2017年08月16日

「ゴキブリ刑事」~鳴神涼

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
1973年の「ゴキブリ刑事」より、渡哲也演じる主人公の刑事
鳴神涼の拳銃を。



まず、鳴神が支給され携帯しているのはこの映画の前年
発売されたMGCのハイウェイパトロールマン41。

画像は基本的に中期型ですが、映画と同じくMGCのモノです。
映画では、後のコクサイ製のようにグリップが黒く塗られている
ようですが。



映画では、シリンダーから弾頭が覗くプロップが使われている
シーンが見られます。

銃器のテクニカルアドバイザーは、この映画に出演もしている
トビー門口で、ちょうど自身のキャリアの初め頃(1972年から
映画出演しているようです)カモ。



そして鳴神が撃つ訳ではないのですが、映画のストーリー上、
大きなカギとなる米軍払下げの警察官用コルトM1911A1。

今回はマルイ製ガスガンに登場願いましたが、映画では
やはりMGCのGM1か、電着式のプロップのようですね。

これもちょうど?DVDの盤面にUPで印刷されているのですが、
スライドのセレーション部分にヘックスボルトが付き、
(ディスコネクターの為?)そのセレーション下部も少し
削られているような、です。

あ、映画は翌年続編も作られているのですが、主演の渡哲也さん、
角刈りでスーツにティアドロップのサングラス、そして言葉少なな
熱血漢?、というスタイルが後の「大都会PARTⅡ」や「西部警察」
そのまま!
これでキャラクターが確立されちゃったカンジですね。

少し年齢的には?、ですが、渡哲也主演でこの時期に映画版
「ワイルド7」が作られてたら、またどちらも違った展開になったんじゃ、
とか思っちゃうんですが(あ、でも結局レミントンM31をブッ放すコトに
なりますネ)。

しかし、わき道に入ればまず無舗装で、あんなに綺麗な格好
してられなかったんじゃ、というカンジの町並みが描かれており、
昔のニッポンはこうだったよなあ、などと妙な所で”昭和の匂い”
(というより埃っぽさ?)を思い出してしまいました(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:00Comments(0)あのひとのGun

2017年08月04日

「ビバリーヒルズコップ」~アクセル・フォーリー

きょうは映画の登場キャラクター使用銃ネタで、
「ビバリーヒルズコップ」からエディ・マーフィー
演じる主人公、アクセルフォーリーの銃を。



ジャケットの画像ではコルトガバメントのようですが、劇中
アクセルが愛用しているのはブローニングハイパワーで、
スパーハンマー付き、なのですがMkⅢになる前(いや
アンビセフティや前後ドット付きのサイトを導入したMkⅡ
ですらない!)のモノ、ちょうどタナカのガスガンでも
再現されていないので、スパーハンマーになる前の
コマーシャル(画像 左)とスパ-ハンマーのMkⅢ(画像 右)
2つにご登場願いました。



マルシンはいっとき10種類!くらいのバリエーションを
出していたので、MkⅡになるまえのハイパワーも
あったカモ。

まあ、この2つで”ニコイチ”をやれば可能なんですが
(スライドもMkⅢの外装式エキストラクターが正解)、
ハイパワーって、ハンマーの分解となると結構手間、
MkⅢはアンビセフティの一方を小さなイモネジで
止めていたり、なので”ニコトモ”出演に(爆!)



あ、アクセルはイサカのショットガンも奪いますが、
これは発砲しなかったと思うのでパス(よく宣伝
画像に使われてたり、はするのですが 笑)です。

映画について、ですが以前「コブラ」でご紹介した通り、
当初S・スタローンの企画で進んだものが変更され、
スタローンはシリアスもので「コブラ」、E・マーフィは
コミカルな路線でコレを演じ、パート3まで作る大ヒット
となったそうです。

セレブの街ビバリーヒルズに口八丁手八丁?の
ダウンタウンからきた刑事、の方が”ハードボイルド”
タッチでいくより絶対面白い!とは思いますが、
企画の違いはあれ、コブラのけん銃も9mmの
ナショナルマッチで、ハイパワーとはつながりを
感じますね(え、感じない?!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2017年07月23日

「兵隊やくざ」~大宮貴三郎

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、
「兵隊やくざ」から勝新太郎演じる主人公、大宮貴三郎の銃を。



この映画は第二次世界大戦中の旧日本軍を描いていて、
新兵で入ってきた貴三郎の装備は三八式小銃です
(画像はタナカのガスガン)。





そして後半、将校のモノを掠め取った女郎から譲り受ける
コルトポケット32(ハンマーレス)。

映画では、明らかに撮影用のプロップですが、
画像はMGCのモデルガンにBWCのグリップを付けたもので。



一緒に活躍するシーンは無いのですが、
2つを並べてみました(笑)。



この映画、日本軍の戦闘シーンなどはなく、
専ら”味方同士”の乱闘に終始するのですが、
映画とはいえ、やくざだった貴三郎より、”軍人”達の方が
ずっと”こすっからく”横暴で、タイトルは軍隊に入ったやくざ者、
の事のように見えて、実は軍人がやくざよりずっとやくざ的
という事を描きたかったのでは、とも思えます。

映画は勝新太郎の三大”はまり役”になり、シリーズ化した名作、
見た事ある方も未見の方も、この機会にひとつ、とお薦めして
締め、とさせていただきます、はい。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:02Comments(0)あのひとのGun

2017年07月12日

「逃亡者」~ジェラード

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、「逃亡者」(The Fugitive)
から準主役?のトミー・リー・ジョーンズ演じる連邦保安官補
サミュエル・ジェラードの拳銃を。



ジェラードはグロック信奉者で、予備の1挺も同じモノ!
更にスピンアウト編「追跡者」では同僚もグロックに
揃えさせているようです。

これはグロックG22、とするところもあるのですが
(「追跡者」では40S&Wを使うG22のようです)、
コッチでは明確に語られていたり、スライド刻印が
読めるシーンも無かったような、です。



なので基本のG17、それにG22といえば、
のマルイ製は3rdなので、画像はタナカの2nd 
モデルガンで。



現在では”ポリマーオート”という一つのジャンルを
確立し、いやそれどころか軍,行政機関の
”スタンダード”となって、主要メーカーは必ず
クローン?をラインナップしているくらい
メジャーになったグロックですが、「ダイハード」と
この映画(シリーズ)が知名度向上?と普及に大きく
貢献したんじゃあ、ですね。

