2017年09月24日

ZEKEのコルト.32用グリップ

きょうは自薦トイガン、いやトイガンパーツネタ、
ZEKEのMGC/CAWコルト.32オート用グリップを。



これは真鍮削り出しで有名なZEKEが、その真鍮削り出し
.32オート用に設計したモノを、MGC/CAW用に改修し
販売してくれたモノ(をMGCに装着)です。

MGCのフルチェッカーより前に使われていたモノを
再現しており、実物はベークライトだったのか、色も
黒ではなく、紫がかった灰色になっています。



それは樹脂素材、そして成形の外注にも拘っており、
レジンキャストで歪みや収縮が多いコノ手の少数生産
グリップと違い、今もぴったりフィットしています。



出来たらもっと色々作って欲しいところですが、、、
これも高価な真鍮製本体が売れてこそ、だろうし、
そうそう新規開発ができるものではないようで。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)お勧めはしませんが

2017年04月21日

ワルサーP38ショートバレル

一周回ってしがない
(えっ、もしかして踊り子とか?)

さてきょうは自薦トイガンネタで、マルシン モデルガンで、
ワルサーP38ショートバレルを。



いきなり不完全閉鎖(バレルが前進しきっていない)状態!
ですが、疑似ブローバックではバレル後退方向にテンションが
かかっているため、ちょっとスライドの抵抗が大きかったりすると
こうなります(って開き直るな!)。



あ、モノはマルシン初、というより世界初の疑似ショートリコイル
モデルガンから派生したバリエーションモデルです。

P38発売当初はコマーシャルとミリタリー(刻印とグリップが違う)
だけでしたが、その後このショートバレルが追加され、現在も
生き残っていますね。

ロングバレルもいっとき作っていたんですが、アレは既に絶版
のようで、残念です。



コマーシャル(画像右)とも。
コマーシャルは戦後の市販バージョンを再現したようですが、
ショートバレルはマルシンオリジナルなんじゃあ、です。

戦時中試作されたショートバレルは、スライド前方(の左右を
つなぐブリッジ部分)にFサイトが載るカタチで、
ゲシュタポモデルとも呼ばれるもの、
そして戦後ワルサーで作られてたP38Kも、その姿を踏襲
(ハンマー削ったり、はあるようですが)してました。

他にアメリカのカスタマー、ジョン・マーツが作ったものが
このマルシン仕様に似てたような、ですがマーツカスタムは
マガジンも一発分短くなっており、マルシンはその両方の
中間的なカスタム(サイトがバレル上に載ったやや短めの仕様)
です
[注:床井さんの「ワルサーストーリー」にスプリー・ベルグ製を
ベースにマルシンと同じバレルのヤツが試作され、アメリカの
博物館にあるそうです。以前ウチでも制作記事にそう書いて
いました。加筆訂正致します。]



ショートといってもP38、元になったPPK(画像右 これもマルシン)
と比べるとやっぱりどーんとガタイがごつい!!

しかし、安全性(自動セフティとDA装備)で世界をリードしていた
P38は、その後のコンパクト化流行にも対応できる、という点でも
先進的な設計ですね。

ワルサーは”その恩恵”のおかげで戦後もP5など派生モデルで
しのぎ、全面リニューアルはP88まで行わなかった、とも
いえるのでは?

ショートバレルに戻ると、イマサラかも、ですが、ゲシュタポモデル
とか、作ってぇ~!!
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2017年03月05日

SAA シェリフス

きょうは比べるネタ、だと思わせて(おいおいっ!)、
自薦トイガンネタ、SAAのシェリフス達です
(アレっ、お題はシェリフスなのにトップカットにバレルが写ってない!)。



今回ご登場願ったのは、(下の画像)左から、
ハドソン+マルシン+CAWの混成モノ、
バーズヘッドグリップにニッケル仕上げのHWS、
そしてケースハードンのHWSです。



ニッケルとケースハードン版は3.5インチ(ハドソンは3)と少し長く、
短いエジェクターチューブが付いています。

ハドソンベースのカスタムもラウンドバットで、くしくも3つ共
グリップ形状が異なります
(あ、ノーマルのハドソン シェリフスもあるのですが、
今回はお薦めの逸品、ということでフツー(といっても絶版)な
HW版はご辞退頂いております、ハイ)。



思えばSAAのニッケル仕上げはこのチューブドシェリフスだけ、
このところのマイブーム、銀色モノの充実を考えると長いヤツも、
なんですが、、、
(そのうちに、、、と思って今に至る、というパターンです 爆!)。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:10Comments(4)お勧めはしませんが

2017年02月08日

コルトのウェルスファーゴ

きょうは自薦トイガンネタで、
CAWのコルトポケット(M1848,M1849)シリーズのカスタム、
ウェルスファーゴモデルを。



えーっと、ウェルスファーゴモデルといえばCAWでは
S&Wスコーフィールドのショートバレルにその名を冠して
いるのですが、それより前にコルト製ポケットモデルが
採用されています。

特徴は3~4インチの短いバレルにラウンド(後部が角ばった
ドラグーンでない)トリガーガード、ラマー(ローディングレバー)
無しの.31口径5連発、といったところで、M1849ポケットの
ラマー無し、と思われるモデルです。



CAWではラマー無しのM1848ベビードラグーンと、
ラウンドトリガーガードのM1849ポケットを作っていたものの、
ラウンドトリガーガードにラマー無し、というモデルは
リリースしていなかった!のですが、以前オプションで
真鍮製ラウンドトリガーガード(+バックストラップ)を
販売していたので、コレを(磨いて)ベビードラグーンに付けて
ウェルスファーゴモデル化しています。



トリガーガードには、ベビードラグーンと同じシリアルNoが
入っていますが、これはCAWから直販で本体を求めた
ユーザーには希望のシリアルNoを刻印してくれる、という
サービスがあったから、です。



M1849(画像 右)とも。
このM1849も人気があったのか、前,後期型に6連発!
仕様など、たくさんのバリエーションが作られました。



そのため、逆にナカナカ捌けないモデルもあったような、ですが、
久しぶりに取り出してみると、その小ささとそれから想像される
重さを超えた!ずっしりとした重量、細かい刻印など、非常に
出来の良いモデルです(画像はシリンダーのエングレーブです)。

もうそろそろ市場在庫も払底したんじゃあ、なので、また生産
(今度はこのウェルスファーゴや、ラウンドバレルなんかも)
して欲しいですね。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)お勧めはしませんが

2017年01月06日

コクサイ トルーパーMkⅢ

新しいハンドルネームにまだ馴染めず、
一瞬、「あ、お客さんだ」と自分の書き込みを見て
思ってしまう赤い猫改め紅い猫ですこんばんは。

あ、さてきょうは自薦トイガンネタ、43回目は
コクサイ トルーパーMkⅢを。



MGCがABSモデルガンでローマン/トルーパーを
リリースしてから数年後(1970年代末)、この大ヒット商品に
対抗すべく、コクサイでも同じMkⅢシリーズを開発,発売します。



