-C)を持っていたのですが、
大空に描いたハートなどの模様は広角でも入りきらず、
更に真上を飛行機が通過するため、途中で望遠一本!
手撮り(三脚無し)の方針に切り替えてなんとか画面に
納められました(煙にはピントが合っているので機体を
追い切れてない!のではありますが)。

できたら超広角ともっと倍率が高く、しっかりした望遠
(カメラは2台体制)があれば、、、とか、また物欲が
出てきますが、でも初の”動きモノ”望遠撮影、なかなかの
スポーツでした!!

うーん、カメラ上にダットサイトでも付けようかな?!

いやー人は多くて移動は疲れましたが、行って良かった!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:30Comments(0)デブ症?なのに見てある記

2017年05月27日

きょうはショットショー!

皆さんこんばんは!
きょう、明日大阪ではショットショー(2017春)が
開かれています。
いつものように、軽ーくレポ,いや買い物日記を。



えーっと、今回は前より5分くらいは早く着いたのですが、、、
前回以上の大行列!!
隣の建物なんか通り越して!エライ入場待ちになりました。

とあるブログによるとショットショー限定モノの転売屋までいる!
そうなので、来場者は増える一方、なのカモ。

しかしミナミではパチンコ屋の開店待ちや、
ナニかわからないですが他でも結構朝から行列が見られました。
誰だ大阪人は並んでまでモノを買わん!とかいってたのは!?



あ、それで買い物なんですが、、、
今回、特に掘り出し物、というようなモノは見つからず、
ちょうど新品で購入を迷っていたタナカ パイソンの4インチ
ニッケルを新品同様で安くしてくれるというのをゲット!
(結局買ってんじゃん!!)



それだけでは物欲は納まらず(いや、時間があったので)、
日本橋の行きつけのお店に移動してコレマタ購入思案中だった
モーゼル用ストックを買っちゃいました。

ショットショーの方に戻ると、マルイさんの”ニパ子コラボ”発表や、
HWSのメタルカートリッジコンバーションモデルなどの発売予定品も
展示され、無可動実銃では旧日本軍ライフルがズラッと並び、
小物ではAK74用銃剣(昨日話題にした6kh4)が売られていたり、と
見るだけでも下手な博物館並み!?の素晴らしい品々が並び、
来場者では井伊大老暗殺に使われたのでは?とされる古式銃まで
持っている某コレクターさんも見に来られていました。

売り子さんも女子の方が順調に増えている?カンジで、更にコスプレ
写真集を売るメイドさんまで!登場するこのカオス感!!

開場直後ということもあり、満員電車の乗降時のような混雑ぶりは、
今回また一層拍車がかかっているような、でした。

明日もショットショーは開催されますので、大阪近郊の方はもちろん、
ちょっと遠方の方もぜひ一度!!

(あ、今回入場券は昼食時うっかり間違って捨ててしまった!
ので会場案内でトップカットをやっちゃいました。)  

2016年12月03日

2016ショットショー冬の部と日本橋ショップ

まいど!
きょうは恒例?ショットショーとそのご近所
日本橋での買い物日記を。



えーっと、今回もいつものように開場少し前に、
ではなく今回従来より30分くらい前に着いちゃった!のですが、
シカシ既に建物より長い行列が!!
いったい皆さん何時から並んでるでしょうね?

ともかく、今回会場で入手したものはHWSリメイク(元ハドソン)
のハイスタ デリンジャー。



ハドソンのは黒も銀も持ってるんですが、HWSはHWになってるし、
このところまたHWSづいてる?ので。

予備のカートも付いており、未使用のカートが
4発!とナカナカお得!!

今回イロイロなトコロが出展してたのですが、他には
(予算オーバーとかで)めぼしいモノがみつからず、
並んだ時間の1/4くらいで退出!!

とっとと日本橋に向かい、ショットショーにも出店していた
トコロを覗いてみたところ、下のようなモノを見つけてしまい、、、



S&Tのガスガン、モシン・ナガンです。
エアコッキングはKTWのコピーっぽかったので
敬遠、またガス式でも海外メーカーなので、、、と避けていたんですが、
今回、Cランク(傷アリ箱ナシ)ということで
非常にお求めやすい価格になっていたのでつい。



ガスはボルトに注入するのですが、
ボルトストロークはこのように非常に短くなっちゃってます。

これはトイガンとしては素早いリロードが可能になる、
とも言えますが、どうせ電動のフルオートに敵う訳ないし、
雰囲気重視でフルストロークにして欲しかったところですね。

また、ストックを止めるバンドやそのストッパは
”一応機能する”程度で、全般に加工は”中華クオリティ”です
(だからフツーの価格では手を出さなかった、という側面も)。

しかし、逆に機関部を含め金属部品が多用されているし、
このところボルトアクションライフルのコレクションも増えてるし、
KTWのオネダンでは手が出なかったし、、、
(いや素直にウレシイの一言が言えんのか!)

と、♪ああああ~あ~ 大阪~は~ 今日も~ ダメだったぁ~♪
(つーかオマエが物欲に負けたんだろうが!!)

あ、ショットショーは今回も売り子さんに女子が増えており、
ミリブロガー乙夜さんもワタクシが帰る頃から、ですが登場、
マルイも試射コーナーを設け、HWSはナガンリボルバーの
試作を展示、とニギヤカでした。

皆様も、都合がつけば是非一度。  

2016年05月28日

2016ショットショージャパン春の部と某ジャンク市

きょうは毎年恒例?のショットショージャパン、
に加えて日本橋ジャンク市買い物日記を。



さて、毎年2回大阪難波で開かれているショットショー、
今年も前売り券を買って開場10分ほど前から行列
(って、前売りの意味無くね?)、いつものように獲物を
買い漁り、新製品情報などをゲットしてきました。



まずはタナカ 九九式スポーター。
イキナリまた大物です!
エーット、今年は四四式もゲットしていたのですが、
もともとスポーターライフル好き、Kar98スポーターも
二式スポーターも持ってる身としては(もうええやろ!
とも思えますが!?)外せない!
しかもカートなど付属品無し、そしてアル事情(詳しくは
後日またココで)によりハードケース付きで前回の
四四式の約半値近い!!価格に負けました
(ここまで一気に長い文章が、この驚きを表してマス)。



お次はS&W Kフレ(コクサイ)用の木製グリップ。

これは安価だったのと、美しい木目なので、、、



しかし内部はけっこう削ってマス!
しかも売主の話しによれば、まだもう一息
調整が要るとか!