いつものように内容には触れない、といいながら、
この映画は往年のTVドラマに新しい要素を
上手く組み合わせ、現代版(当時)とした成功作では?です。

という訳で?!未見の方も、昔見た、という方も!
お勧めさせて頂きますです、はい。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)あのひとのGun

2017年06月30日

「グライド・イン・ブルー」~ウィンターグリーン

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、「グライド イン ブルー」
から、主人公ジョン・ウィンターグリーンのリボルバーを。



まず映画のタイトルですが、原題ではエレクトラグライド、
つまり白バイ用ハーレーの機種名からきているのですが、
長過ぎると判断したのかグライドだけになったような、です。

でも、グライドだけだと意味不明!(直訳はグライダーの
ように「滑空する」だし、哀しみを抱えて青空を自由に飛ぶ、
という映画じゃないし!!ハーレーにはエレクトラより
廉価版のスーパーグライドもあるし!!!
とか考えなかったんでしょうか?)
ですよね。



ともかく白バイ警官ウィンターグリーンの仕事用装備は
なんと黒銀ツートンのパイソン!

この映画、低額で作られたようなのですが、どーして
このようなレアなカスタムが!!
(注:監督の私物だったそうです。)

あ、この為にタナカのガスガン、ニッケルとABSを
ニコイチ化(バレルとシリンダーをニッケル仕上げ)して
合わせてみました。

ニッケルメッキのバレル&フレームは、めっき厚のため
少々嵌め合いがきつくなってますが、なんとか分解,
交換出来ました(撮影後、さっさと元に戻しましたが)。

実銃でも、手入れが悪くて傷んだバレル&シリンダーを
交換してもらうときに、「ついでなので替える部品だけでも
ニッケルに」とか頼めたのでしょうか?
(注:この仕上げでショップカスタムとして存在したそうです)

パイソンは知りませんがS&Wなら昔Gun誌に同様の
”ツートン”があったように思います。
更に現代の軽量合金併用モデルでは、仕様として
ツートンカラーもイロイロありますね。



さて、私服(刑事の助手)のウィンターグリーンが
手にするのはデティクティブです。
これはどうやら旧型のブルー仕上げ(でも仕上げが
いいのか良く光ってます)、画像は同じくタナカ製ガスガンで、
スチールフィニッシュのものです。



この映画はミュージシャン畑出身のジェームス・ガルシオ
初監督作品で、素晴らしい曲とロングショットのエンディング!
ですが、ワタクシ、公開当時は知らず!いやあんまり有名に
ならなかったような、ですね。

現在は(このように)DVDが出ているので、
興味を持たれた方は是非ひとつ!

あ、今回でついにこの企画「あのひとのGun」も
100回を迎えました。
思えばメジャーどころをあんまり登場させず、ともすると
マイナー映画,アニメ紹介になったり、ですが、これからは
もうちっと”有名作品”も取り上げていこうかと思います
(でもやっぱりマイナーだけど変わった銃登場とか、
隠れた名作もほとんどヒトバシラー!のB級も、
捨てがたいんだよなぁ、、、)
どうかまたひとつ宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2017年06月18日

「エンジェルビーツ」~仲村ゆり

きょうはキャラクター使用銃ネタで、TVアニメ「Angel Beats!」から
主要人物の一人仲村ゆりの拳銃を。



死後の世界にある天上学園にきた主人公、音無結弦が初めて出会った
学生で、「死んでたまるか戦線」(当時!)のリーダーである仲村ゆり
は、冒頭チェイタックM200狙撃銃を使っています。が、ウチには
こんなの無い!ので省略、次に音無の為に用意したグロックG17を
試射しているのでこれから。



登場願ったのはタナカのモデルガンです。
ゆりはDVDパッケージ画像でも後述のベレッタと共にG17を
持っています。



次に、ゆりがメインで使用するのがベレッタ。
これはM92でブリガーディア(強化型)スライドを持ったシルバーの
モデルで、WAでは再現モデルを販売していた!そうですが、
手持ちのWA M92F INOXとエリートⅠAを組み合わせて。

製造時期の違いか、シルバー塗装の色合いがかなり違いますが、
実物ではスライドとフレームは素材から違い、メッキでなければ
当然色合いは異なるので、リアルといえばリアルかも(笑!)。

更に大きな違いといえば、スライド刻印がちょっと違いますが、
形は再現できたんじゃ(苦笑!!)。



2挺を元に戻したところ。
あ、アニメのストーリーはいつものように”見て頂く”ということで
割愛しますが、このアニメ、少し古いですが結構人気があったようで、
視聴する機会(入手性)は多いんじゃ、です。
皆様も宜しければひとつ(宣伝?)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)あのひとのGun

2017年06月07日

「普通じゃない」~セリーン

きょうは映画のキャラクター使用銃ネタ、
今回は「普通じゃない(A Life Less Ordinary)」から
キャメロン・ディアス演じるブッとんだ主人公(の一人)
セリーン・ネヴィルの銃を。



まず冒頭、セリーンが使うのはニッケルプレーテッド
(メッキ)のコルトパイソン4インチ。

これにはパールのサービスサイズグリップが
付いているのですが、ちょうどウチでも同じモノが
(って、このネタにもなるからグリップは買ったんですが)!

本体はこのあいだのショットショーで入手したタナカの
ガスガンです。



次に(回りまわって?)ユアン・マクレガー演じる
ロバートからセリーンの手に渡るのはS&Wの
ステンレス4インチリボルバー。

これは映像を見る限りM67(テーパードバレルで
エジェクターロッドシュラウドがない)なんですが、
ナゼカM66としているトコロがあり、またトイガンでは
(M15はともかく)M67は出てないハズ!なので
M66説に乗っかって(おいおいっ!)。

これはコクサイのモデルガンにマルベリあたりの
木製グリップを付けています。



そしてM92SB。
これも映画ではニッケル仕上げのピカピカなのですが、
手持ちのメタルブルー仕上げ(スズキ モデルガン)で。



最後はSAAの7.5インチ(キャバルリー)。
これはイロイロ手持ちもあるんですが、今回はタナカの
ガスガン(カート式)にご登場願いました。



セリーンが使うモノではないのですが、映画ではH&K
G3SG1の茶色いハンドガード&ストック、といったモノも
登場します。

この映画、SFラブコメ?といった風情の、まあシリアスとは
無縁の展開なのですが、上のように銃器は充実しており、
ガンファンも結構楽しめるんじゃあ、です。

主演の二人もまだまだビッグネームになる前、で、監督は
これがハリウッドデビュー作、と”活きの良さ”が全編に
感じられる作品です。
もし未見でしたら、ひとつ!
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2017年05月26日

