2018年04月29日

そしてその後のスケルトンストック

さて、きょうも宿題消化ネタ??
少し前に入手した、スケルトンストックと
バントラインの適合手術?について、を。



えーっと、コチラが以前記事をUPしたCMC製と
思しきスケルトンストック、



そして相前後してストック取り付け用本体?として
入手したハドソン製バントライン12in 2ndカスタムです。



しかし!ハドソン2ndカスタムに装着されている
ベークライトっぽいグリップは厚く(下の画像左)、
そのままではスケルトンストックがはまりません!

そこで今回、木製グリップ装着で余ったタナカの
イーグルグリップ(画像右)に交換してみよう!かと。



グリップ内側、下側など、すこし大きめでグリップが
はみ出しますが(爆!)、とりあえず固定ピンなどは
そのままで付きます。

あ、ストックを引っかけるハンマー軸(スクリュー)は、
HWSの木製ストック用で、ハドソンに合うネジのものを
借用!



と、取り付け準備状態で、ノーマルのハドソンキャバルリー
(画像右)と比較。



グリップは純正の木製に比べ、まだぶ厚め、ですが、
なんとかストックは入りそう!



ストック装着!
無事取り付き、ハンマーもコックできます。

グリップ底部がストックの引っかける部分に当たるため、
締め付けネジをきつく締めていませんが、それでも使用には
問題ないレベルでしっかり肩付け出来ます。

グリップ幅がストックとほぼ合っている(ガタがない)ため、
木製グリップよりもしっかり付いているカモ!

ただ、照準は目とRサイトが近く、Fサイトが遠いので
あんまり見やすいとはいえませんね。

1stのV型サイトのほうが、こういう用途なら見やすいハズ、
ですが、1stには12インチの製造記録は無いらしいし
(でも、戦後ストック装着ハンドガンは規制されたっぽいので、
この組み合わせも?な部分はあるんですが 爆!)。



取り付け部分逆からも。



ということで、無事スケルトンストック装着!
あ、HWSとこのストックの適合性については、
また機会を改めてやる予定(まずHWS捜索、からだし!)
ですので、宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)こんなモノ番外編

2018年04月27日

その後のM712ブラスター

どーも、僕です(?)
さてハンドメイドメイ、じゃなくて!!
きょうはちょっと前に入手報告をした
AW M712ブラスター仮組み後の姿、を。



まずはスコープ?(拡大しないけど)マウントについて。

本体に2本の円盤状ベース付スタッドを止め、
更にマウントを真ん中のプラスねじで固定、
という取り付けですが、スタッドのねじ止めが
上手くいかなかった!

調査の結果、スタッドのねじ不良が判明、
これは本体に入る部分だけでなく、マウントを
止める手締めナット側も、でした。

スタッド、ナットにダイス,タップを通し、
本体もタップを切り直し、取り付けたのが
下の画像。

スタッドのねじ部でアルミ地肌がかなり露出
しているのは、ねじ切りがけっこう違い、
”塗装が乗って固くなった”などのレベルではない証、
です(笑)。

そして、ねじ切り直しでスタッドを付けてみて
気づいたのが、本体マガジン部の表面は少し斜め、
完全に密着させようとすると後方のスタッドに対し
傾いて”ハの字”状になるため、マガジン上のスタッドは
前方が少し浮いた形(タップは垂直に、表面に対しては
少し傾いて加工)で止めるようになっているようです。

しかし、前側は放熱フィン(ヒートシンク)状のパーツで
隠れるので気にならないし、ショップの解説では
接着剤で止めろ、との事なので、接着剤を盛ってから
ネジ込めばある程度”面接触”になるかと
(そこまでやりませんでしたが)。

あ、この放熱フィンも別体で、フレームに縦溝を切って
(成形?)はめ込んでいます。
フィンを開くようにして溝から外せば他の個体に移植も
可能かも、ですが、移植個体も溝を切るか、
それともフィンの突起を削り落として両面テープなどで
止めるか、になりそう。

開いて外すのもちょっと傷や破壊!の危険も、だし、
とりあえずはこのAWボディでいくことにしました。



サイトのノブはネジを外しただけでは取れなかったので、
マスキングして回しながら数回ブラックパーカーをスプレー!