まあ、この取り付けも含めてまたココで
詳しくはやります(じつは某BBSでチラ見せした
グリップもあるんですが、、、)。

とまあ、ショットショーでの買い物はこれくらい
(って、結構大物、しかも、かさばる長物!)にして、
近くの日本橋で同日11時から開催の某G店ジャンク市に
移動、そこでもいくつかゲットしました。



まずは、全く同じ物を持ってるにもかかわらず、
余りの安さについ手を出してしまったタナカのガスブロ
P226(初期型)。

コレ、ガス漏れでジャンク、との事でしたが、ガスを入れてもらっても
漏れは確認できず、作動もちゃんとしてる、、、

外観こそかなりクタビレタ印象ですが、再塗装して遊ぶなら
固定ガス並みの値段だし!

更に、現在お気に入りの「小心者モデラーのつぶやき」で
P226 X-fiveをカスタムされているので、そのうち
(気が向いたら)ウチでもカスタムするならそのベースに、
と思って。



最後はこれぞ大化けジャンク!!
MGC パイソンPPCカスタムです。

コレ、どこかの(、、、忘れた)ショップがカスタムしたものらしいですが、
トリガーが戻らなくなっており、ジャンク(Cランク)で安価だったものです。

まあ、メカが直らなくても、パイソンにこのフレーム(バレル,リブ)
を移植できれば、とゲットしちゃいました。

そして、帰宅後撮影前に一度バラしてみたところ、トリガーバー?
(トリガーとシリンダーハンドを押し、ボルトを下げるパーツ)が
外れていた!

トリガーバー,ハンドを少し曲げ直し、外れないように調整したら
あっさり直りました!!

MGCのメカは実銃に比べて大きくアレンジされており、それは(実銃では)
リバウンドレバーが横方向に弾性変形(バネ作用)してボルトを逃がす
ところが微妙かつ模型の剛性では難しい、という事から、だと思うのですが、
MGC方式では逆にフレーム,サイドプレートと上のパーツなどが
変形して横方向に動き、外れちゃうんですね。

プレスで曲げた板(シリンダーハンド)の”ひっかかり”で動く、というトコロに
無理があるのカモ。
できたら完全に折り返して、そこにトリガーバーを乗っけると良かったのかも。

まあウチの他の個体はあんまり作動させないせいか、現象出てないですし、
でたら曲げ直せば(組み立ても難しいですが)。

あ、このPPCカスタム、グリップの仕上げもちょっと、、、ですが、
これは塗り直せば(ウチでは偽木目塗装技術はある程度確立してるし)
良いと思います。

ともかく珍しいし、コクサイのPPCカスタムとも比べられるし、
ドラマネタにも使えるカモ。

ということで、今日は2ヶ所で2点づつ、なかなか良い買い物ができました。

あ、ショットショーでは今回も女性の売り子さん、来訪者の方が
増えているようで、人も多いのですがナカナカ華やかな雰囲気に
なってきてます。

ミリドル乙夜さんなんか、大きく胸が開いたせくしーな衣装で
パラコードを編んでいたような?です!

また、HWSは発売直前!のHScの量産試作?だけでなく、
ナガンリボルバーの試作も展示されていました
(電動ガンについては全く専門外なので、、、)。

皆様も宜しければひとつ(明日もやっているようです)覗いてみて下さい。  

2016年04月24日

日本橋のトイガンショップ

きょうも買い物ネタ、ですが、今回は新たな?仕入れ先、
日本橋に新しく出来たお店から、です。



日本橋といっても大阪、最近では”オタクの聖地”でもある
トコロに、少し前からフィギュア屋さんがトイガン中古を
扱い始め、すっかり”行きつけ”になっていました。

ソコが、とうとうトイガン販売部門を独立店舗とし、4月初めに
開店(宣伝ではないので、敢えて”G”店とします)しました。

開店当日は、ジャンク等の大バーゲンセールをやる、
とのことでしたので、開店を待って乱入、確保してきたのが
コレら、です。



チヨダのウィルディ・スーパーマグナム。
これはガスガン版ですね。



バレルも短い方ですが、メッキも良好なものが手に入りました。



あとはコクサイのM66です。
こちらは発火済みで箱など一切無し、ですが、旧型には
オーバーサイズのグリップが装着されており、この機会に
、と入手してしまいました。

実は他にもジャンクパーツを入手したのですが、ソレは
今のところ利用,復旧の目途が立ってない!ので省略(笑)!!

この新店舗、まあ以前のトイガンコーナーが移動しただけなのですが、
徐々に装備とか、新品のトイガンなど商品を拡充していくのでしょうか?

元の店舗では、アクションドールなどがコーナーを移動
してきており、新店舗は以前某漫画家さんのキャラクター
専門店だったので、まあ配置転換?!なのですが、
いま日本橋はトイガン,サバゲ用品(ミリ装備)店が
増えてきているような、で、ここも今後が楽しみです。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:40Comments(6)デブ症?なのに見てある記

2015年12月05日

2015ショットショージャパン 冬の部

きょうはショットショー開幕!ということで、
恒例の買い物日記を。



えーっと、今回は入場券を忘れかけたり、渋滞があったり、
また体調が、、、とマズい状況が重なり、残念ながら?
なぜかいつもと同じく10分ほど前に行列参加(って結局
一緒やったんかい!)、開場を迎えました。

さて、今回も歳末の商店街のような大混雑の中、
ゲットしてきたものを。



まず、ダミーカートです。
これは303ブリティッシュ。未入手なのでこの機会に。



次は木製グリップ。
これはMGC(CAWも同じ?)のローマン用、とのことです。
MGCのMkⅢは共通フレームなので、ローマン2,4インチ
だけでなくトルーパーにも使えるカモ。