「東京無国籍少女」~藍

きょうは映画登場キャラ使用銃ネタで、
「東京無国籍少女」から、清野菜名演じる主人公、
藍の銃を。



まず藍が手にするのは敵から奪ったMP-443グラッチ、
近代?ロシア軍制式のこんな拳銃、当然トイガンでは
モデルアップされておらず、映画ではSIG P226を
ベースにカスタムしたそうです。

ということで、ウチでもP226(タナカのRF ガスガン)を。



次にライフルですが、本体はフラッシュハイダーの形状、
ストックのフルート(溝)からAK74と思われます
(画像右がAK74、左がAKM これらはトイスターの
エアコッキングガン)。 

ただ、次々敵の銃を奪っていくので、AKMっぽい個体、
更にAK74でも全体に黒っぽい個体が確認されます。



映画では赤い樹脂製マガジンではなく、黒い鉄製と
思しきモノが付いています(これも黒くても樹脂製っぽい
モノが登場することも有り)が、トイスターはAKMと
AK74でマガジンに互換性がある(実射は試して
いませんが、とりあえず付く)ので、交換してみました。



更に銃剣を駆使するのですが、本来AK74に付くはずの
6kh4ではなく、AK47用の6kh2が付いっちゃってマス!



画像はトイスターAK74にアリイ(現マイクロエース)の
AK74バヨネット(6kh4)を付けたところ。

トイスター,アリイ製品の元はエルエスなので、ガタなく
ピッタリと装着出来ました。

画像のようにAK74のハイダーは大きいのですが、
前部が細い径になっていて、ソコにバヨネットの穴が
嵌るため、もしかすると映画のように旧型のAK47用銃剣が
使用可能なのかも、です。

映画では他にRPGも使うのですが、
まあアレはもう”銃”じゃないし!(割愛!!)

あ、いつものようにストーリーはDVDを見ていただく、
ということで。

清野菜名さんは、現在TVCMなどにも活躍の場を拡げていますが、
ガンファンとしてはアクション(銃を使う)映画にモット!
出て欲しいですね。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2017年05月17日

「WASABI」~ユベール

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、前回と同じく仏映画
(但し日本との合作で、コメディ?ですが)「WASABI」から、
ジャン・レノ演じる主人公、ユベール・フィオレンティーニの
拳銃を。



まずユベールが仏警察官として使うのがS&W M686。
映画では8-3/8インチカモ、ですが、トイガンでは6インチ
までしか出ていない、、、
またグリップも映画ではパックマイヤーのプレゼンテーション
のようですが、とりあえず見つかったグリッパー(フィンガ-
レスト付き)を付けたMGC モデルガンで。



次に日本で使うのは珍しいトーラス レイジングブル。
こちらはマルシンのガスガンですが、もしかすると
日本国内撮影で使われたカモ
(ゲームセンター,銀行内部のシーンはフランスで組んだ
セットのようです
あ、コチラはM686とは逆に、映画は6.5、
コレは8.375インチです)。



そしてベレッタM92F。
映画では、トリガガードにレーザーサイトが付いています。
コレ、立派なファイアリングがあり、BLKするので
日本製トイガンではなさそうですが、画像はマルシンの
モデルガンで。



あ、パッケージ写真には裏焼きですがスタームルガーの
アラスカンモデルが出ており、銀行シーンでもスタームルガー
らしき銀色リボルバーが見られます。

また357マグナムのダットサイト付き、といったカンジのものも
劇中登場しますが、、、

といいながら?ストーリーはいつものようにDVDなどを見てください、
ということで。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2017年05月05日

「サムライ」~ジェフ・コステロ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
1967年にフランスで制作されたフィルム・ノワールの名作
「サムライ」(原題;LE SAMOURAI)から、
アラン・ドロン演じる主人公、ジェフ・コステロの拳銃達を。



まずジェフが”仕事”用に渡されるのはS&W ミリタリー&ポリス
の旧型で、映画では4インチのようですが、手持ちは5インチ!
しかないのでコレ(HWS モデルガン)で。



そして途中敵から奪うのはコルト M1911。
これはMGCのモデルガンです。



最後に手にするのはまたミリタリー&ポリス4インチなんですが、
こちらは当時の現行型です
(画像はコクサイ モデルガンに実物グリップ)。



ついで?なので新旧ミリタリー&ポリスを並べてみました。
ハンマーとサイドプレートの固定スクリュー、グリップ、
Fサイトに加え、エジェクター,サムピースまでも違います。

そしてこれはメーカーの仕様、なんですが、HWSは艶消し、
コクサイは艶ありの表面です
(仕上げは各社様々なモノがあります)。

ホントはこの間にまだハンマー形状の違うモデルもあるんですが、
ちょうどこの映画には出てこないし、模型も現在は無い!です。



あ、いつものようにストーリーはDVDを見ていただく(BDも出てる?)
ということで。

意外にもA・ドロン出演作を3つも取り上げてますが、
やっぱり銃が似合うだけでなく(笑)、ナゼか取り上げやすい機種
(S&W M15,ミリポリにM1917、そしてM1911)が出てくるんです!!
とかいいながら今回はバレルが1インチ長かったんですが(爆!)

A・ドロンは銃コレクターでもあったそうですが、アメリカ製を
好んでたのかな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)あのひとのGun

2017年04月23日

「裏切りのサーカス」~スマイリー

きょうは映画登場キャラ使用銃ネタで、
冷戦時の英国諜報部を描いた2012年の(リメイク)映画、
「裏切りのサーカス」からゲイリー・オールドマン演じる
主人公スマイリーの拳銃を。



ストーリーはいつものように見ていただく、ということで(笑)、
この映画、頭脳戦なのであんまりドンパチは、、、ですが、
ともかく面白いので未見の方は是非一度。



老スパイ、スマイリーの手にするのはワルサーPPK。
当然、戦後なのでマルシンの戦後タイプにご登場願いました。



あ、他にも若い方(笑)はコルトコマンダーとか、ブルーノらしき
ライフルとか、東側のトカレフとかハンガリーのPPコピー?なども
登場します。

1979年版も見てみたい、とか思うのですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:30Comments(0)あのひとのGun

2017年04月12日

「橋」~ユルゲン・ボルフェルト

きょうは映画ネタで、なんと1959年のドイツ映画、
「橋」(原題;Die Brücke)からフランク・グラウブレヒトという
少年が演じたユルゲン・ボルフェルト(ボーチャードとは微妙に
綴りが異なります)の銃を。