ちなみにこのノブ、ちゃんとレティクルが上下します。
左右の調整は?ですが(笑)。



前後のリングは、さすがにマスキングではアブナイので
外して塗装しました。

前後のレンズ?は樹脂製で全く拡大してない、
つまりフタですね(爆!)。



カメラレンズ用の工具を持ってる方ならソレを使えば
よいカモ、ですが、無い方のために代用の方法を。

今回は、車用のワイパーに付いている板を両側の
凹みにかけ、中央部を持って回して外しました。

もちろん薄い金属板があれば、それでOKだと思います。



ということでパーツの取り付け、ブラックアウトは完了!

あ、スタッドのねじ部は、アルミブラックか塗装で
補修可能でしょうが、保管時にサイト一式を外すつもりなので
そのまま、です。



さて、作動の方ですが、このところ好天で温度も上がってきた
せいか、何とか数発は作動します。

このガン、元はWEで、マルシンのガスブロを研究、改良
したらしく、ホールドオープンも追加、そしてWEだと作動も
マルシンより好調だとか!

ただ、ロングマガジンなら、という事なので、ショートだと
35度!くらいまで温めないとちゃんと作動しないのカモ!



そのうち炎天下でたっぷり温めて撃てば、ですが、スタイルが
変わる事を厭わないなら、ロングマガジンを入手して試すのも
一つの方法、ですね。

更にBLK作動だけでBB弾発射に拘らないなら、バレル側の
ガスルート、もしくはバレル自体を閉塞することでガスの
消費量を減らし、作動を向上させられるカモ。

作動に関しては、もし好転すればまたココでUPの予定、
というコトで今回はお許しください、ね!(いや文句は
メーカーの方に言って!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2018年04月18日

FAガールズ キューポッシュシリーズ

それでは春の交通安全運動 第一!
腕を前から上にあげて、、、
(昔は交通安全週間、だったと思うんですが、
いつから”政治活動”っぽくなっちゃったんでしょうか?)

あ、さてきょうは轟雷ちゃんの誕生日(起動日)、
ということで?FA(フレームアームズ)ガールネタ、
今回は”キューポッシュ”という可動+マグネットの
ドールシリーズから。



えーっと、FAガールはコトブキヤのプラモキット
”フレームアームズ”の女性キャラ版、で、ウチでも
過去”マテリア”、”フレズヴェルク”の組み立て記を
UPしております、はい。

このシリーズ、アニメ化されるほど好調だったのか、
小さな”デスクトップアーミー”でも現在展開されており
(コレも以前こちらで取り上げてます)、更に完成品で
この”キューポッシュ”シリーズも現在続々販売中!です。

そこで今回ご紹介するのはこれら、
(下の画像)左からバーゼラルド、轟雷、スティレット
(限定色)です。



いずれも頭部にマグネットが仕込まれており、
ヘッドギア?をくっつけることが出来ます。

装備はバーゼラルドなんかちょっとした”組み立て”が
必要なくらいの重装備、なのに対し、轟雷とスティレットは
背中と足に付く程度、です(笑)。

バーゼラルドとスティレットは”マジンガーZ”以来伝統?の
飛行ユニットを背負うカタチ、ですが、轟雷は戦車イメージ
なのか基本キャタピラ走行(アニメでは他のキャラから
飛行ユニットを借りて飛んでます)のようですね。

轟雷はこの基本色以外に2種類、スティレットはこの
限定色と基本の青、他にマテリアのシロとクロ、迅雷が
出ており、アーキテクトがもうすぐ発売、かな?のような。

スティレットのこのカラーはアニメ中の”恥ずかし”モード、
ではなくて、セガのオンラインゲームとコラボしたA.I.S
カラー、のようです。



元のプラモ、”マテリア”とバーゼラルド。
体は半分、頭は2倍!といったデフォルメ体形ですが、
”ねんどろいど”より大きく、可動範囲もプラモに近いです。

あ、プラモ(オリジナル)版同様キューポッシュにも
表情の異なるヘッドや形状の違う手パーツが数種付属、
手足は関節があり可動、更に足の裏にもマグネットが
仕込まれ、付属の鉄板?付き台座に”片足立ち”も可能です。