それまでのコクサイはガバやハイパトなど、MGCのフルコピー!で
ABSモデルガンを作っていましたが、金属ではオリジナル(六研を
参考にした?)のKフレシリーズを手掛けていたような、で、MkⅢでは
なんと金属とABSの両方同時開発、そしてMGCより実銃に近づけ、
差別化を図ります(このあたりは以前にも書いたような、ですが)。



といってもMGCとコクサイの寸法は似ており(フレーム幅などが
ちょっと小さめ)、またスチロール樹脂でウォールナット風に
成形されたグリップなど、どうやらMGCをベースにして独自に
アレンジされた部分をホンモノに似せた(戻した)、という
開発過程だったのでは?と思わされます。



しかし、マイナスの大きなスクリューの頭でサイドプレートを
押さえる形式、鉄板プレス多用からキャストに替えリアルさを増した
内部パーツなどは大きな進歩、ですし、このシリーズ途中から
シリンダーのインサート兼前撃針の中央に穴をあけ、ガスの抜けを
良くするなど、モデルガンの性能?的にも改良が進められていました。



もっとも、MGC(タニコバさん)がモディファイしたのはそれなりに
理由があり、亜鉛キャストより鉄のほうがセフティコネクターは
折れなかった!ですし、クレーンにロックを追加してないコクサイ
MkⅢは、右側を下にして置くとシリンダーが少し出てきますが(笑)。

ま、その後エアガンブームの時には”忘れ去られ”(ガスガン化されて
なかったと思います)、工場の火災トラブルもあってか、KSCから
(MkⅤですが)決定版ともいえるモデルガンが出るに至って、
完全に”骨董品”(つまり絶版旧式)!!となっちゃったような、です。

その点では現在も改良が続けられているS&W Kフレシリーズ
(上の画像 右 M19に実物グリップ付き)に比べ、中途半端?!な
モデル、だったのかも、ですが、「うちはリアリティー追求、そして
金属とABS両方同時開発」という明確な方向を決めた、転機の一作
(シリーズですが)では、です(ブラックホークのABSの方が出たのは
MkⅢより早いんですが、アレは各社競作状態で後発のコクサイが
オリジナル設計だったのか?だし、金属は結局1979年登場で、
同時期だったハズ?!)。

そして、今見てみると確かに完成度は、、、ですが、
結構良く出来ているじゃん!と思えてくるのは”開発者の情熱”が
伝わってくるから、でしょうか?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年12月16日

S&W M586 キャリーコンプ

きょうは自薦トイガンネタで、MGCの
S&W M586キャリーぱみゅぱみゅ、
違う!(お約束?)キャリーコンプを。



実銃はたぶんパフォーマンスセンターの
カスタムで、3インチバレルのサイトをドブテイルに
変えて少し後方に付け、先端近くにパワーポート
(ガスを上に吹き上げる穴)を開けているのが特徴です。



MGCではアンクルマイクスタイプの樹脂製(ゴムじゃない!)
グリップを作って2.5インチ、3インチに付けてますが、
このカスタムでは更に木目プリント(しかもバール風!)で
高級感を出しています。



コレを更にカスタムし、7ポートとしたものも発売されたのですが、
さすがにソチラは現在結構なオネダンになっていたり、で
未入手です(笑)。



残念なのは、普通のM686(ABSでメッキ)はあったのに
これらはHW樹脂のブラック仕様(M586)しか出なかったことですね。

まあマルシンさんがM586(但し4,6インチ)を作ってるので、
リバイバルは無さそうですが(でも逆にコレらだけリリース、
という手はあるかも!)。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年11月23日

CMC ハンマーシュラウドグリップ

きょうは自薦トイガンネタ、ですが、
今回もグリップで、今は無きCMCが
ビアンキの製品をコピーして作った
”ハンマーシュラウドグリップ”を。



コレは入手時にもブログったと思いますが、
ビアンキの製品名は”ライトニング”なのに対して、
月刊Gun誌で紹介されたときの”ハンマーシュラウド”
という名前になっていて、雑誌の影響カモ、と思われたモノですね。

濃いエビ茶?の色合いも再現(実物にはこの色と黒の2色が
あったようです)され、表面はちょっとテカッてますが、
ゴム(プラスチック?)の劣化(ベタつき,ヒビ割れ)も無く、
今も現役!です。



コレはグリップと同じCMC製のチーフ3インチに付けています。
CMCの型で作られたHWSにも適合しますが、コクサイ(旧型)には
スクリュー位置の違いから合いませんでした。



HWSで再販して欲しいところですが、金型が無い、もしくはパテントの
問題があるのか、それとも再生産に見合う需要が無いという判断なのか、、、

もちろん実物の方が供給されれば、こういうコピーは不要、ではありますが。

  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:55Comments(2)お勧めはしませんが

2016年11月02日

タナカ SAA スチールフィニッシュ

きょうは自薦トイガンネタで、
タナカのスチールフィニュッシュ推し、
ということなのですが、具体例?でSAAを
(おいおい!)。



これはSAAでも2ndで、7.5インチバレルのキャバルリー
(モデルガン)です。

このところ銀色仕上げのトイガンを入手することが多いワタクシ
ですが、もちろん本来主流のガンブルー(ホントに染めた)モノも
好物(いや、食べるわけじゃないの!)、ただ磨き上げ、染めても
ガンブルーは退色していくので、表面保護などを考えるなら、
メッキでガンブルーを再現したものを、となる(コスト的にも
本体にガンブルーを施したものは高いし)訳です、ハイ。

HWSの古式銃シリーズでも、ケースハードンのフレームは
染めているのに対し、バレル,シリンダーなどは塗装だったり、
他社のガスブロではガンブルー処理、といっても艶の無い
マットな仕上げになっていたり、また光っているガンブルー
だと、長物が買える位立派なオネダンになっていたり、です。



ということで、ソコソコの価格で輝く黒い肌を実現している
ガンブルー風メッキは、ワタクシ大好物(またかよ!
しかもコレ中古入手だし!)です。

ミッドナイトブルーから始まるタナカのガンブルー再現メッキは、
現在このスチールフィニッシュとなっています。

スチールフィニッシュも、HW素材に施したジュピターと称する
ラインがあり、それは一段と高価!なのと、重さに拘らない
(なんてたってABSモデルガン初代のMGC SIG SP47/8から
付き合ってて、しかも当時SIGの重量は300g台だったもんね)
ので未だに一挺も持ってません!