この映画はWWⅡ戦末期に徴用されたドイツ人少年達の姿を
描いたものですが、いやこうなる前にナチスドイツは民族”浄化”を
やっていたり、ほぼ同じ時期に我が国は少年どころか少女まで
徴用され、あげくに”特攻”や”自決”を迫られたり、ということを考えると、、、
いや少年達に罪が無いのは同じなんですが。

あ、ストーリーはネタバレにもなるのでここでは止めておいて
(未見の方はDVDを見てね)、まずユルゲンが手にするのは、
彼の父親が持っていたワルサーPP(画僧はマルシン モデルガン)。



そして銃の手入れの訓練?ではKar98kでしたが、実戦では、なんと
(当時最新型の)Stg44を使います(画像はデニックス)。



映画ではStg44を短機関銃のように軽快に?撃ってますが、
デニックスはなかなかの重量級で、この撮影のために動かすだけでも
けっこう大変、実物も重さは変わらないカモ、なので、子供には
かなり重い銃だったんじゃないかと思うのですが、、、
(でも劇中、少年達はMG42まで撃ってるんです!!)

Stg44が登場する映画、というのはかなり珍しく、他には、
おっとそのうちココでまた紹介予定です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2017年03月31日

「RETURN」~古葉完治

きょうはスマホ向けドラマから派生した異色の映画、
「RETURN ハードバージョン」(2013 UULA)より、
主人公 古葉完治の武器を。



遠く南米まで逃避行をしていた古葉が、日本での”仕事”のため、
手に入れた武器は拳銃ではなく、旧日本軍の三十年式銃剣。

これはメッキ刀身ですが、映画では黒染めの、まさにゴボウ剣、
といったものを使っています。

古葉はクライマックスにコレを鞄に潜ませて敵と対峙するのですが、
単なるドス(短刀)でなくワザワザ鍔(更に叉銃フックまで!)付きの
銃剣にしたのなら、ソコも活用して欲しかった!!カモ。

でも、椎名桔平さんの舞のような華麗な戦闘シーンは”この映画を
見る価値”というか、実は一番の主役はこの三十年式銃剣では
ないかと思うほどの大活躍です。



あ、劇中、古葉を追う御殿川仁子(赤間 麻里子)のオフィサーズと
思しきオートを使いますが、コレは一度っきりで、他のキャストは
拳銃をブっぱなしまくる!!のとは対照的(それで余計に銃剣が
際立ってくる?!)です。



あ、画像はMGCのS80(その時代のメダリオン付き)オフィサーズです。
グリップスクリューを六角穴付きに替えてありますが、一応ノーマル、
そういえばWAのガスBLKも手元にあったハズですが、まあ、今回は
銃剣が主役!だし(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2017年03月19日

「真夜中の刑事」~マルク・フェロー

きょうは映画のキャラ愛銃ネタで、1976年のフランス映画、
「真夜中の刑事」(原題;POLICE PYTHON 357)から
イブ・モンタン演じる主人公、マルク・フェローのパイソンを。



映画では「実は主人公はこの銃だ!」とばかりにアップになり、
冒頭から弾薬のリロードシーンがあったり、とガンファンを唸らせる
要素満載!



あ、画像はコクサイのABSで、映画と同じ4インチに3rdの
オーバーサイズグリップ付きです。

今回、オリジナルグリップのメダリオンに金色を塗って
リアリティをUP!させてみました。



と、いいつつタナカ(ガスガン 画像右)も。



更に映画に出てないけど、6インチ(コクサイ 右)も。

あ、映画の方に戻って(笑)、
フェローの自宅ガンラックにかかっているのは、M1911とCz27、
S&Wの旧型ミリタリー&ポリス、といったところでしょうか。

これらの横にあるショットガンは、映画「ゲッタウェイ」でも使われた
ハイスタンダードのようです。

そして更にその横にあるライフルはツイステッドバレルと
ボルトハンドルの形状から、ステアー・マンリッヘルじゃないかと。

映画のストーリーはネタバレになるのでおいといて、
この映画、どうやら「ダーティハリー2」あたりをかなり意識してるような、
ですが、シリアスなんだけど(失礼!)一歩間違うと”ドタバタコメディ”の
ような展開!!(ってちょっとストーリーに首突っ込んでんじゃん)。

ともかくパイソンファンは必見!
もし未見でしたらどうぞひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:39Comments(0)あのひとのGun

2017年03月08日

「用心棒」~新田の卯之助

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、黒澤明の名作「用心棒」から、
仲代達矢演じる新田の卯之助が肌身離さず?持っていた
S&W モデル2アーミーを。



当時マルシンのモデルガンなんて存在しなかった!ので、
映画では実物に空砲だというトコロもあるのですが、、、

モデル2(に限らず1から、ですが)はカートリッジ式なので、
現在の基準では古式銃として一般には所持が認められず、
博物館の展示用(当然厳重に管理)くらいしか、なんですが!!

当時はまだOKだったんでしょうか?
それとも背景の家屋が邪魔だから取り壊した、というくらい
気合いが入っていたので、ナントカ調達しちゃった!のでしょうか?

もし誰かが映画用の模型を作っていたなら、現存せずとも
資料画像くらい残っているような気も、なんですが。



またモデル1だとするトコロもありますが、映像を見る限り
22口径よりは大きいです。

銃身長はマルシンより1インチくらい長そう、ですが、ともかく
現在はコレが使えますね!
(そういう点では、規制などの紆余曲折はありましたが、
現在はシアワセなのかも、ですね)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2017年02月24日

「ガントレット」~ベン・ショックレー

きょうは映画のキャラ愛銃ネタで、「ガントレット」から、
クリント・イーストウッド演じる主人公、ベン・ショックレーの
S&W M66を。



DVDパッケージ(英語のみ、字幕は日本語有り)の表紙は
なんとSAAらしきモノ!!ですが、ベンが使うのはM66のスクエアバットという
珍しいもの。

ここで前々回ご紹介していますが、コクサイではコレを
セミカスタムシリーズの一環で登場させています。

他社のように、ムービーガンシリーズという展開ではないですが、
まあ、著作権も絡むし、他のモデル開発にも限界があるだろうし、
コレも”ガントレット”モデルとは謳っていません!