デスクトップアーミー版(画像右の2つ)と轟雷も。

デスクップアーミーの左はここで紹介済みの
同じ轟雷、右は新しいイノセンティアです。

デスクトップアーミーは装備だけプラモ状態、
”全プラモ”、”半プラモ”=デスクトップ、”装備バラだけど
一応完成品”=キューポッシュと、販売形態も変えて
ニーズを探っているのカモ。



個人的には、塗装,組み立て済みのオリジナル版
(現在プラモのみ)があっても、と思うのですが、
それは別の”武装神姫”シリーズなどとバッティング
するのか?ともかく手間のかからず可愛い
キューポッシュをつい集めてしまいました!

アニメも2期が決まったようだし、まだまだ広がる
FAガールシリーズ、皆様も興味を持たれたらひとつ!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:18Comments(0)こんなモノ番外編

2018年04月08日

ホットトイズ ブラック・ウィドウ&デュナンナッツ

きょうはミリドール@、、、違う!!
あくまで買い物番外編、既に一方は
チラ見せしてますが、ウチでもホットトイズ
ムービーマスターピースシリーズ導入?!の巻を。



まずはフラっと訪れたとある古本/トイ店で見つけた
激安のコレ、アイアンマン2で出てきたブラック・ウィドウ。



悪役だったんですがパッケージは実に可愛らしくかつ
セクシー!!



中身はちょっとガタイがよく、コワイ感じですが、ヘッドの
ペイントはリアルですね。

衣装はちょっとシワが出来てきており、経年劣化かも、ですが
まだ剥がれなどはないのでギリセーフ、と入手に至ったという。

レザースーツも多くの切り替えし?を縫製で再現、非常に
手間のかかった作品となってます。

ちなみにスカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドウは
コレが初出で、以後4体作られるホットトイズのドールでも
一番古いモデルだったんじゃ、です。



ちょっと?なのは付属の拳銃。
PPKは良いんですが、一方はSIG P250のような、、、
映画ではUSPコンパクト、のようなんですが。



衣装はベルトの外し方などが不明で脱がせてませんが、
ヘッドだけ換装すればOK。

それに、手には手袋、足にはブーツが付いており、
素体は関節式かつ胴体も分割式なので、
露出の多い衣装などには向かないようです。

今回はファイセンのシームレスが色目的にちょうど、
でしたが、本家ホットスタッフも合うハズ。

素体サイズはちょっと小さくなりますが、それくらいが
逆にリアルな気もします。

このヘッドの髪、ウェーブを付けるためかノリで
ガチガチに固められており、一度洗ってもっと軽い
(弱い)スタイリング剤で整え直したいカモ、ですが、
でもパッケージデザインをみるとこれくらいキツイ
パーマ状態正解なのかな?



さて、もうひとつは「アップルシード-エクスマキナ-」の
デュナン・ナッツ。

こちらも上とは違う店ですが、リサイクルショップで
発見しました。

箱のフタを開けた状態で見たところ、破損も欠品もないし、
これはブラック・ウィドウより更に安いし!
と入手したのですが、、、



全体像。
しかしここまで復旧するのにちょっと手間取った、、、

実はコレ、各部の関節がボキボキ、折れまくってました!
箱から出してみると、ブーツカバー?の取り付け部、
剣鞘の取り付け部が折れており、ブーツには芯金を入れて
補強し再接着、鞘のほうはネジを切ってプラビスをねじ込み、
それでベルト(こちらにネジを接着)に付けました。