いや、HWにメッキは他社がやらないように難しく、全体が
綺麗に仕上がりそうにないのと、メッキ皮膜が弱い、とか
聞くもので。

以前のミッドナイトブルーも銀色(ニッケル)メッキの上に
乗っている薄い黒い層が部分的に剥がれる、ということが
ありましたが、スチールフィニッシュは今のところ大丈夫だし。



ただ、タナカさんは現在ジュピターに力を入れているらしく、
ニッケルメッキはABSで出てくるのにスチールフィニッシュは、、、

現在、リボルバーのグリップに大量のウエイトを仕込むなど、
重量増加策を講じているようなので、ABSのスチールフィニッシュ
をもっと充実させて欲しいところ。

でも余裕があったら、ジュピターにも手を出してみるべきかな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年10月19日

リバレーターFP45

きょうは自薦トイガンネタで、HWSのリバレーターを。



リバレーターはWWⅡ中の1942年にレジスタンス支援火器として
GMで設計,生産され、数か月のうちに100万挺も作られたそうですが、
型式のFP45もフレアープロジェクター(ちなみにフレアーピストルなら
信号拳銃、つまり”拳銃”とは言ってない)の意味だったらしく、
秘密兵器としてひっそりと生まれ、消えたようです。

この箱も実物を模して造られていますが、ホンモノは上の絵だけで、
文字の類は一切印刷されておらず、取り扱い説明書も同様に
絵だけで操作がわかるように書かれていました(この説明書も
HWSではコピーして付属させてます)。



しかし、ライフリングの無いバレルで、命中精度は低く、単発
(しかも再装填は付属の”木の棒”を使ってケースを押し出す
という面倒なもの)、そして極端に耐久性が低い(これは
敵に利用されないよう、故意に”すぐ潰れる”仕様だった
可能性も)こともあり、当初予定されていた欧州への出荷は、
1/4ほどで止めてしまったとか!

まあ、ちゃんとした?サブマシンガンであるステンなどを
レジスタンス向けに投下しちゃっており、そりゃ板切れなんかよりは
”殺傷力”があるカモ、ですが、電撃戦で圧勝していたドイツの
機甲師団相手に「こんなモノを渡されても、、、」ですよね
(見張りだってMP40なんかだろうし、将校の拳銃もDAのワルサー
だったり、でそうそう”不意打ち”も難しいハズ)。



その後、アジアの抗日勢力にも(フランスよりは多く)
配布されたそうですが、結局全部捌ききることはなく、
大量に余っていたFP45は、戦後一般に払い下げられる
こともなく廃棄され、後になってマニア向けのレプリカが
作られたそうです。



一般の米兵はこんなのが”自国の秘密兵器”だとは信じられず、
また公表もされなかったので、「日本軍がまた自殺用に
作ったのか?」(九四式の例もあるから?)と思われてたとか。

このモデルガンも鋼板の薄さやグロックばりのセーフアクション
(半分DA)が再現されており、ナカナカ宜しいのですが、
くしくもHWSは九四式も作っており、なんか”スーサイドスペシャル”
を狙ったかのような?ですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)お勧めはしませんが

2016年09月30日

ワルサーTPH

きょうは自薦トイガンネタ、
現在ちょっと見かけなくなった
(たぶん)アカデミーのワルサーTPHを。



これはいわゆるエアコキで、スライドを引いて
コッキングする(ハンマーは動くものの、
コックせず、DAも機能しません)一番簡単な?
エアーガンですね。



入手時はナゼカ褪せた金色だったものをブルーに
塗り直しちゃいましたが、元々は黒い素材状態のものが
販売されていたハズです。

ネジもあっさり全てプラスですが、マガジンは”割り箸”では
ないし、セフティもライブです。



内部部品の共通化や、強度とパワーの兼ね合いのためか、
実際のサイズより大きめ、ですが、PP(マルシン モデルガン)
と比べて。

以前の画像のように、何とかPPKより小さい、という
カンジですね。

こういうベストポケットピストルは、実銃では結構様々な
モノが作られているのに、トイガンでは少ない気もします。

まあ、構造上の制限、(プラ化による)強度上の問題、
おまけに”小さい→安い”というようなイメージから、
ナカナカ商売としては難しいのかも、ですね。

個人的には”小さいヤツ”は可愛くて大好きで、
機会があればつい入手してしまうのですが、それには
”少ない”というコトも”萌えポイント”化してるのカモ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年09月18日

ムスタング ターゲットグリップ

きょうは自薦トイガンネタ、ですが、
少し趣向を変えて、パーツ(木製グリップ)編を。



ムスタングはアフターマーケット(ユーザーが
製品購入後、個人でパーツ交換する)向けのグリップを
作っていますが、現在フィンガーチャンネル付きのモノが
多いような、で、このスムーズな木製グリップは
珍しいのでは?です。



グリップ裏側にはハンコ?が押され、また型式を示すのか、
4桁のアルファベットも記されています。



これはS&W Kフレーム(スクエアバット)用ですが、
このようにフレーム後部の上部は覆われ、下部分が露出する
という変わった構成で、純正に比べ垂直に近いアングルになります。



コレ、うちではHWSのスマイソンに付けています。

素材はウォールナットっぽいのですが、入手時は艶が無く、
また水滴跡などがあってまんまり綺麗でなかった!!
ので磨き直し、ステインで少し色を付けています。



フィンガーチャンネル付きは、手の大きなアメリカ人向けに
作られ、日本人には合わなかったり、があるので、
このようにスムーズなモノが好きなのですが、
流行なのか現在はあまり見かけません。

S&Wの純正でも、’80年代からフィンガーチャンネル付きが出て、
更にゴム製に置き換わっていきました。

現在S&Wは昔の形をリバイバルさせたりしてますが、
グリップは復刻を諦め、アルタモントなどに
外注しているような、です。

S&W純正の古いグリップは高騰しているものの、
まだ入ってきたりしているのですが、反面?古い社外品の
グリップはホントに珍しくなっちゃったカモ!