左側はきれいな杢もでており、ナカナカ満足度高いです。



次はP08用のショルダーストック。
CAWではないか、と店員さんとも話していたのですが、
どうやらMGCのオプションパーツだったようです。

錆や傷などはありますが、まあショルダーストック
収集計画の一環、ということで
(そのうち、MGCやタナカとの適合性を検証予定、です)。



ラストはタナカのモデルガン、M360Jサクラです。



これは最近改良HW版の発売がアナウンスされ、
個人的にもそれを待っていたのですが、、、

今回安価に出物があったので、まあこれで、と
(HWの新品予算との差額を、今回の他の買い物に充てた、
とも)。

キーロック、装填用プラ棒、そして38スペシャルだけでなく、
357マグナムの銅メッキ?弾頭付き発火カートが付属!
これは初回特典だったようですね。

あ、会場には、乙夜さん、みさみささんを始め女性の販売員?
の方々がけっこう増えており、会場に華やかさを添えてました。

ショットショーは明日も開催され、午後には日本橋の
ジャングルでもジャンク販売が行われる(チラシが
入場時もらえるパンフに入ってました)そうなので、
都合のつく方は、是非。  

2015年08月07日

栄えあるカヌレの選び方?なにわ編

きょうは、全く趣向を変えて?フランスのお菓子カヌレのご紹介を。



えーと、カヌレはいっときブームを巻き起こし、ワタクシも以前は良く食べていたのですが、
ブームの反動か、最近めっきり扱うお店も減り、寂しく思っておりました。



しかし!最近アニメで取り上げられたせいか、それとも以前のカヌレブームを
知らない世代が目新しく感じるようになったのか??
再び注目を浴びているような、ですね。

別ブログLINK先の「マッタリ 子連れ狼が撃つ!」では、関東の有名店を巡り、
それぞれのカヌレ食べ比べを展開されています。

それでは、関西にも何か変わったカヌレがあるかも、と調べてみたところ、
なんと難波にカヌレの専門店が見つかりました!
(桜川が一号店、こちらは二号店のような、ですが)

その名も「カヌレ堂」!!
さっそくいくつか買ってみたのですが、、、



大きさは1/6ドールのヘッドくらい、直径3cmといったところでしょうか?
カヌレとしては小さめです。

専門店というだけあって、バリエーションは豊かで、月替わりの商品も
あるようです。

中でも和風のテイストを取り入れたモノが目を引き、購入したのは、
(左奥から)抹茶あんこ、定番のしろ、黒糖くるみです。



抹茶あんこは饅頭かも(爆!)ですが、意外にカヌレ生地にも合います。
しろはもうスタンダードなカヌレ、黒糖くるみもナッツの香ばしさがあって
たいへん美味しく頂けました。



この日は月替わりのカヌレがもう売り切れていました(残念!)が、
8月はマンゴーとのこと。

次はまた新しい味のを試そうかな!
皆様も、なんばを訪れるときには是非一度。  

2015年05月30日

2015ショットショージャパン 春の部

きょうは恒例?ショットショー買い物日記を。



このところ毎回、ですが開場10分前ほどに現地到着、列に並んだのですが
今回は天気も良いせいか、いままで以上の大行列!!
前売り客だけで数軒先のホテルを超える大行列となり、
近所の「◎曜日のアリス」の行列なんて可愛いものです!!
「見ろ、人がゴミのようだ」と、そのゴミの一つになって後ろから悪態をつくうちに開場となりました。

ともかく開場と共にハナイキ荒く各所を見て回りましたが、開場当初は前回より混まず、
少し時間が経ってからが本格的に満員電車状態になってきたような、です。



さて、獲物ですが、まずは中古のタナカM629コンプハンター。
箱無し本体のみ一部錆有りで安価に入手できました。

今までM629パフォーマンスセンターは3インチのみだったので、ラッキーでした。



お次はハートフォードのブースで直販のレミントンニューモデルアーミー。

実は同じアーミーを持ってますが、リニューアルでシリンダー表面を削っており
(部品販売も計画があり、今回ブースでも先行で売ってくれる、とのこと)、
ショートバレルのものがあったので買っちゃいました。

これでニューモデアーミーのガスガンが2丁となりましたが、でもまだモデルガンも
欲しかったりします(結構レミントン好き)。



そしてSAAのワンピースグリップ。
これはタナカ用で、オーク材なのかワイルドな木目、そして安価だったので。

実はスタッグホーンタイプのものや、美しい高級材のものも販売されていたのですが、
今回はコレを選んじゃいました。



あ、入場前に配られたパンフレットには、今回ミリブロの宣伝が入ってました。
あの、このブログ、”参戦中”なの?(今やランキングも気にしてない、、、)

なんだかんだ書きましたが、会場には恒例となった(このパンフのモデルでもある)乙夜さんや、
バトンさん、タニコバさん、そして取材で来ておられたKenさんなど、有名人もたくさんおられ、
あのマルイの新型ショットガン、AA-12にも触れられるなど、盛りだくさんのイベントです。
まだの方で都合つく方は、是非一度。  

2014年11月29日

2014ショットショー冬の部

きょうは恒例の?大阪 ミナミのショットショー買い物日記を。



今回、開場前は雨が降っていましたが、(いつものように少し前に)並んでいるうちに
雨も止み、会場はナカナカの盛況だったのでは?です。



さて、買い物ですが、まずは木製輪ゴム銃。
今回入手したのは、廉価版として作られたスタームルガー(Mk1とか、細かいところまで
再現されてないので単にメーカー名になってました)。



次も木製品ですが、コクサイのパイソン用グリップ。
中古で少し傷んでいますが、実物の1/10以下!と安い割には
表面の塗りもリアルで、良い買い物だったかと。



お次はマルイ M&P用のアウターバレル。
金色アルマイトにフルート、削り込みが競技用の雰囲気を演出!
(って、ウチのは競技なんか出る予定無し、ではありますが)。



そして、何故かまだ在庫があったの?
CAWのウッズマン、飛葉モデルです。
ウチのはサイトをアクロに変えたので、イライアソン付きもついでに?
確保、です(しかも普通より安くなっており、更に買う時に値引きしてくれたし)。



ショットショーの常連、タニオコバでは、今回B品をいくつか出してくれていました。
これまで入手して無かったのと、今回社長の小林さんからたくさん
お話も伺うことが出来、毎回聞くだけでは申し訳ないので?頂きました。
ここでもカートを更にサービスしていただき、感謝、感謝です。