デフォルトではグリップアダプターにダイヤチェッカーの塗装
(ウッディ)グリップが付いていたのですが、映画では両側面
下部が丸められたグリップのようなので、実物のそのタイプの
モノに交換しています(映画なので仕様の違う複数の
プロップガンがあった可能性もありますが)。

でもグリップアダプター無しだとハンマースプリング調整用の
スクリュー頭がプラス!なのが見えちゃいますね(笑)。

ココは頭無しの六角穴付きなんかに替えると目立たないのですが、
今回は撮影後元に戻すつもりなのでそこまでやってません(爆!)。

デフォに戻すつもりなのは、”資料的価値”保存のため、
もあるのですが、グリップ内側に2つの真鍮棒が仕込まれ、
重量増加効果が大きい、というのも。

以前のパイソン+ホーグでは軽くなる事を覚悟で替えてます
(しかも重量には拘らんとか言ってなかったか?)が!
コクサイKフレとS&W(実物)なんかの互換性は高く、ネジ一本で
ポン付けできるので、まあいつでも交換可能なので(笑)。



あ、映画ではベンの銃をガス・マリー(ソンドラ・ロック)が撃ったり、
もあり、全編この銃が活躍します。

題名の”ガントレット”ですが、銃の交換会(ガントレード?)ではなく
(綴りもGauntlet)、暴行する二列に並んだ者たちの間を
通り抜けなければならない、という私刑を指し、この映画の
クライマックスシーンに関係、ということです(これ以上はネタバレ
になるのでカッツアイ!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2017年02月12日

「ボーダーライン」~ジェブ・メイナード

きょうは映画のキャラ愛銃ネタで、「ボーダーライン」から
チャールズ・ブロンソン演じる主人公、国境警備隊長
ジェブ・メイナードのリボルバーを。



ジェブは後半まで拳銃を抜くことすらないのですが、ここぞという時に
腰に下げたオーバーサイズグリップ付きのS&W M28
ハイウェイ・パトロールマンを使います。

今回、いつもはコクサイ製で亜鉛がぎっしり詰まってるパックマイヤー
(のコピー)を付けているM28に、タナカのプラグリップを付けて
映画のモノに近付けてみました。

このグリップ、後部のラインが少し合わなかったり、はありますが、
M28がM29になったかのような、一回り大きくなったように
たくましく感じます。

ナカナカ良いじゃん!

現行コクサイのが合うなら、レプリカの木製グリップも数社から
出ていたので、付けたいところなんですが、、、



あ、映画の方ですが、これはどうやら単発のTVドラマとして
1980年に米国では公開されたようですね。

エド・ハリスが敵役で出ており、こちらはレミントンM870の
ピストルグリップ付き、イングラムMAC10と長モノ?を使ってマス。

ストーリーは大量の密入国を巡って国境警備隊と密入国ブローカー?
との攻防を描いており、今トランプ大統領が行おうとしている”壁”の
構築など、水際作戦なんかあんまり意味がないのでは?と”80年代の
この映画を見ていても思わされます。

本当に密入国者を減らそうと思うなら、密入国者を雇ったら高い代償
(罰金,懲役)を科せられる、というような方法の方が効果的(税務署?
主導で儲けてるトコロから網をかけられ、罰金で財源も得られる)かつ
国内の労働者の雇用も直接守られるハズですが、新しい大統領は所詮
”ビジネスマン”の代表、実は経営者の味方なので、壁の構築などは
”やってるフリ(パフォーマンス)の象徴”だと早くアメリカ市民は(いや
もっというなら選挙の時点で)気付かないと結局貧乏くじを引くことに
なるのでは、なんですが
(更に選挙権が無い”周辺国”の我々の方がもっと被害を被りそう!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2017年02月01日

「黒の天使 Vol1]~一光

お待たせしました?!
きょうは映画ネタで、銀色ナショナルマッチ
大活躍の一本、「黒の天使Vol1」から、
葉月里緒奈演じる主人公、一光の拳銃を。



えーっと、まず敵から奪ったのがベレッタM92Fで、
コレ(画像)は今回もマルシンのモデルガンで。



その次に手にする、メイン使用の銃は銀色の
ゴールドカップナショナルマッチにパックマイヤーの
グリップ付きで、マガジンボトムにも黒いゴムが
付いていたような、ですが、これは途中黒いガバを
併用し、そのマガジンも挿していたので「あるとき~!」
と「ないとき~、、、」があると思いマス。



あ、映画ではNM撃ちまくり、なんですが、なんか
マグチェンジ無しで8発以上出てるような(38スーパーなら
それもあり得るし、8連マグなら、、、いやあんまりシビアに
考えなくていいかも!)。

ストーリーはなんかVシネの”XX”シリーズに似た
主人公の生い立ち、と少々ややこしい各々キャラの
流れがなんだか空回り、またそれぞれの演技、などは
この映画の興行成績、知名度から推して知るべし!
期待しないでいいです(爆!!)

でも途中で葉月里緒奈が相棒と2人で踊るシーンは、
いま流行の”恋ダンス”の始祖では?と思えて必見!
(20年近く前、ですが、妙にヒップホップが崩れて
”恋ダンス”になっちゃったのカモ!!)です。

え、全然ホメてない?いやほぼコレのせいで銀色GCNM
買っちゃったくらいですから!!
(しかし我ながら説得力無いな、、、)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2017年01月20日

「屍姫 赫」~星村眞姫那

きょうは映画,ドラマのキャラクター使用銃ネタで、
TVアニメ「屍姫 赫(シカバネヒメ アカ)」から、
主要キャラの一人、星村眞姫那のイングラムM11を。



星村眞姫那(マキナ)は屍姫の一人で、武器は
MAC11サブマシンガン、と公式にアナウンス
されているようです。



画像はMGCのモデルガンです
(*今回の画像では、マガジンが逆に入ってマス!
失礼しました!!)。

MACというのは一時期コレを作っていた
ミリタリーアーマネントコーポレーションの略で、
MGCの呼び名イングラムは設計者の名、
M11は.380用の小型(M10が9ミリ/45ACP)、
を指すようですね。

M11は製造権が点々と渡り歩き、コブライというところで
後方を伸ばして安定性を上げる、など改良され、今も
(たぶん)ドコカで作られているような、です。

眞姫那は二挺使いでM11を撃ちまくり、アニメでは
その凄じい連射速度で薬莢がドバっと吐き出される
シーンも描かれています。

ちなみにMGCのモデルガンでは実物と同等か
それより連射速度が上がっており!!
画像の16連マガジンでは一発目の
カートが地面に落ちる前に16発撃ち切っていた!
ような記憶があります。

このアニメ、原作も長期連載された人気漫画だった
らしいのですが、そちらも数年前に完結、
アニメは2008年に「屍姫 赫」が、そして2009年に
「屍姫 玄(クロ)」が制作、放映され、同年両方の
DVDが出た(冒頭のカットのヤツ)ようです。

といつにも増して”あやふや”なのは、今頃ようやく、
安価に出ていた中古DVDを買って初めて見た、為なのです!