これもNフレ用とか、シングルアクション(SAAやブラックホーク)用
なんかがあれば欲しいところなんですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:40Comments(0)お勧めはしませんが

2016年08月31日

ボブチャウカスタム

きょうは自薦トイガンネタで、
WAのボブチャウカスタムを。



実物はオリンピックメダリストでもあるガンスミス、
ボブ・チャウが永田市郎氏のために作ったカスタムで、
同じモノは3挺しか存在しない、とか。



スライドは軍がカスタムしたナショナルマッチのもの
(コルト製でトライアングルのサイトが付いているので
1963年か1965年製だと思いマス)、フレーム側はS70
を組み合わせ、全体に角を丸め(メルトダウン加工)、
トリガーガードやグリップ前方には荒々しいステッピング
を施しています。



マッチガンではイロイロ装備が付く事が多いのに対し、
このカスタムではセフティをアンビに変え、ホルスターも
要らないようベルトクリップを付けた程度。

カスタムの方向としてはラブレスと同じで、”侘び寂び”
に通じるものがあるのか、ともかく日本では非常に
有名です。

その人気を受け、MGCのモデルガン、このWAガスBLKガン、
そしてBWCでもモデルガンが作られ、特にWAはカスタム
とはいえけっこう何回も(仕様を変え)作られています。

なのでコレは既に珍しいものではないのですが、
手に入ったときは”あのボブチャウがようやく自分の手に”
と感動した記憶があり、自分にとってはやはり”特別な一挺”です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年08月12日

コルト ウォーカーモデル

きょうは自薦トイガンネタ、HWSの古式銃シリーズから
コルトM1847、通称ウォーカーモデルを。



これはコルトのリボルバーとしては第二作目にあたり、
米軍、そしてテキサスレンジャースでもあるウォーカー大尉の
要求に応えてパターソンを改良したモデルですね。

HWSはパターソンに続き、これをモデルアップ、今回のモノは
フレームやラマーなどに美しいケースハードンを再現した
限定生産(でも再生産もあったような、、、ですが)モデルです。



コルトは当時販売不振から自社工場を持っておらず、
ウォーカーも最初は綿繰り機を発明したホイットニー
(当時は子供の代ですが)の工場で生産されました。

ここは軍用銃も作っていたし、互換性部品の考えを
取り入れ、広めていたので、コルトにとっては生産技術を
学ぶ良い機会になったのかも、ですね。



その後自社工場でウォーカーを更に小型化(って元が
大きすぎ!ですが)したドラグーンモデルに進化、
更に.31口径のベビードラグーン、.36口径のネイビーと
バリエーション展開する元のカタチ、ともいえます。

しかし先端にロックがないラマー、フレームに食い込むような
複雑な形のグリップ、ガイドの無い長円型シリンダーストップ
スロットなど、後のモデルには無い形状も残っており、
コルトリボルバーの、いやリボルバーの進化を知るにも
貴重なモデルですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:21Comments(2)お勧めはしませんが

2016年07月29日

タナカ グロック17

きょうは超個人的セレクトネタで、タナカのモデルガン、
グロック17(G17)を。



これはいわゆる2nd型で、タナカでは3rdも作っていたか
と思いますが、ガスBLKではKSCのを持っていたので
(いやMGCの2ndもあるんですが、コッチがよりリアルだし)
ということで2ndを選んでいます。



グロックといえば1にポリマー、2にセイフアクション、
かもですが、装弾数の多さも当時トップクラスで、
G17の17は装弾数を表しているんじゃあ、ですね
(試作数、特許数などの説もあるようですが、
軍の採用型式がPi80で数字は開発開始年では、
そして市販型式に社内の試作をカウントしない
だろうし、特許に至っては製品にすら取得特許を
記載しておらず、どうも”17連発”というベタ過ぎる
名前が恥ずかしいのを誤魔化してるような、です)。

付属カートは確か5発だったので、フル装填が
楽しめるように一箱買っています。



あ、トリガーはリアルメカで、(ハーフ)コッキング
で前進し、ストライカー前進時には後退位置で
止まります。

そしてコッキング状態からトリガーを引くことで
ストライカーが更に後退、解放されて前進する
セイフアクションが再現されています!

普通のダブルアクションと違い、不発時などは
コッキングが必須!ですが、手動安全装置を
廃したシンプルな操作系は魅力ですね。



反対にBLK方式のため疑似ショートリコイルと
なっており、発火時バレルが前進位置のまま
スライドだけが下がり、カート排出時になって
ようやくバレルがショートリコイルするため、
バレルとスライドがロックしないようツライチ
でないところは残念(画像も少しブレた)!

ココは非発火仕様も作ってロッキングさせたり、
両方のバレルを同梱して替えられたりすると
良いカモ!



そしてタナカはマガジンにも拘り、樹脂製のアウターに
鉄のインナーを組み合わせた実銃通りの構造で、
大変軽く、それでいて17発装填してもリップ部分
などが負けない(変形しない)ものを再現しています。



後部の残弾確認穴からも、少し径の小さな鉄製
インナーが見えます。

このあたりも、ガスBLKでは実現できない、
リアルなトコロがお気に入りです。

タナカさんは、ポリマーオートでUSP、
アルミフレーム(実銃)のP220&P226なども
モデルガン化してくれていますが、ハイパワーや
380ガバメントなどはガスガンのみ。

ここらへんもひとつモデルガン化してほしい
(でも、あんまり売れないでしょうね)?!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年07月15日

ポリスポジティブスペシャル

きのう左手の親指と人差し指、そして左足が
攣(つ)りました。
なんでみんな左側なんだ!
(そりゃいつも使わないから、ですよね、、、)

さてきょうは自選トイガンネタで、タナカのモデルガン、
コルト ポリスポジティブスペシャルを。



えーと、かなり名前が長いですが、ポリスの名を冠した
リボルバーはパーカッション式のM1862 .36口径5連発
からでは?で、そこからカート式になって.32口径の
スイングアウト式DAリボルバーがニューポリス、ポジティブロック
(引き金を引き切るまで安全装置が効いている)を採用した
.32,.38口径のリボルバーがポリスポジティブ、.38スペシャルが
使えるようにシリンダーを延長したものがポリスポジティブスペシャル
(あんまり長いのでPPSとします)ですね。



グリップはマルベリーフィールド製(だったと思います)の
木製に替えました。

PPSには.32口径もあり、バレルも4,5,6と揃ってるのですが、
モデルアップされているのは昔から4インチだけ、だったような、、、

日本では2インチのデティクティブの方が(米国でも?)人気ですが、
こちらも3インチはモデルアップするところが無かったカモ、
というくらい”スナブノーズスキー”な方々が多いようです。



まあアマノジャクなのもありますが、少数派=希少=有難い
となるワタクシ、当然PPSはモデルガンもガスガンも(しかも
ABSとHWで)入手してしまったという、、、



デティクティブは以前タナカさんが後期(3rd)型を
作っていたので、そのバレルをペガサス式に移植したヤツ
(左)とも。

出来たらヘビーバレルでエジェクターシュラウドも付いた
後期型PPSも欲しいところですが、このテのリボルバーは
旧型の方が人気らしく、3rdデティクティブを作った時も
モデルアップされてなかった、、、

まあ、少数派=売れない=企画が通らない、でもある訳で、
PPSを作ってくれただけでもタナカさんには感謝
(だって現在オフィシャルポリスも市販されてないし、、、
でもやっぱりバリエ展開は欲しい!ダイヤモンドバックあたり
からでも、いかが?)ですね!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)お勧めはしませんが

2016年06月29日

セキュリティシックス 6インチ

未だにスマートフォンには否定的なのですが、
”ロングタップ”に”ダブルタップ”とか、
PCマウスの”ダブルクリック”から習った世代には、
逆に使いにくい!とか思いませんか。

そのうち”フラムタップ”とか”パラディドル”を
要求されたりして!!
(もはやほとんどに同意を得られない、、、のか?)