会場には、ミリブロガーの乙夜さんも来ておられ、ナンダカ今回コスプレーヤーさんが
CDROMを販売されていたような、で、また売り子さんにも女性の姿が目立ちました。

サバゲーの女性参加増加を見込んでのことなのか、逆に男性を意識してなのか、
はともかく、より華やかで明るくなるのは良いことですね。

マルイさんはHK417が大人気、HWSさんもスタールに続きHScの制作発表
(試作ボディを公開されてました)、SATもコンマガもGunプロもアームズも、
更に専門の本も販売されており、非常にニギヤカ、でした。

明日も開催されますので、皆様も宜しければ是非。
  

2014年05月31日

2014ショットショー春の部

きょうは恒例、地元大阪開催のショットショー買い物日記?!を。



今回は見事な晴天、開場10分ほど前に現場に到着しましたが、
今まで以上に長蛇の列!
何だか前売り券の値打ち半分、なカンジですが、ゾロゾロと通勤列車のような
混み具合の会場に入りました。

今回は、春の大出費?(もう大体公開しましたが、実はまだ! あ、このヘンはまた)
後であんまり予算も使えない、、、という事情もあり、
まあ、そんなに買い物意欲全開ではなかったのですが、貴重な木製グリップ付きの
アレやコレを、指を咥えて見ていた、、、だけではやっぱり、ということで、
下のような梱包になったものを。



え、会場でこんなゴミ袋下げているヤツを見た?
ほっといて下さい!
売主さんが、梱包用に布団袋を活用され、見た目はまあ、、、ですが、
保安上問題ない姿で持ち帰ることが出来ました。



中身はコレ。
ケンタッキーと書かれてますが、もちろんフライドチキン、じゃなくてパーカッションライフルです。



動作しないのと、メーカー不詳(デニックスでもないようだ、との事でした)なので安価だったし、
杢が出ているストックに惹かれました。

動作しないといっても、こんな簡単な構造なら、直すのも簡単だろう、とタカをくくって購入!です。



しかーし! コレ、見事にプラスねじのオンパレード。
全部マイナスに変えるだけでも一苦労かも。

おまけに、ロッドは外れないし、機関部は内部メカ無し!の完全な飾り物でした。
ま、安かったし、仕方ないか(これを人は安物買いの◎×▽□、、、)。

いや、現場でも、十分装飾品テイストはわかってたし、こんなストック削る手間考えたら、
なので、と自分を納得させてるんですが、、、

これだけでは終われない、と日本橋に移動していつものフィギュア屋さんで出ていた
超珍品を、と思ったらコレも売れており、、、OTL OTL。

そこでふと見つけたコルト純正らしきデティクティブ用ラバーグリップを購入!



後期用らしく、グリップフレームが短くないと付きません(ということはそのまま装着できる
トイガンは無いです!)が、コンナの見たことなかったのと、デティクティブ系は好きなので、
グリップコレクションでも、と思ってマス。



あ、ショットショーではタニコバさんやHWSの社長からお話も伺え、
試作品のスタールは社長自ら取り出してセットトリガーの動作を見せて下さったり
(発売も夏頃、とのことでしたが、今まで待ったんだからじっくりイイモノに仕上げて下さいよ、
というコトで)、M1860バーズヘッドも展示されてたり、マルイの短いショットガンなんかも
触れたような(いや人いっぱいで近づけなかった)、です。

会場にはSATの乙夜さんや謎のミックミクコスの人、MJマガジンの取材で来られていた
ケンさんなど、有名人も多数集っておられました。

明日も開催中で、イベントなどもあるようなので、皆様も是非。  

2013年11月30日

2013ショットショージャパン冬の部

きょうは恒例?ショットショー買い物日記で。



いつものように開場少し前に行列に並びましたが、今日はナンダカ寒かったような、、、
いや、天気は良かったんですが、、、

会場に入ると、さっそく掘り出し物を物色、今回は、入口から2段目?でタナカ トラップドアを発見!
今回のお買い物はここで終わったという!(え、買い物日記じゃないの?)

いや、あとは小物をちょこっと揃えたのですが、これらは本命のブツが未だ公開できていないので、
今後のお楽しみ、ということで。



さて、トラップドアですが、スタンダードなカービンで、ちょっと錆はでてますが、木部に傷も少なく、箱は無いものの
カート(多分アルミに金アルマイト)と説明書、Lレンチが付属していました。



ハンマーを起こし、ロックを外してブリーチ?を上げると、入っていたカートがはじき出される、そうですが、
45-70のカートは未使用!だったので勿体無くて、手で薬室に入れただけ!

ま、構造はシンプルなんですが、照尺もライブだし、いつかは、と思っていたものの、なかなか出物が無かった!
のが入手できてラッキーでした。

あ、例のごとく会場にいた時間より待っていた時間の方が長かった(爆!)のですが、
今回のショーは、みさみささんのライブも予定(土曜日2回)されており、タニオコバも蔵出し?のVP70試作カスタム??を出品、
また雑誌に連動して?複数の出店者がデベルカスタムを出品するなど、見所満載(ってライブ見てねーし!)のようでした。

明日もショーは開催されますので、気になった方は是非!  

2013年05月25日

2013ショットショー春の部

さて今年もやってきました、ショットショー!
毎度のように今日はソコでの買い物日記なんかを。



今回も事前に前売り券を入手、開場前30分ほどから並び、早速デモノ
(え?、ゲテモノじゃなくて出物!)を漁ってきました。
でも、会場にいた時間より、待ってる時間の方が長かったような?です(笑)。

まずはMP44用のジャンクマガジン。
これはショーエイ用のジャンクのようで、未処理で中身がありませんが、
”装備のマグポーチなどに入れる”用に、と販売しているようです。



うちにはショーエイ製MP44/StG44はありませんが、ちょっとデニックスと
比べたくなって(もしかすると入るカモ、という期待も、ですが)。

いくつかの仕様が並んでいましたが、MP44刻印が左側に、そして右側には
下の画像のような刻印が入っているものを入手。

あ、仕上げや比較は、またの機会に。



さて、次は今回初参加、ミリブロでおなじみ「ふりーだむあらいあんす! PREMIUM」の
「冬の最旬コーデ」。

ブースにはイラストレーターの方やみやじまさんがおられ、この冊子を貰うときに
「ブログみてますよ~」と話しかけたところ、みやじまさんが親切にも
サインを書いて下さいました。



「名前は?」と聞かれたのですが、ココでの公開を考え、ハンドルネームでお願い
してしまいましたface03



そして、なぜか?販売されていたメディコムトイのリアルアクションヒーローズ
036、ハカイダー(キカイダー版サブローハカイダー)です。



え、ミリ要素が無い? いえいえこのフィギュアにも銃が付いています。
ハカイダーショットが、ランナーも付いたままの状態で同梱されていました!