また組み立て中、手首の関節がポッキリ折れ(画像中央の
2つのうちの一個)、画像右のオビツ、オビ球にチューブを
被せたモノに変え直しています。

あ、画像右の2個はブラック・ウィドウの予備用付属品ですが、
それと比べてもデュナンのは華奢ですよね。



ちょっと衣装のホコリが気になりますが、ヘッドのアップも。
画像の暗視装置?も付属、差し込み式で取付けできます。

髪はブラック・ウィドウと異なり、成形品ですが、まあ元が
アニメなので!!
というか、これだけ髪が短いと、植毛では上手く再現
できないんじゃ、です。

髪の毛まで1/6の細さにはしにくい(できても人間並みの密度で
植えるのがまた困難)のと、短いと生え際が不自然に
立ってしまってスタイリングが、、、というコトになり、
キャストを選択したのでは。

あ、付属品ですがライフル、拳銃に剣、各種装備を付けた
ベルトにホルスター、スタンドと豪華です(画像ないけど 笑)。

この衣装はゴム製で、どうやって付けたのかわからない!
くらいなので当然脱着できず、また褐色がかった素体も
持ってない!のでヘッド換装もしてませんが、サイズ的に
ホットトイズ系は大きすぎるような、です。



ブラック・ウィドウと比べるとこれくらい違い、イメージ的には
15cmくらい身長が違う!!

スカーレット・ヨハンソンは身長160cmなので、以後の
ホットトイズ作品でももうちょっと小さい素体が使われてるような、
なんですが(笑)。

相場より安いからにはイロイロあったり、ですが、
ともかくホットトイズデビュー!
(でもあと欲しいのはキャットウーマンくらい、かな?!)
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)こんなモノ番外編

2018年03月25日

アクションカメラ SAC MC8000BK

きょうはキューポッシュ星井美希、じゃなくて
また少しジャンルの違うお買い物、
小型動画撮影装置の巻を。



コレはこの分野の草分け的存在、GOPROの
アクションカメラのコピー品で、同様のモノでもっと安い
製品も売られていたのですが、一応輸入元(SAC)が
国内にいてはっきりしているヤツ、ということで
選びました(笑)。



SACというところは電子機器などの開発、販売会社、
との事ですが、どうやらこのカメラ、製造は中国のような、、、

本家の数分の一のおネダンで、このように防水ケースやら
パイプ,平面(テープ止め)マウントにジョイント、そして
無線式のリモコンなどごっそり付いてきます!

ただ、本家GOPROなら本体が防水らしんですが(爆!)。



レンズはパンフォーカス(固定焦点)のようですが、
意外に焦点深度は深いようで、カメラの真ん前から
屋外の交通表示板まで読めるくらい!

画角はかなりの広角で、視界は170度、
ほぼ真横が写る!!
(こちらはズームか望遠切り替えが欲しい
ところですが)



4Kは約4000×2000画素数の4000のトコロから
名づけられているらしく(実際は3840×2160(ピクセル
くらい)、するとデジカメでは現在ウチで使用している
α700(1200万画素 4272×2848ピクセル)とあんまり
変わらないハズ、なんですが、、、、

MC8000で撮影、いつものブログ画像サイズ(800×600)
にリサイズしたものは(広角なので寄り過ぎてカメラなどの
影が出来ちゃいましたが)まあ見れるものの、



等倍でトリミングするとこの始末。



ちなみにいつものα700なら等倍切り出しでもこのくらい。



4K画質、というのはかなり誇張してるっぽいですね。
動画の場合、更に30コマ/秒では早いモノの動きが
コマ送り状態!(こちらも実質半分!?)なので、画質を
一段落として60コマ/秒でないと走行中の撮影などは
不自然です。

ということで実質性能的には動画はHDの画素×60コマ/秒
が使える上限、静止画ではデジイチはもちろんコンパクト
タイプにも及ばないカンジですが、安いし、軽いし、小さいし、
(何かと比較しちゃいますが)本家GOPROも60コマ/秒
モードでないと使えないカンジですし!
更に望遠よりの画像もトリミングしてる(中央部だけ
録っている)だけ、らしいので。

あ、でも手振れ補正は効くカモ、、、
まあ当分はこの”コピー品”で遊ぼうかな、と。

軽くコンパクトなので頭部、腕部に付けてサバゲ参加すれば、
臨場感ある動画が撮影できるでしょう(やらんけど)。

またお手軽に銃のBLK動作なども撮影してもいいカモ!
(こちらは投稿先とか、イロイロあるけど
将来的にはやりたいと思ってマス!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)こんなモノ番外編