あ、さてきょうは自薦コレクションネタで、
WAのセキュリティシックスM117 6インチ
(スーパーブルーメタルフィニッシュ)を。



これは昔リサイクルショップで叩き売りにあっていたところを
保護?したもので、入手価格はWAが在庫処分していた時より
安かったような、なシロモノです。



その後、セキュリティシックスシリーズを収集する契機、
というより本格的にトイガン収集を再開する契機になった、
個人的にはここで真っ先に紹介するべきだったカモ、な
思い出の一挺、です。



お決まりのエジェクター固着はありましたが、
軽く叩けば後退し、分解できたのでエジェクター軸を
削って直し、以後症状は出てません。



一応保護のためにシリコンを塗っていますが、
他社の剥がれやすいガンブルー風メッキに対して、WAの
仕上げは未だ大丈夫で、皮膜はかなり強固なのでは、です。

ただ、他(セキュリティシックス一挺、スピードシックス二挺)
は全てステンレス調メッキなので、タナカのミッドナイトブルー
(但し皮膜は剥がれやすい)に次ぐこの美しい仕上げ、
他にも欲しいところなのですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年06月17日

M1849バーズヘッド

きょうは自己満足的?コレクション紹介ネタで、
自作バーズヘッドグリップ,フレーム付きの
CAW M1849ポケットを。



コレはこちらで制作過程も紹介させていただいたモノですが、
今見るとけっこう隙間や段差がある!(制作時に合わせた個体と
違うモノに換装しているので、若干合わない、という可能性も
ありますが)状態ですね。



当初M1848ベビードラグーンで合わせていたのですが、
現在はその後入手したM1849後期型に付けています。

グリップフレームの青銅材ですが、保管時に擦れていたのか、
下部中央に線が入ったように明るい色のところが出来ています。

青銅は割と白っぽいのですが、酸化してくると黄色味が増す
ようなので、黄銅のトリガーガードと揃えるためにあんまり
磨き直したくない!とか思ってたのですが、現在は青銅の方が
赤身が多い!!

両方とも、少しガンブルーをかけて古美色つけると良いカモ、
ですね。



このバレルは4インチあり、バーズヘッド(ラウンドバット)化
してもあんまり全長は短くない!のですが、そこは.31口径の
ポケットリボルバー、.38口径のM1851あたりと比べると
一回り小さく、十分コンシールドキャリーできそうです。



そのM1851でも3インチスナブノーズ化したり、SAAの
バーズヘッドを付けたりしている(バーズヘッド,スナビー好き!)
のですが、それはいずれまたココで。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年05月22日

S&W M586パワーポートカスタム

きょうは自選トイガンネタで、マルシン
S&W M586 パワーポートカスタムを。



これはABSのバレル上部を削り、パワーポート(コンペンセイター)
を一つ開けた自作カスタムです。

MGCでは3インチに同様のポート付きカスタムを作っていましたが、
6インチには無かった(カスタムが少数販売されたようです)ので、
マルシンのM586が2挺(ABSとHW)になった際に作っちゃいました。



M586はS&WがM19の強度不足とコルトパイソン人気に目を付け、
ちょっと大き目フレームにフルラグバレルを組み合わせ、
ディスティングイッシュドコンバットマグナム(だったっけ?)、
つまり究極のコンバットシューティングリボルバーと名付けて
リリースした意欲作ですね。



個人的には、パイソンのクーリングホールや長ーいハンマースパー
には敵わないのですが、Nフレより小さくKフレより大きな”丁度良さ”、
そしてS&Wの優秀なメカ、と良いとこどり(スマイソンもそうですが)!

そこで、外観上もインパクトを増し、実銃なら反動低減も図れる
パワーポートを追加、と思ってしまった次第です、はい。

まあ、個人的な思い入れですが、その後実銃射撃はコンバットから
タクティカル、と呼び方を変えるようになり、警察の採用拳銃もオートが
主流になるにつれ、”リボルバーとしては優秀”でも、、、という
寂しい状況に。

まあ、その後リボルバーの見直しもあり、少しづつ支持が戻っては
きているようで、M586も、と思ったら装弾数を8発としたM327なんかが
出てきちゃいましたが(爆!)、でもこーいう”エースの看板をしょって立つ
ハズが二軍でも大炎上(おいおい!)”的な気合空回り感のモデル、
応援したくなっちゃいません?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)お勧めはしませんが

2016年05月11日

ハイスタンダードD-100

きょうは自薦トイガンネタ、
ハドソンのD-100 シルバーモデルを。



これは漫画,アニメの「トライガン」とタイアップ、
作品中で、メリル・ストライフが使う銃を再現
したものです。

まあメッキと黒いグリップ色は実物のバリエーションで
存在するので、フツーにハイスンダード・デリンジャー
D-100(マグナムと刻印されてるのでDM-101なんですが、
これにはダミーの22LRが付いてます)ですね。

ちなみに22LRでもD-100とD-101というモデルが
存在するようなのですが、画像見ても違いが判りません!



ともかくこのモデル、パーティングラインも消され、
クロム調のメッキが美しい!

そしてこれは以前にも書きましたが、ファイアリングピン
などを抜いて組んであり、非発火かつダミーカートに
傷(打痕)がつかない仕様になっています。



黒いモデルはHWSで再販されているのですが、
シルバーモデルも作って欲しい!(ハドソン版の
コレも最近見かけなくなってきてるので)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年04月06日

南部式 大型乙

このあいだ、とあるお店で”モヒカン”にされてる
男の子(推定3歳)がその母親とみられる女性に
「なんでちゃんとできないの!」と叱られてました。

まだ反論できないかもしれないけど、”モヒカン”に
”品行方正”を求める方が間違ってない?