ちなみに衣装をウチのドールが着るとコンナ感じ。



と、なんだか銃の完成品が一つも無いけど、まあ、今日は天気も最高で、
会場は行きかうのも困難なホドの大盛況!

マルイさんの新製品M870やグレネードランチャーを触ることもできるし、
常連のハートフォードやタニオコバも出店され、アームズ(+Gunプロ)誌やSAT誌も
ブースを構え、ミリドル乙夜さんも来られていました。

まだ行ったことが無い方も、ゼヒ一度(明日もやってます)。  

2012年12月01日

ショットショー2012冬の部

きょうは恒例?大阪ミナミで開かれたショットショーでの買い物記なんかを。



今回は、前売り券を直前に購入していたものの、風邪の為、開場前の行列を
回避し、開いた直後に滑り込む、という安楽?な手段で入場、サッサと一通り
”来た、見た、買うた!”(大阪人でないと、のネタかも、、、)を済ませて帰還しました。

ということで、出遅れた分いつもより掘り出し物は、、、ですが、とりあえず
イカのようなモノ(ってイカ娘じゃなくて!)をゲットしてきました。



まずはオートマグのHWシルバー。
実はコレ、以前から見ていたモノかも、ですが、せっかく行ったんだし(爆)。
この頃のメッキは剥がれやすく、これもちょっと傷んでいるところはありますが、
とりあえず押さえておこう、ということで。

詳しくはまた別の機会に、ですが、普段重さに拘りは無いとさんざん
言っておきながら、オートマグくらい大型だとABSとの差の大きさは顕著!

箱もカートも取説も、とコレマタ普段避けている中古価格が高くなる要素
勢ぞろい!でしたが、今回他に「これは!」というものも無かったし、、、
(何だか随分ネガティブな、と自分でも思いましたが、これが風邪をこじらし
クスリ漬け?で持たせている人間の心理ってモノさ!と開き直りながら、、、)



お次は4倍の小型スコープ。
APS競技用けん銃の精度追求用に、小さめのスコープが欲しかったので、
コレはちょうど良い買い物が出来ました。

コレ、上部に着いた窓(横の赤い樹脂も付きます)から採光して、レティクルの
左右が赤くなる、というモノで、注目したのは5mからでもしっかりピントが合うこと。

スコープは実物用で近距離では焦点が合わないもののほうが多いなか、
こんなに近くからピントが合うのは珍しいし、とっても安かった!!!



ピントを合わせきれなかったのですが、レティクルはこんなカンジ。

マウントは20mm幅ではなく、旧い規格ですが、マウントを自作しなければ
もともと付かないので、そこは問題なし!

価格に似合わず?ボディもしっかりしていて、視界も十分クリアかつシャープに
見えます。

但し拳銃用ではないため、スコープから目(頭)を離して狙うことはできません
(少し離すと画像のように中心部しか結像しません)が、競技ではマルゼンの
拳銃用を使えばいいし、レストで狙っていたので、精度テスト用なら
これで充分のはず(これも詳しくはブログで、ってココか?そのうちUP予定です
ので期待せずお待ちを)。

それに、後でM654,M16A1あたりに付けるとスタイル的に合いそうだし。

さてここからは、ショットショー前に入手したジャンクパーツも。



WAのマグナ用スライド&フレームです。

S&Wの調整式サイト付きのもので、ダグ・ケニッグモデルのようです。
フレームはカスタムしかかったのかグレイに塗られており、
少しカンロクが出ていますが、スライドは割と綺麗!



スライドだけ使い、このまま手持ちのフレームと組んでも、と入手しています。
といいながら、WAのスライド、けっこうイロイロ(組み合わせることなく)
持っているのですが、、、

あ、ショットショーは、雨の降り出しそうな天気にも関わらず盛況で、
会場は行き交うのも大変なほど、各ブースは品物を見るのも人をかき分け、
という位の大入り?でした。
では!  

2012年05月26日

2012ショットショージャパン春の部

春の部が、晴信に変換されます赤い猫ですこんにちは。

さて、きょう(といってももうすぐ27日ですが),明日と2日にわたって大阪で
開催されるショットショージャパン、今回も行って来ました。



いつもの通り、開場少し前から並び、まずは掘り出しモノを漁ります。

今回、まず目についたのは、マルイの造るモデルガン、スーパーブラックホーク。
これは以前制作記も載せたコトがあるのですが、10インチ用のヘレット形
グリップが付いており、箱無し現品超特価?だったのでつい。



次は同じトコロで発見したワルサーTPH。
こちらはエアガンで、一応作動しますが、ご覧のように亜鉛金色モデルガンが
退色したような貫禄ある表面、、、

でも、ワンコインだったのと、これでワルサーのトイガンが一通り揃う!
ということでこれも確保!

ちなみにスライド逆側には「0.2J Max」と書かれているような、、、
実に安全ですね!



一通り買い物を終えたあと、今回関西初凱旋となるエングレ倶楽部のブースへ。

今回、So-Sui様から事前にご連絡を頂いていて、
プチオフ会を現場で!行いました(笑)。
買い物,及び見学に来られた皆様、出展者の皆様、ミョーにテンションの高い
連中がブースの前を占拠して通行を妨げ、ご迷惑をおかけしました。
悪いのはきっと初夏の日差しと楽しい掘り出しモノ達です(ウソ)。

出展者として来られていたSo-Sui様、D様(自主規制入れました)、M様(同じく)
に加え、買い物ついでに?寄られたモデル工房S様、なぜか新大阪からたっぷり
1時間もかけて来られたK様(自主規制)と、総勢5人と1匹(ワタクシね!)が
集合してもう男臭いのなんのって
(いや会場には乙夜さんやみぃさんも来られていました)!!!