そんなワタクシより皆様の方が詳しいのカモ、ですが、
ともかく未見の人(でゾンビものなんかがお好きな方)は
是非一度!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)あのひとのGun

2017年01月08日

「ブラックサンデー」~ダリア・イヤッド

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、
「ブラック・サンデー」からマルト・ケラー演じるテロリスト、
ダリア・イヤッドの銃を。



マルト・レラーという人はスイス人で、以前ココでご紹介した
マラソンマン」にも出ていた方、だそうです。



さて、映画の中ではまず使用するのが
ミリポリ2インチにサイレンサー!というヤツ
(上の画像はHWSのモデルガンで、サイレンサーは当然?
無しです)。

現在はリボルバーにサイレンサー付けても効果ないことが
映画関係者にも見る方にも?知られていますが、まあ時代、ですね。



しかしクライマックスにはマドセンM1950でS&W M76と対決!
というガンファン大興奮(いや一般的にも盛り上がるって)の
シーンが!!
(画像はハドソンのモデルガンです)。



あ、ダリアの過去を示す写真では、AK47のどこかの国で
生産したコピー?が
(画像はコレまたハドソン モデルガンのAK47です)。

映画は現代を予測していたような?クライムサスペンスの
名作なので、未見の方はひとつサイレンサーの件は
目をつぶって(え、見えない?)ご覧下さい、ハイ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2016年12月28日

「朝比奈ミクルの冒険」~みくる

きょうはアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のSOS団が
制作した自主製作映画、という体の
「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」から、
主人公朝比奈みくるの使う(持たされる)トイガンを。



この”映画”の中でみくるさんは、”悪い魔法使い(長門有希)を
”対象年齢10歳以上”のシールが貼られたままのデザートイーグル
10インチで撃ち(これはマルシンのようですが、ここではマルイの
ガスBLKにアルタモントのグリップ付きで)、



地元商店街の宣伝では売り物(なので多分電動ガン)のAK47
(画像はハドソンのモデルガン)を持たされて発砲しちゃったり、です。



と、まあ”トイガン”前提でのお話しなのですが、高校生くらいの年齢だと、
バイクやトイガン、といった”少し危なげな”モノに興味があって、
こーいう機会にやたら登場させたがる、というような”あるある”ぶりがまた
面白い、ということなのでしょうか?
(ちなみにアニメ放送一回目にこの自主制作映画公開ネタ、ってどーよ!
と思ったら更に”エンドレスエイト”(同じ内容でループ)までやってしまい、
それでも(それ故)??大人気アニメになっちゃいましたが 爆!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2016年12月14日

「ザ・ヤクザ」~ハリー・キルマー

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタですが、
ここでも某BBS連動?!高倉健出演の
「ザ・ヤクザ」から、(しかし健さんは刀ばっかり!
なので)ロバート・ミッチェム演じる主人公
ハリー・キルマーの銃を



映画は元駐留軍のMPであるハリーが
20年ぶりに日本に戻り、ヤクザとの抗争に、
という”エキゾチック・ジャパン”とフィルム・ノワール?
的な、、、ですね。



さてハリーが日本で友人のオリバーから借りるのは
M1911A1。

やっぱり元米軍兵、.45口径に対する信頼が厚いのでしょうか。
この映画、発泡シーンなどは米国のスタジオなどで撮影されたのか、
M1911A1もホンモノ(改造のブランクガン)ではないかと。

プラグリップですがパーカーというよりガンブルーっぽいので、
A1でも過渡期のモノ(トランジションモデル)かも、です。

あ、画像はマルイのガスガンです(コレはモロに艶消しですが!)。



次にM1911A1と二挺拳銃で使うのは、ランプサイトと
エキストラクターロッドのロックからS&Wらしきスナブノーズ
(トップカットでは忘れてました!)。

M36の可能性も、ですが、どうやらM10ではないかと。
これはコクサイのモデルガンです。



そして後半、殴り込みをかける時は、健の兄から借りた
水平2連ショットガン。

コッチはちょっと短いですが、ハドソンのモデルガンで。

さて、映画の方は日本人から見ると例え1970年代だとしても
”ナンダカおかしな”風習が、ですが、これは”日本の文化に対する
無理解”だけではなく”欧州人が期待するエキゾキックの表現”、
つまり意図的な脚色もあるんじゃあ、です。

ホラ日本人でもアフリカというと”象やライオンが闊歩している
草原”、ベトナムといえば”ジャングル”とか、わかりやすい構図
(ステレオタイプ)を期待しちゃうでしょ。

しかしそーいう”ステレオタイプ”を覆すのも映画の面白いトコロで
(もちろんこの日本の例と同じく、かなりアメリカナイズ、映画向けに
脚色されていることを前提に観なければ、ですが)、
「ブラックホーク・ダウン」ではソマリアの(ホントはモロッコで
撮ったそうですが)、「フルメタル・ジャケットでは同じくフエの
(廃墟になった後、ですが)欧風市街地の様子が描かれてます。

あ、その辺のコトはまた個別に取り上げた時に(って忘れて
省略しちゃったらゴメン!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2016年12月02日

「ジョニー・イングリッシュ」~J・イングリッシュ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタ、
82回目の今回はちょっと新しく、懐かしい(どっちやねん!)
2003年の「ジョニー・イングリッシュ」から
ローワン・アトキンソン演じる主人公、MI7の諜報員
ジョニー・イングリッシュの銃を。



J・イングリッシュはジェームス・ボンドに対抗してか、
ワルサーとベレッタ2挺を提示されて敢えてこのベレッタM92F
INOXを選びます
(これはWAのガスBLK)。



しかし!
分解したらトリガーを組み忘れ!
イザというときに取りだしたらスライドが外れ!!
と、結局発射出来ないことに!!!



まあある意味大活躍ですが(爆!)、
007でハズレくじ(ベレッタの不具合を話題にされた)を
引いたうえ、こちらでも大きくイメージダウンの憂き目に!!