あ、さてきょうは個人的趣味嗜好の一挺紹介ネタ、
今回は”モヒカン”社長(現MULE)CAWの
南部式自動拳銃 大型乙です。



これはアノ第一ロットで、シアはまだ折れてませんが、
せっかくなので対策パーツに交換せず、できるだけ
使用しないで保管予定です(笑!)。



しかし、入手したショップではちゃんと動くよう調整
したため、購入時には既に作動跡が付いっちゃってます。
まあ、ショップとしてはキズも困るけど、ちゃんと動かない
のも返品対象なので、作動確認、調整したんでしょうね。



現在、シアを分厚くした第二次ロットが流通していますが、
結構長い事在庫があるような、で、価格がネックなのか、
はたまた十四年式などに比べ知名度、コスプレ利用の
可能性(そんな需要多いか?)低い、ということでしょうか。

このあいだ亡くなった漫画家の望月三起也氏の漫画
「ワイルド7」では隊員の八百が使用し、オッサン世代には
意外に認知度も高いカモ、なのですが。



コレには5発のカートリッジが付属してきました(画像左)が、
ライトが8mm南部弾を複数のバリエーションで作っているので、
それも一種類求めてます(画像右)。

本体が非発火仕様なのでどちらも火薬は入らない構造ですが、
CAW製はプライマーを銅色とし、ライトは戦後米ハンティントン社
が発売したもののようで、銅色の弾頭で底に刻印があります
(ニッケル被覆(ハードキャスト?)版もあります)。

今の在庫が捌けないと、なのですが、グランパの方も
(そうなるとストックも!)期待してるのですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年03月13日

S&W M500

きょうは自薦トイガンネタで、タナカのモデルガン、
S&W M500 8-3/8インチ銃身付きを。



タナカではガスガンが先行し、ウチでも(3+1インチの方を)
ソッチを先に入手していますが、巨大なカートリンジが
装填できるモデルガンはまた格別?の味わいがあります
(某車メーカーではありませんが、「舐めても味はしません」が)。



広角で撮ると、バレルの長さがより強調されますね。
もちろんバレルも長いのですが、シリンダーも
尋常じゃない長さです!



タナカではメッキでステンレスの表面を再現、
キーロックなどの機構面も抜かりなく作り込まれています。



このマズルブレーキは初期型のもので、
S&Wの実物でも現在は3+1インチと同じ物に
変更されているそうです。

現在、タナカではガスガンをリニューアル、
刻印などを変えて10インチ、6インチくらいのハンターモデルなど、
バリエーション展開を見せてくれています。

モデルガンでも、ハンターをやるのかは?ですが、
模型でも”世界最強”の人気は根強いですね。

個人的にも、このでっかいカートを押し込んで
(けっこう抵抗があります)シリンダーを閉じる、
といった操作だけでもナニカ心躍るようなものが
感じられマス。

いや、単純に「大きいことはいいことだ」とは
思いませんが、コレはコレでかなり説得力があります。

でも、ホンモノをバカバカ撃つ気にはとてもなれませんケド(笑)!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)お勧めはしませんが

2016年02月26日

コルト パイソン8インチ

このあいだ、とある草原?で仕事をしていたとき、
周囲にナンダカ白くて円筒状のプラスチックが
あちこちに落ちており、ふと拾い上げてみるとソレは
散弾用のワッズ!

そして時々、「パーン!」と音が(鳥よけの空砲かも)
が鳴り、もし遠くから流れ弾でも飛んできたら、、、
と思うとナカナカのスリルでした。

チキンと言われてもターキーには(的って意味ね)
なりたくない!!

あ、さてきょうは自薦トイガンネタで、タナカ コルトパイソン
8インチを。



パイソンには2.5,3,4,6,8インチのバリエーションが
あり(限定で5インチなんかもあったそうですが)、
タナカでは現在3~6インチをRタイプと呼ぶ改良型で
作っているようですが、、、



準空気銃規制以前には、8インチもラインナップされており、
規制によって6インチと共にパワー調整のリコール?が
かかり(この個体も改修されています)、以後8インチは
作られなくなっています。



上の画像、上が8インチ、下が6インチ(コクサイのグリップに
交換)です。

タナカのペガサス方式では、シリンダーや銃身の
交換が可能なので、3,4インチのガス放出機構に
8インチが組み合わされ、違法なパワーが出ることを
懸念した(現在6インチも同じパーツで規制をクリア
しているようです)のでしょうか?

しかしM500では、3(+1)インチから10インチ(アウター)
まで作っており、パイソン8インチもバレル固定法を工夫
(短いインナーバレルにスリーブを被せ、それをアウター
バレル先で固定)すれは初速増加を抑えられるんじゃ、
とか思うのですが、、、

それが無理なら、弾の出ない(バレルもフレームに固定)
モデルガンで作って欲しいトコロです。

でも、8インチパイソンを出す→パイソンハンター化
→スコープの重みでバレル,フレーム破壊という悪循環が
懸念されるのかも!

現在コクサイもなぜか8インチの製造は止めており、
マルイ(造モ)なんかはとうの昔に廃版、クラウンだけが
8インチ(ハンター)を残すのみ、というのはちょっと
寂しいですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2016年02月12日

1964年型ミリタリーナショナルマッチ

きょうは超?個人的セレクトで、ニューMGC(タイトー?) 
軍用ナショナルマッチ1964年型を。



これはWWⅡ期に作られたM1911A1をベースに、軍(造兵廠の修理,
改造部門)が改造したもので、射撃競技用として一般にも販売された
そうです。



MGCはガバのバリエーションモデル展開で、一般にはあまり知られて
いないこの軍カスタムのナショナルマッチを1962年型、1964年型と
2つ作ってくれました。

この造兵廠によるターゲットモデル改修プロジェクトは戦後コルト社が
ゴールドカップナショナルマッチをまだ作っていない時期から
始まっているのですが、中でも1964年型は”特別な”モノだったとか。

この年だけ、ドレイクのスライド(削り出しらしい)が付けられており、
これが精度が高く、シューターだけでなくコレクターも探し求める
レアなモデルとなったようです。



リアサイトはトライアングルで、これはMGCでも専用をたぶん
削り出しで作っています。

このサイトをメルトダウン加工したものが、有名なボブチャウカスタムに
使われていて、ソッチはガスガンも作られているのですが、
この元のカタチのサイトを再現したトイガンは他に無かった、と思います。



ミリタリーナショナルマッチには初期の固定サイトからイライアソンを
再現したモデルまで幅広いバリエーションがあり、またベースが
M1911A1なのでガスガンでもモデルガンでも作れそうなのですが、
今のところMGC以外で登場していないハズ、です。

今のタクティカルな射撃競技からすると地味で古い大口径ブルズアイ
用なんて、という側面からか、実物もレアなので雑誌などで取り上げる
機会が無く、注目されていないために販売数が見込めないからかも、
ですが、しかしMGCのは再販もあったようですし、更に再現度を
高めた製品なら、欲しいと思ってるんですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)お勧めはしませんが

2016年01月24日

オムニポテント?