エングレ倶楽部のブースでは、So-Sui様やK様のコレクション
(あの塔四郎様のローバルブルーイングエンフィも!)を展示されていました。
(画像がブレブレですが)



そしてM様が秘蔵のカートリッジやローディングツール!!を販売され、
ワタクシも45オートリムドと45スコーフィールドのケースを頂きました。



So-Sui様,モデル工房S様には何度かお会いしているのですが、
他の方は今回初めて、です。

D様は、ブログの文体よりずっと真面目で落ち着いた印象の方、
M様は想像通り?の学究肌の方、
そしてK様は出家,還俗した所ジョージのような方(重ね重ね失礼!)、でした。

初日終了後の慰労会?にも参加させていただいたのですが、
そこでの内容はナイショ(ってK様がツイッターでUPしちゃってるカモ)!

明日もショットショーは開催されますので、未だ、で時間が許す方々は、
是非ナマのエングレを(いやHWSのボーチャード試作なんかも、意外に
コンパクトで驚き大?です)見に行ってください、では。  

2011年11月26日

ショットショージャパン2011冬の部

きょうは恒例、ショットショージャパンでの買い物日記を。



今回も、開場の少し前に並んだのですが、今日は向かい側にも別の?
行列集団がおり、また通り一つ横でも同様の行列が出来ており、
天気が良い事もあって、ショットショー待ちの集団の違和感も
少なかったような?
(それでも、帰りにコンビニに寄ったら、ナチス軍装の方が
”そのまま”買い物されていて、ちょっとビックリ、です)。

さて、開場と共に先を争ってなだれをうって押しかけ(ウソウソ、
普通に歩いて行列状態で進行)、いつものようにトイガンや
ジャンクパーツを漁りました。

今日の戦果は、



MGCのM645です。固定ガスガンですが、M39系のコレクション充実に
と思って。

実は今回、ちょうどマルイさんのモノと並べられていたのですが、
ブラストとヘアラインの入った表面のコントラストに、金属パーツ
の輝き!が組み合わせられ、さすがに元のオネダンが違うだけあって、
まあ、眺めるならコッチかと。

パックマイヤーのグリップも、ホンモノのようですし、一応機能も
ちゃんとしていて、まあ今回唯一の完成品は、良い買い物になったかと。



次はタナカ デティクティブのフレームです。
ニッケルメッキの美しさに、バレルが欠品ですが、
ゲットしてしまいました。

でも、カスタムするにしても、トリガーとハンマーが黒いのは?
なので、結局一丁必要なんじゃあ???
まあ、いいか。



WAオフィサーズのスライド+フレームと、ハイキャパ5.1と4.3の
スライドです。

これらはまあ、カスタム素材として使えますね。
価格もとっても安かったし。


まだ何かアルカモ、と数回同じところを(今度は足元辺りを丹念に)
捜索、1/6の松本零士コレクションらしきケースを発見、
コレも中身はわからないけれど、とりあえず安いしイットコウ!
ということで購入!です。



持って帰って箱を開けてみると!
1/6のドラグーン!ちょうど持っていないモデルです!!
いや本当にこれはラッキーでした。

会場には、今回も乙夜さんやハートフォードの社長、タニコバさんが来ておられ、
二十六年式のグリップの苦労話(試作の木製グリップも展示中!)なんかも
聞くことができました。

これまたいつものように、なかなか時間がとれなくて開始から1時間以内で
サッサと移動しましたが、今回も会場内は行き交うのも苦労するほどの盛況!
明日もやっているので、皆様も是非!

あ、ミナミまで来たら、ついでに日本橋界隈を覗くのもオススメです。
日本橋電気屋街の北にある◎ャングル2F、その向かいのガチャポン屋の2F、
ちょっと下って◎FBC、通りの裏のあたりには、最近出来た◎ァーストもあり、
更に一つ東側の筋にある◎ーパーラジコン、反対の大国町の辺に◎ォースター、
と最近になって日本橋界隈にショップが集結してきているような印象です。

実は、ここらへんで、最近も結構掘り出しモノをゲットしてたりするのですが、
それはまたの機会に!(と期待を持たせつつ、)では!  

2011年05月28日

2011ショットショー 春の部

きょうは恒例の裸にマント、でなくて、ショットショー買い物日記を。



今回は直前に都合がついたため、アワテテ前売りを確保、
当日は30分ほど前から並びました。

台風が近づいている!という雨降りにもかかわらず鼻息アラク集まった面々が
会場の前でトグロを巻く光景は、これからソコに並ぶワタクシが見ても異様で、
周囲を通る人々の驚く表情は、今回更に迫力アップしたような、、、
(たぶんモンダイありそうなのと、モノグサなので画像無し)

開場と共にいつものように奥へ!進みましたがしかし、前回までとは
ちょっとレイアウトが変わっており、また参加された業者さんも代わったり、
があったようです。

入口正面ではミリブロでもおなじみ乙夜さん、そのちょっと奥では
ウピウピ隊の方?とミリドルの方々も参加、
ショーに彩りを添えてくれていました。
(こちらは2ショット撮影にも応じておられたり、で撮影はモンダイ無さそう
でしたが、ワタクシがシャイなのと、素顔を晒すとナイスガイなのがバレル
(え、むしろ逆?ホットイテクレ!)、そしてやっぱりモノグサなので、、、)

さてそれでは今回の獲物たち。


まずは中古モデルガンで、MGCのウッズマンスポーツABS。

CPではなくオープンのMGキャップ仕様ですが、未発火でそこそこ程度も
良かったので。

え、コレと同じのを持ってるだろう、って。
ハイ、実は以前から持っているモノをカスタムベースにしようかと。


次は、コルトの記念メダリオン付きパイソン用木製グリップ。

これはタナカのペガサス以前のガスガン用ではないかと思われますが、
前オーナーがMGCへの取り付けを目指して内部を抉ったようです。
但しスクリュー位置から換装を諦めたようで、何となく加工は中途半端、、、

タナカパイソンに付けると上のような感じに。


コクサイパイソンだとこうなります。
中身はスカスカなので、パテを埋めればしっかりしますが、
グリップ下のガス注入穴は、、、
まあ、いいか。


次は、たぶんCMCのスマイソン用のグリップ。

プラ製ですが、いっときのMGC製と同じような紫檀の様な色合いで、
スクエアバットを削り込んだカタチは、スマイソンに熱くなった世代には
タマリマセン。

タナカのM19に付けると、上の画像のように。


そしてCMCから金型を引き継いだHWSのスマイソン(但し4インチ)に
付けるとこんなカンジに。

う~ん、蘇る80年代?