でも、
ホントは通常トリガーまでは分解せずに手入れ出来るので
組み忘れようがなく、
分解レバーにロックが付いているのでスライドも外れ難い!!
と、他の銃よりトラブルが起こり難いように考えられています。

まあ、そのせいもあってM92Fは操作系が多く複雑、という
弱点が生じているのですが、、、

でも映画で分解レバーが下がらない!とか、マガジンが脱落!!
なんかのトラブルだと絵にならないし、現実的過ぎて”笑えない”
でしょうね!

あ、映画の方は”あのMrビーン”(ワトキンソン)が
出てくるだけで面白い!うえ、上記のような深い(?)ネタ
満載で好評だったようで、2011年には続編も作られています。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2016年11月20日

「さらば友よ」~ディノ・バラン

きょうは映画の登場キャラ愛用銃ネタで、
1968年のフランス映画「さらば友よ」(Adieu l'ami)から、
アラン・ドロン演じる主人公の一人、元軍医ディノ・バランの
S&W M1917を。



この映画はA・ドロンとC・ブロンソンの競演で、今回両者が手にし、
物語の重要な鍵ともなる拳銃(もともとバランの持ち物)はS&WのM1917。



映画では何だかメダリオン付きのグリップが付いているような(市販版?)、
ですが、「S&Wの45口径」というセリフも出てくるし、長さも5.5インチで
間違いないと思われるのでタナカのモデルガン、M1917 5.5インチを
(上画像,下画像の左)。



タナカでは.455仕様の6.5インチ(上画像右) がありますが、
シリンダー長が若干異なります。

*タナカでは他にカスタムの4インチも作ってます。



5.5インチの45口径仕様はオート用のリムレス45ACPをクリップでとめて
使えるよう、シリンダー後部が少し短くなっています。

.455の方は本来は少し弾頭が大きいのかも、ですが、モデルガンでは
問題なく入ります(クリップ分隙間があるので、発火は?ですが)。

あ、カートは左の黒い弾頭付きが.455、右の銀色弾頭が45ACPで。
シリンダーに入っているのは、左のリム径が大きいのが.455、右の
ちょっと出っ張っている(分かりにくい?)が45ACPです
(モデルガン用発火カートですけど)。

A・ドロンは拳銃好きで、以前ここでも「シシリアン」でS&W M56
ご紹介したように、S&Wリボルバーも集めているようです。

また、M1911系も多く使っていた印象がありますが、彼の好みが
この大口径のS&Wリボルバー、という欧州では珍しい?選択に
なったのでしょうか?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun

2016年11月09日

「ロング・グッドバイ」~フィリップ・マーロウ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
1973年の「ロング・グッドバイ」(原題;The Long Goodbye)より
エリオット・グールド演じる主人公、フィリップ・マーロウの拳銃を。



まず、パッケージに描かれているマーロウですが、
ここではコルトのスナブノーズのようですね。



コルトでもオフィシャルポリス系、ローマン(当時MkⅢが最新型)系、
そしてディティクティブ系(Dフレーム)がありますが、ここは”探偵”
つながりでディティクティブ(でもトリガーガード以外は
ローマンっぽいんだよなぁ)。

これ(上の画像)はタナカ ガスガンでスチールフィニッシュです。

*この絵もいくつかディティールの違うモノがあり、S&WのM30
(Jフレ32口径)2インチを推すご意見もいただきました。



しかし!映画本編ではコレは使っておらず、どうやら
4インチくらいのテーパードバレル+ロウ付けのFサイト、
といったカンジのものをラスト付近で抜き撃ちします。

静止させてみてもはっきり映っておらず(それよりE・グールドが
発射時に目を閉じてるのを発見しちゃった!次第です)、
特定は難しいのですが、S&WのM10だとするトコロもあり、
ソレに乗っかってみました
(画像はコクサイ ABSモデルガンに実物グリップ付き)。



更にディスクにプリントされた画像では自動装填式を持っており、
コレはベレッタM92SBとも言われていますが、、、

後に画像加工したもの、とはいえ、当時存在しないモノをワザワザ
持ってこなくても!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun

2016年10月28日

「刑事マディガン」~マディガン

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、
1968年の「刑事マディガン」(原題;Madigan)から、
タイトル通りリチャード・ウィドマーク演じる主人公
マディガンの拳銃を。



この映画では、マディガンは常にS&W社のスナブノーズを
使う(支給、というか普段は署に保管してある様子が
後に描かれます)のですが、まず、冒頭の被疑者宅を訪れる時に
持っていたのはM36か、モデルナンバーが付く前の
チーフスペシャル2インチ。

これをディティクティブスペシャルと映画では呼んでいますが、
コルトのディティクティブスペシャルをホントに使うのは
本部長のみで、どうやらスナブンーズは”私服警官向け仕様”
の意味だったのかも、です。



これはタナカのガスガンです。

冒頭出てくるときには大体コンナ感じ、なのですが、コレが
途中で拾われたシーンではFitzのオーバーサイズグリップ付き
に変わっちゃってました。

まあ、グリップ交換した、という可能性もありますが、、、

Fitzのグリップ、オリジナルはプラ(レジン)で、MGCが昔コピー
しており、最近ではCAWが木製で再現してます
(画像は3インチバレル付きですが、過去に撮影していたCAWの
グリップです)。



そして後半の突入シーンでは、マディガンと相棒の2人が
二挺拳銃で撃ちまくる!のですが、そこで使われるのが
ミリタリー&ポリス。

ミリタリー&ポリス 2インチは旧型(それ以外も?)が
使われているようですが、モデルガンではその前後の型しか
モデルアップされてない!ので、コクサイのM10とHWSの
ミリタリー&ポリスを
(左がHWS 右がコクサイ)。



少し前、立て籠もり事件で犯人が両手に拳銃を持っていたのを、
”素人”扱いした評論家?の方がいましたが、命中精度より
”弾幕を張る”使い方ならアリ、だと思います。

あ、映画の方は単なる事件モノ、ではなく、警察組織や
家族模様などを絡めながら時系列で進む、ドキュメンタリー
タッチの作品で、これが好評だったのでリチャード・ウィドマーク
主演のテレビドラマとして「鬼刑事マディガン」が”復活”しました。

こちらは日本でも放映されていますが、日本での放映前に
始まったTVドラマ「太陽にほえろ!」なんかは、
この映画(だけじゃないけど)の影響がかなり感じられるような、です。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2016年10月16日

「地獄で眠れ」~ハロルド

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、「地獄で眠れ」
(原題;THE EVIL THAT MEN DO」)から、
チャールズ・ブロンソン演じる主人公、ホランドの銃を。