きょうは超個人的セレクト、なのですが、セレクトというより
自作部品と複数メーカーの組み合わせカスタム?
オムニポテントを。



えーと、元々は米国のU.S.ファイアアームズ社(USFA)が
コルトのダブルアクションフロンティア(M1878)を模して
SAAをベースに作ったカスタムで、2~7.5インチ
(もっとあるかも?)のバレル長があった(同社は既に閉鎖?)
ようです。

トイガンではハドソンが同社のビズリーモデルをベースに
専用の真鍮製グリップフレーム、木製グリップを作って再現、
しかし名前は商標問題があったのか”オムニポテンシャル”と
なっていました。



コレはそのハドソン製モデルガンをベースに、
ハンマーを自作でM1878(オムニポテントはハドソンと
同じくビズリー型もあります)に近い形にし、
シリンダーはHWSのモノを少し削って組み込みました
過去の記事)。



HWSとハドソンではシリンダーのフルート溝形状が違い、
これが換装した理由ですが、HWSでもタナカ用に作られた
シリンダーはそのまま合いそうです
(但しボルトの調整が必要)。



前回チェッカリングツールの記事を書いていますが、
このハンマーがウチのチェッカリングやすり加工第一号です。

曲面にチェッカーなので、端は曲げヤスリで切ってますが、
あまり深く彫れず浅くなってます(汗!)。

ただ、実物のチェッカーがクッキリハッキリ綺麗に整っているか、
というとそうでもないようで、端部なんか豪快にヤスリ目が
残っているものが海外画像では見られます(言い訳?)。



グリップフレームは梨地で真鍮素材そのまま、だったのですが
これはフレームと同じ艶消し黒に塗装、シリンダーはABSで
色味が違うため、こちらは紙ヤスリで少し研いでヘアラインに
しています。

HWSのシリンダーはHW版も入手しているので、このカスタム、
まだまだ姿を変えていくかも、なのですが、こうなってくると
ベースのオムニポテンシャルがもう一個欲しいトコロ、、、
(でも最近結構強気の価格になってるような!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)お勧めはしませんが

2016年01月11日

コクサイ ブラックホーク357

君は前足を上げ、大きく伸びあがりながら
「ケケケケケ!」と鳴いて威嚇する猫を
見たことがあるか!

実は私も見ていない(えっ、、、)

あ、さてきょうは極個人的推しガン?紹介ネタで、
現在絶版のコクサイ スタームルガー ブラックホーク
.357マグナムを。



日本ではブラックホークはモデルガン黎明期?から
モデルアップされていたような、ですが、第二期のブームでは
漫画「ドーベルマン刑事」で使われ、ハドソン,ウエスタンアームズ,
スズキ,そしてこのコクサイと競作され、ウエスタンアームズは
スーパーブラックホークのみでしたが(しかも新型!)
他は今回の主役?357マグのブラックホークも作っていました。



コクサイの.357ブラックホークは6.5インチのABS製で、
木目がプリントされたプラグリップ(これは”スーパー”も同じ)、
フルートが刻まれたシリンダー、ナロータイプ(ワイドでない)
のハンマー、ラウンドタイプのトリガーガードなどを備えています。



スズキ(画像左)も6.5インチの.357ブラックホークを作っていますが、
チェッカーのあるグリップで、トリガーが若干幅広です。

コクサイブラックホークは、実は44マグ用のシリンダーが
付きます(下の画像)。



スズキは専用フレームだったのか、それともシリンダーサイズが
同じだったのか?ですが、シリンダーギャップがほとんどないのに対し、
コクサイは大きく(シリンダーだけを短くした?)、このように44マグと
互換性があります(自慢にならない?)。



最後は現行唯一の(スーパー)ブラックホーク、マルシン製と。

なんだかんだはありますが、現在は作られていない.357の
ブラックホーク、これからも大切にしていきたいと思います。

と、去年まではこういう絶版状態のモデルの再販を願って
締めていたのですが、もう復活は望み薄、だろうし、
これからは現在残っているモノを大切に残していこう、
という姿勢も大事なんじゃあ、と思うに至ってマス。

実はウチのブラックホーク達も、多くは発火済み(いや当時は
”発火させるのが目的”で作られ売られてたので、まあ当然)、
また金属の上に樹脂を被せたいわゆるテンプラ構造は
クラックなども入りやすく、既に作られてから数十年、
今や置いているだけでも壊れていく存在!!

確かに最近の設計のモノとは精度や再現性など
至らぬ部分はありますが、それこそ新規にモデルアップが
無いような場合、やはり貴重な立体模型、それにモデルガンの
歴史を遡る資料でもあります。

旧いモデルガンをお持ちの他の皆様も、できるだけ長く
維持保存できるようにお互い頑張りましょう!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)お勧めはしませんが

2015年12月16日

M945コンパクト スパイダー

きょうは極私的趣味嗜好の一挺紹介ネタで、
KSCのガスガン S&W M945コンパクト ”スパイダー”を。



KSCのM945シリーズは、フルサイズとコンパクト、それに
ソレゾレのカスタムモデルがあるのですが、
このスパイダーはS&W M39をベースにしたデベルカスタム
を参考にKSCが考えたカスタムです。



M945はもともと、S&Wのカスタム部門であるパフォーマンス
センターで作られており、スケイルド(鱗状)セレーションなど
各部がシャープでエッジが効いた造形です。

KSCではパーティングラインを消すためにマシン加工を用い、
更に樽状のスフェリカルブッシングを再現、ハンマーなどを焼結
で耐摩耗性に優れた合金を使用するなどし、M945の造形
だけでなくキレの良いトリガーフィーリングまで再現に拘ってマス。

このスパイダーでは更に軽量化溝(フルート)と残弾確認窓など
が追加され、表面も高級感溢れるシャンパンゴールドで
仕上げられています。



画像左がスパイダー、右がノーマルのコンパクトシルバーです。
KSCでは完全限定のクーロンや通常のバリエでジョーカー
作っており、実は4つほど集めちゃいました(爆!)。

できたら次はレバー類もメッキするとか、新しいサイトをなどと
期待してはいるのですが、、、

でも、M945ではスパイダーを始め再生産されているものが
あるので、展開も絶望的では無いんじゃ(いや、本家S&Wが
既に製造を止めちゃったみたいなんですケド)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)お勧めはしませんが

2015年11月27日

トルーパーMkⅤ

きょうは自選トイガンネタで、KSC トルーパーMkⅤ 6インチを。



これはKSCの最初かつ現在まで唯一のリボルバー(モデルガン)、
キングコブラのバリエーションとして登場し、ピースキーパーと
差別化するため本体をニッケルメッキとし、アルタモントの木製
グリップを奢られた豪華な”スペシャル”仕様です。



HWにメッキが難しかったためABSで、やや軽いのが難点ですが、
KSC製品の特徴ともなったパーティングラインの機械加工仕上げは、
艶のあるメッキ処理によって切削跡がクッキリ!!
(トリガーガード内側あたりにご注目ください)。

価格はノーマルのキングコブラと比べると高価でしたが、艶消しなら
多少のアラはわからないところ、きちんと仕上げてメッキ(これも
歩留まりが悪い)、そしてグリップの差額などを考えると、”儲からない”
モデルだったのかも!

逆に購入側としては、これらの要素を考えるとお買い得、
だと思いマス!