次はスーパーブラックホーク用の木製グリップ!

店員の方に「コレ、ヘレッツ?」と聞いたら頷いていましたが、
内側にイタリーと刻印があり、またカタチもちょっと違う、、、

ともかく、珍しいし、加工もけっこう手が込んでいるので、ちょっと高かった
(といっても普通に売られている木製グリップよりは安い)のですがゲット!

上の画像はコクサイ モデルガンに付けてみたところです
(パックマイヤーを付ける為にフレーム加工されていたので、
スムーズに付きました)。


しかし、コクサイのフレームはオールドタイプを再現していて短く、
このヘレッツタイプグリップはグリップ前方もフレームの逃がし穴があるため、
このように、前後風通しの良い、ランヤード取り付け穴?が開きます。


それではニュータイプのフレームに。

え、マルシンのガスガン?いえいえ、あれは内部にガスタンクがあり、
大きく抉る必要があります。

これはそう、あのモデルガンキット、詳しくはそのうち「きっとkit」で!
(乞うご期待)

というところで、都合もありサッサと買い物を済ませ撤退しましたが、
今回も盛況、商品の目利き,値引き交渉に熱いバトル?が展開されていました。

しかし、その一方、アチコチでお客さん同志、または出展者の方に
挨拶していたり、で、”祭り”として参加して盛り上げよう、
というような雰囲気もあり、楽しいイベントでした。

明日も開催されており、「今日は値引きはココまで」と言っておられた
業者の方も、なので、更にバーゲンが展開されるカモ。

大阪近郊の方、時間があれば、ひとつ覗いて見て下さい。  

2010年11月27日

ショットショージャパン 2010冬の部

きょうは恒例のショットショー参戦?記を。
いつものように、個人的な買い物報告ですが。


今回も前売りを入手し、開場ちょっと前(ほとんど直前!)から並んで
とっとと一番奥を目指し、さっそく物色を開始しました。



そこで入手したのがコレ。MGCのABS製SIG SP47/8です。
いちおう分解図/部品表のコピーも付いていました。
うちにはP210刻印になったものはあるのですが、このSP47/8刻印は、
昔一丁弄り倒してしまったので、機会があれば、と思っていたところ、
今回ジャンクということで、捨て値?で売られていたのを早速Get!

持って帰って調べてみると、シアのスプリングをかけるピン部が折れていたので、
シアに穴を開けてスプリングをかけてやると復活!
外観はそれなり、ですが、化粧直しをしてカスタムベースにしてもいいかな、と。



次に見つけたのが、SVD用のストック。
合板ではなく一枚ものですが、激安だったのでフラフラッと(笑)。

エアコキ用だといいけど、、、と思いながら帰って調べてみると、どうやら
エアコキ用だったようで、一安心。

しかし、販売されているところの情報によると、
本体側を加工する必要がありそうですね。
まあ、付くようなら無駄ではなかったかと。



そして最後はHWSさんの九四式自動拳銃。
販売が好調で現在も注文待ちのところが多く、なかなか店頭には
置かれていないのですが、今回メーカーさんの持ち込みでサンプルを
ガッチャンガッチャン、カートリッジを飛ばして遊ばせてもらいました。

更に今回、ランヤードをサービス、ということもあり、
思いきって入手してしまいました。

この九四式の今後の展開ですが、箱に同梱されているロッドは
分解用のもので、発火仕様は考えていないようですね。
更にHWSお得意?の塗装仕上げなどのバリエーションは予定しておらず、
展示されていたカッタウェイモデルなどのほうが出そう、との事
(以上赤い猫が現場からあやふやな!リポート)でした。

そしてHWSのブースには、あのハイスタンダードデリンジャーが
展示されていました。
こちらも今後楽しみですね。

会場では、ミリブロでも活躍されている乙夜さんも、各ブースを熱心に見て
(物色?)おられました。

今回は、天気に恵まれたこともあり、会場は盛況だったように思います。
ただ、中古ガンはそんなに多くなかったような、、、
出品者さんも少し考えて、すぐに無くならないように
掘り出しモノを毎日(もしくは午前,午後とか)徐々に出す作戦にしたのかも。
  

2010年04月24日

2010ショットショー春の部

きょうは大阪で開かれたショットショーでの買い物日記を。


前回の反省から、今回は予約券を購入して開場と同時に入り、
鼻息荒く?会場を見て歩きました。

で、成果は?
入場者に先着順で配られたストライク&タクティカルマガジンの
ミーシャのネック・ストラップ、フルタのメタルガンマニア3種、
マルシン アナコンダ、そしてプラ製のフォールディングナイフです。



特にこのナイフ、外観はリアルで、ブレードまで全て
プラスチックで、ワンハンドでのブレード開閉の練習が
手を切る心配なく思う存分できる!
(いちおう刃物のカタチをしていますので、携帯すると
タイホされる恐れがありますのでご注意ください)。

うーんイイ感じ!

そして今回、第2回大阪プチオフ同時開催!!!
ということでモデル工房S様、So-Sui様と合流、
昼食を挟んで2件ほどショップをハシゴ、
お二人共日本橋の2件目で、おっとこれはお二人の
ブログにお任せして、、、

とっても楽しい時間を過ごせました。
また是非宜しく!



  

2010年01月03日

エングレ倶楽部大阪プチオフ潜入記

皆さま明けましておめでとうございます。
本日は、新年特別企画、という事で、
昨年12月31日に開催されました「エングレ倶楽部大阪プチオフ」?
潜入記???を(今日はちょっと長いですが、宜しくおつきあいを)



昨年末の28日、LINK先の「辺境ホビーライフ」のSo-Sui様より、
急遽「31日の日中に大阪でエアコキを高級品に変えてしまう
魔法の工場へ行って参ります。赤い猫さんもいかがっすか?」
というお誘いがありました。

実はSo-Sui様とは今までブログ上だけのお付き合いで、
以前ショットショーでもニアミス(お会い出来ず)、
更に「エアコキを高級品」?というトコロにもひっかかり、
何の集いか良く判らなかった!!!ものの、とりあえず行ってしまいました。

待ち合わせ場所で待っていて下さった(すみません、最後でした)
のは、So-Sui様と「小心者モデラーのつぶやき」を
運営されておられるモデル工房S様。

そう、お二人はかのエングレ倶楽部のお歴々、
これはエングレ倶楽部大阪プチオフの集い、だったんですね。
向かったのは、モデル工房S様の正に工房!
そこがエアコキを高級品に変える魔法の現場、でした。

工房内の様子は、恐らくSo-Sui様が詳細かつ的確にレポートされること
と思いますので、そちらにお譲りして
(おいおい!せっかくなのに写真も撮ってないし、、、)、
ここでは簡単に。

工房では、CAD-CAM3次元立体加工でグリップを削り、
更に手彫りでトイガンの全身に素晴らしい彫刻を彫っておられました。
(簡単すぎやしないか、おい!と自問自答)

モデル工房S様の作品は、実物を真近かで見せて頂くと
細かく上品かつ繊細な線で素晴らしい仕上がり!