まずホランドが現地で協力者に調達させるのが、
大口径の回転式、で、これはDVDを静止させてUPで見てみると
どうやらチャーターアームスのアジャスタブルサイト付きで、
4~5インチくらいに見えます。

またシリンダーのフルート位置から6連発っぽいのですが、
トイガンで唯一、調整式サイト付きチャーターアームス、
カナマルのブルドッグ(ガスガン)3インチで。



カナマルではトラッカーなどを作っていたので、ソッチがあれば
より”近かった”と思いますが、、、

コレをS&W M19(画像右はタナカのガスガン)としている
トコロもありますが、Rサイトはむしろコルト似、そして特徴的な
Fサイト、分厚いハンマースパー、トリガーガードとフレームの段差
(チャーターアームスは別部品です)など、S&W製品とは思えない
(一部シーンで別モデルが使われた可能性はありますが)です。



そして中盤、敵から奪ったのは今度こそS&Wで、M10の
テーパードバレル版(これも旧型とかかも、ですが、
コクサイ モデルガンで,)。



長物はレミントンM870の左利き用、バレルリブ付きを
銃身,銃床ソウドオフ、しかし同じモノは、、、なので
マルゼンのCA870(マガジンは他社製で、ストック形状とか
イロイロ違いますが)で。



この映画、まあ”海外で悪人を抹殺する”というアクションでは定番の
設定ですが、原作小説があり、ちゃんとトリックなんかも練られていて、
C・ブロンソンの演技も併せ”渋い”です。

未見の方は是非ひとつ。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun

2016年10月05日

「キューティーハニー」~秋夏子

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
新しい映画が現在公開されている”キューティーハニー”の
庵野秀明監督版から、市川 実日子(市川姉妹の妹のほう)
演じる警察官、秋夏子の使うSIG/ザウエル P230JPを。

 

秋夏子は今回ハニーの同級生(原作)ではなく、
警視庁 公安8課の警部という設定で、
日本警察がSIGに発注(ドイツで製造されたそうです)した
安全装置増設のP230JPを使います。



画像はKSCのガスガンです
(モデルガンは未入手です、、、欲しい)。



あ、映画の方は今好評の「シン・ゴジラ」も撮っている
庵野監督の作品だし、アニメと実写を組み合わせたり、
主題歌を歌う倖田來未が出演してたり、
敵であるパンサークローが使う黄金のP08がナゼカ
十四年式に替わってたり(わざと?)、
制作会社が倒産するほど興行成績的には失敗してたり
(失礼!)、と話題に事欠かず(笑)、
視覚的にもピンク色が強調され、実写部分も”パラパラ
漫画”ちっくな動きをしてたり、とナンダカ日本映画
じゃないみたい!ですね(?全然褒めてない?!)。

新作は更に原作を離れ、もっと”女性向け”になってるような、
ですが、対してこの作品は”人間でない”(アンドロイド)という面を
前面に押し出しており、このあたり”エヴァ”(クローン)から
”シン・ゴジラ”(異常進化した生物)まで庵野監督はブレてない!

ということで、未見の方は今こそ一度!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun

2016年09月23日

「皆殺しのメロディ」~プライス

きょうは映画のキャラ愛銃ネタで、「女ガンマン 皆殺しのメロディ」
(原題HANNIE CAULDER)から、ロバート・カルプ演じる
凄腕の賞金稼ぎ、トーマス・ルーサー・プライスの拳銃を。



この映画、なんと英国でもマカロニウエスタンと、当時の流行に
乗ってみたのか?ともかく拳銃も変わったモノが出てきます。

主役のラクエル・ウェルチ演じるハニー・コールダーは英国の
アダムスリボルバーに独自のダブルトリガーを組み込んだ
トランター ダブルトリガーを使いますし、今回取り上げた
プライスもS&WのNo3とアダムスリボルバー!です。

トランターのほうは、通常のトリガーの位置の下にコッキング用の
トリガーがもう一つあり、コレを引いてハンマーを起こし、通常の
トリガーでそれを落とす、という構造が映画でも描かれています。



あ、プライスに戻って、S&W No3はラシアンモデルのようですが、
トイガンでは六研の無可動モデルしか無かった(し、ソレも持ってない!)
ので画像はCAWのスコーフィールドで。

コレは映画中でも中折れ再装填シーンがあります。



そしてアダムスはデニックスです。
アダムスは大工場で一貫生産などではなく、どうやらそこらじゅうの?
工房で制作されたらしく、実に様々なバリエーションがあるようですが、
1、デニックスが再現したダブルアクション
2、トランターのダブルトリガー
3、ハンマーにスパーが付いてシングルアクションができる
  ボーモント
と、トリガーメカでも3種類(もっと、?)あるようです。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)あのひとのGun

2016年09月11日

「こち亀 THE MOVIE」~中川圭一

きょうは映画のキャラ愛銃ネタを連投!ですが、
漫画の連載終了が伝えられたということで、
「こち亀 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」
から、速水もこみち演じるイケメン警官 
中川圭一の44マグナムを。



中川は漫画連載開始(’74年)から登場するキャラで、
その時「ダーティハリー」に憧れてS&Wからニッケルメッキの
44マグナムを取り寄せた、と語っているのでM29-2だと
推定されるのですが、ニッケルメッキのM29なんて
トイガンでは出てない!ので、急遽コクサイのM629(旧型)
を仕入れてきました
(じゃあまず「最近の~」ネタでやらなきゃ、なんですが!!)。



このM629、入手時から木製グリップが付いていましたが、
映画で中川は白いグリップのモノを使っています。



また、リニューアル前のこのM629(コクサイ プラM29系としては
2代目)はナローなトリガー、短めのハンマースパーで、ヨーク上部も
ちょっと形状が違うし、リアアイトのマウント位置も少し後退しています!

コクサイはリニューアル時にこれらの点を解消しているのですが、
この旧型は今まで持ってなかったし、この機会に、とゲットしちゃった訳(爆!)。

スムーズの木製グリップもローズウッドなのかなかなか良い木目だし!!

あ、映画の方はお子様に配慮して?発砲シーンはなく、
両さんに至ってはニューナンブを抜くことさえ、、、
でも中川や麗子など、登場人物は原作に良く似た配役なんじゃあ、です。

「こち亀」は、連載開始当時から読んでいたので、今まで続いた事も、
終了することも感慨が深いです。

秋本治先生、今までお疲れ様でした。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:50Comments(0)あのひとのGun