一応今もラインナップに入っており、KSCさんは、少し前に
キングコブラを再生産したし、アルティメットブラック,シルバーの
キングコブラのような限定生産ではなく、たぶん今後も作られるハズ、
ではありますが、MkⅤシリーズの知名度、人気の点で、ナカナカ
売れない→作れないのかも、ですね。



最後は同じクーリングホール付き、ラグ(ウエイト)削り落しバレルの
ピースキーパー(ホーググリップに交換)とも。

MkⅤでは、できたらパイソンバレルを付けたボアやグリズリー、
そして固定サイトのローマンなどのバリエーションを作ってくれたら、
とか思っているのですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2015年11月01日

JフレームにKサイト

きょうは超個人的セレクト、なのですが、
今回はセレクトというより自作?S&W Jフレに
Kフレの調整式サイトを付けちゃったヤツを。



モノはタナカのガスガン、M36パフォーマンスセンターカスタム
3インチに、これまたタナカのKサイトを付け、バレル下も少し削って
M19のイメージに近づけてみました、的な。



同じJフレでもコンシール性を追求している?センチニアルと。
Kサイトのおかげで照準は数段見やすくなってますが、
コンパクト、という点ではサイトだけでもカナリ異なります!



KフレのM19 2.5インチと比べて。
Kフレ固定サイトのM10辺りとM36ではかなりサイズが違うと
感じられるのですが、調整式サイトを付けるとあんまり差を
感じなくなるという不思議?!



実銃でも(専用のようですが)調整式サイト付きJフレがあり、
22口径のキットガンや.38口径の5連発(チーフスペシャル)まで存在したそうです。

でも、ターゲット用なら小さい必要はないし、調整式サイトがかさばるので
コンパクトさが失われている、、、

現在、調整もドブテイルくらいで、フルアジャスタブルサイトはあんまり
流行してないようですが、Kサイト全盛時代?を過ごしてきたワタクシとしては
ガバはもちろんJフレにも付けたかった!
ええ、個人的な、自己満足ですよ!!
でも、メーカーさんが(Jフレ専用の)調整式サイト付きを作ってくれたら、
と、今も思ってるんです。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:31Comments(0)お勧めはしませんが

2015年09月16日

コルトウッズマン飛葉モデル

きょうは個人的に好きな銃を好き勝手に紹介する?ネタで、
CAW ウッズマン 飛葉タイプカスタムを。



今回、また背景に赤い布をあしらって(って良く使う言葉だけど
語源は”軽くあしらう”と同じ?)みました。

あ、フレームのランパントコルトは、MGC時代の金型彫りから、
レーザーで後加工に替えられたようですね。



22LRのダミーカート(クラウン製)とも。
飛葉タイプというのは、漫画「ワイルド7」の主人公が使っていた
ソードオフされたモノを再現しているのですが、今回のモノは、
更にワイルド7ロゴの入った木製グリップ(これもCAW製)を
装着しています。



まあ漫画上でもこのようなロゴ入りグリップは出てこない!のですが(爆!)。
このタイプのカスタムは、MGC時代のモノを自分で切って作った事もあり、
更にCAWのコレをもう一つ入手していて、そちらはアクロサイトに替えたり、
と結構イロイロ弄ってマス。

MGC時代にも、ヘビーバレルで短いモノ、リブまで付いた「新ワイルド7」のモノ、
などが発売され、またサイレンサー装着を再現したモノやヘビーバレルなど、
まあとにかくたくさんウッズマンはカスタムモデルがあります。

CAWでも同じカタチで再販されたものは、ランパントマークが円で囲まれ、
バレルやシリアル刻印が無いそうです。



コクサイのウッズマンとも。
これらは共に2ndのフレームに3rdのしかもイライアソンが付いたスライドを
組み合わせていますが、このようなモノが実物にあったか、というと?です(笑)。

もともと六研が真鍮モデルガンを作ったときにこの仕様だったのですが、
たまたま2ndのスライドが壊れて3rdのものを移植したか、
それとも上下左右調整できてサイトピクチャーも良いイライアソン付き
スライドにわざわざ替えたモノから採寸(もしくは写真コピー?)したのか、
はたまた”この組み合わせにしたかった”からアレンジしたのか?
ともかくモデルガン界では定番になってしまったという(爆!)。



まあ実物2ndでアクロ初期型が付いた過渡期のモデルは少数ですが
実在(生産された)したので、そこに(更にオプション設定の)
イライアソンを付けた、という可能性(画像などは今までお目にかかったこと
ありませんが)もあり、それなら一応工場からその姿で出たハズなので、
一概に”架空銃”もしくはカスタムだったとは言い切れないのですが。

コレにはFサイトが無く、個人的にはちょっとスッキリせず、
また逆に長めのクラウン3rd6インチスポーツモデルが一番好みかも、
なのですが、上記のようにイロイロ手を加えたり、常にやってるモデルなんです。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)お勧めはしませんが

2015年09月02日

タナカ コルトパイソン ミッドナイトブルー


今夏、T氏とお揃いのM1917を購入し、
不純同性交友疑惑が報じられた赤い猫RRⅢは、
本日声明を発表し、
「あくまでモーホーではない」と否定した。
しかし同時に、ドールとの関係については
「あくまでモーソーです」と一方的に好意を寄せている
ことを認めた。
そのうえで「一連の発言はパロディで他意は無い」とし、
コピペ疑惑の某氏とは違うことを強調しているが、
巷では「新たな恥ずべき痴態」などと物議を、
醸してないよね?!


あ、さてきょうは超個人的セレクト、ですが、今回は割とフツーに
お勧め、かも。



モノはコルト パイソン6インチです。

ただ、このタナカ ガスガンの仕上げ、ミッドナイトブルーに
個人的には非常に拘りがあったりします。



タナカさんは現在HW樹脂にメッキという難しい仕上げのジュピターも
作っていますが、ミッドナイトブルー仕上げは少し前に廃され、ミッドナイトゴールド、
スチールフィニッシュと変更され、現在最もコルトのロイヤルブルーに近い、
と思うこの仕上げは作られていません。



コレもメッキが剥がれやすかったのか、部分的に銀色になっちゃっている
個体を見かけますし、スチールフィニッシュは強度的にも優れている
ようなので、変更は止む無し、かもなのですが、個人的には、特にパイソンなら
このフィニッシュ、です。

上手い具合に?パイソン6インチは同じものが2丁入手できたこともあって、
現在こちらはハンマーの側面を磨いてシルバーに、木製グリップに替えて楽しんでます。

ジュピターならモデルガンも、そして重さも!得られるカモ、なのですが
メッキが傷みやすいようなのと、価格が、、、で二の足を踏んでしまいます。

出来たらモデルガンでミッドナイトブルー(薄目のガンブルー)を復活するか、
スチールフィニッシュでも、と思うのですが、イマサラ、なのでしょうか?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)お勧めはしませんが