それでは今回見せていただいた、
エングレ倶楽部自慢の作品達を(ちょっとですが)見て下さい!

まず、これはSo-Sui様の持参されたもの。
エングレ倶楽部のパンフ表紙にもなっている
ベビーナンブと、デリンジャーですね。

ベビーナンブは井浦氏の作品で、もう
「これでどうだ!」といわんばかりの豪華なエングレが、
カートリッジにまで彫り込まれています。

グリップは本物の花梨の瘤で、当たり前ですが実物を見せていただくと
うちにあるMGCのプリントグリップなんかとは違います。

ちなみにマルシンの亜鉛は硬いそうです。
硬度は法律の範囲内だと思いますが、やっぱり違いがあるんですね。

そしてこれがモデル工房S様の作品。

この作品はご本人のブログにも登場していますが、ベースは
アリイのエアコキ、S&W M6906だそうです。
金属メッキとしか思えない艶と、実にミステリアスな色合い!
これは表面を「こすって銀SUN」で仕上げているとか!!
もちろん彫刻は全身に及び、正にエアコキが高級品!!!

エングレは、正に芸術です。
そして、世界に一丁を所有する満足感、失敗したら一巻の終わり
(じゃないかもしれないけど)の彫りを、
一本一本入れていく作る側の思い、などを目の当たりにし、
ワタクシ、深く感銘を受けました。

そして、このエングレ倶楽部は、もしかすると
「社会から誤解を受けがちなトイガンというモノ」
に対する見方を変えられる、大きな可能性があるのでは、
とも思いました。

最後になりましたが、グループT(maimai様企画)
トイガンカレンダーとエングレ倶楽部パンフレットNo2
(トップ画像のもの)まで下さったSo-Sui様、
加工機からコレクションまで、包み隠さず全て見せて下さった
モデル工房S様、
本当にありがとうございました。  

2009年11月28日

2009ショットショージャパン冬

きょうはショットショージャパン冬の猟果?をちょっと。

ここのところ毎回、ショットショーには行っているのですが、
今回は、従来に無く早く!なんと開場前から
(といっても10分ほど、毎回何かと遅刻しますorz)
並ぶという気合の入りようで臨みました。

いつものように、会場の様子や出展品などのレポートは
他に譲って、超個人的な買い物報告です。


で、掘り出し物は?
マルコシのSIG P210-5(ガスガン)は、新品同様のものが手に入りました!

あとは、タッチの差で獲物を逃していたのですが、
ガスBLKガバジャンクパーツ、
M1911A1のガスライターといったところを確保しました。

会場で出展者の方に聞いたところによると、
大阪ではモデルガンが良く売れ、
しかもそれが若い層にも言える、とか。

では次回はオイシイモデルガンを、
もっともっと!持ってきてね!?face05

  

2009年04月25日

2009ショットショージャパン春

今回も行ってきました!ショットショージャパン。
出展者や会場の模様は、、主催者や報道の方にお任せするとして、
超個人的レポートとして、今回仕入れたモノなんかを。

今日は午前中に会場に入ったのですが、大雨だったにもかかわらず、
通路を通れないほどの大盛況!
特に中古品のコーナーなどは、すごい人だかりができていました。
今回もたくさんの出展者が色々なモノを販売していたので、
どれを入手したものか、という嬉しい悩みも?ありましたが、
ダットサイトとエアーガン、そしてダミーカートなんかを入手しました。


ひとつめはBWCが輸入していた、韓国BBトイのCZ100。
安価なエアーコッキングガンですが、見かけなくなっていたように思うのと、
もともとポリマーオート好きで、Czも75を中心に
最近コレクションが揃いつつあるのでこれもゲットしました。
ちょっと前、実物のCZロゴグリップを入手したことをここで報告しましたが、
このCZ100のロゴはピストル型です。
それもあって、ピストルロゴのCZ75用グリップも入手してしまいました。


また、大形の(レイル付き)ハンドガンのコレクションが増えてきているので、
ダットサイトも入手しました(バーゲン価格だし)。
ハンドガンに向く、オープンタイプの小型のものと、
それより少し大きいのですが、ちょっと前のリボルバーに合いそうな
チューブタイプも手に入れてしまいました。
スピードコンプなんかには、これくらいの方が似合うと思う(上;装着例)のですが、、、

他にもダミーカートやスピードローダーを手に入れているのですが、
これらはまた機会をみて、というところで。
  

2008年11月29日

ショットショージャパン

こんにちは(こんばんは、か?)!
今日は大阪で開かれたショットショージャパン 冬の部に
行ってきました。
初日の開場直後から入ったのは初めてですが、そのかいもあってか、
結構掘り出し物があり、予算の都合で涙を飲んだモノもあるほど!
で、今日の戦果をちょっと公開、です。

GM2のナショナルマッチ(ラージサイズの刻印)GM4を見つけたので、
ちょっと部品が替わっていましたが、これをゲット☆
そして同じところでエレー 22ロングライフルの箱をみつけました。
「これも一緒に」とお願いしたところ、何と2箱ともオマケということに!!!
ショットショー、大好き!
しかも購入後、中身を開けてみたところ、
teamの中には46発、Match EPSの箱には、
何と65発の使用済みカートが入ってました。
以前、削り出しで22LRのダミーカートを作っていた苦労を考えると、
こんなにたくさん一気に手に入れることができるとは!
(でも、会場にはSo-Sui様が来ていらしたはずなのですが、
お会いすることが出来なかったのは残念!)
今年は大収穫のショットショーでした。