2018年03月21日

ねんどろいど 朝戸未世

きょうもまたミリタリーフィギュアネタ、
リトルアーモリーの朝戸未世が、”ねんどろいど”
になってました(事後報告?)!!編を。



えーっと、ココではちょっと前にFigma化第二弾、の
椎名六花をご紹介しているのですが、
同じグッドスマイルカンパニーが展開するデフォルメ可動
フィギュア、”ねんどろいど”シリーズでもコレが発売(2月)に
なってました。



箱はFigmaより少し大きく、中の紙はバリケードとして
ジオラマに使えるようです。



装備もデフォルメ、ということで、M4カービン(画像左)
ですが、かなり前後方向に短いカンジ(比較は”水鉄砲”
仕様のM4A1)。

対して拳銃(これも画像左のグロック)はさして変わってない
感じですね(比較は”水鉄砲”のP38)。



足、腕、手は差し替え式で交換でき、このように銃を持ったり、



拳銃を撃ったり(炎のパーツがライフル用と拳銃用で
付属してます)。



マガジンを握った手も付いてるので、マグチェンジ中も
再現できます(但しM4のマガジンは抜けないっぽい)。

顔も3種類(一つは組み込み済み)入っており、
様々なシチュエーションが”可愛く”再現、できますね。

ねんどろいど、ミリ要素の問題?でここでは紹介して
こなかったですが、レギュラーシリーズで900種近く、
更にSP版やカスタムパーツ(オーダーできる顔面)
なども発売されており、実にバリエーションに
富んでいます。

今回1/12銃器シリーズ リトルアーモリーの一環
として”晴れて”ミリタリーフィギュアの仲間が増えた、
というトコロですが、今更ながら皆様もひとつご注目を
(あ、そういえば、”ぴくせるまりたん”シリーズは過去に
あったような、ですね!)。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)こんなモノ番外編

2018年03月16日

ファルコンファイヤ?!

地響きのような振動、
ガテンの血が騒ぐ!!
年度末の道路、、、
(工事多いよね?!


あ、さてきょうはリアルアクションヒーローズ版の
ブラックロックシューター!じゃなくて、ナーフ普及協会?
からの頂きモノ、ナーフ アキュストライク 
ファルコンファイヤ(長っ!)を。



えーっと、コレは現在ナーフのスチームパンク風塗装に
ハマっておられる塔四郎様から送って頂いたのですが、
この間あちらで記事をUP(ウチでは少し前に制作記を)
された、ナショナルマッチシーキャンプ小ガバのお返し?
(時期的にホワイトデー?? いやソーイウ趣味無いから!)
に頂いたようですYo- Yo- チェケラッチェ!



モノとしてはゴム(吸盤)の付いたスポンジ状のダーツを
単発で撃つ、お子様向けのオモチャ、なんですが、
コレは精度を追求してるような、で、更に予備のダーツを
バレル(は実質ないんですが!)下、トリガー前に2発
納めておけるようになってマス チェケ、、、え、しつこい!?



ダーツは吸盤のとゴムだけ?の2種類付けていただき、
更に塗装してリアル化するときドレスアップに使う為か
308らしきダミーカートも付けて下さいました!



そして箱にはチョコと浅田飴が!!
花粉症(アレルギー)には悩まされていますが、
美声はまだ披露してないハズ!
ともかくお気遣い有難うございます。

で、コレ、やっぱり塗装しないと、ですよね!!
(しかし、ちょっと時間が、なので、北伊勢巣に、違う期待せずに
お待ちください)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)こんなモノ番外編

2018年03月04日

リトルアーモリー 椎名六花

ナンダカこのところドール/フィギュアネタが続きます
(いや自分でやってんだろコノヒトハモウ!)が、
きょうはまたミリタリーフィギュアネタ、トミーテック/Figmaの
新製品、椎名六花を。



トミーテックで現在絶賛展開中?の1/12銃器シリーズ、
リトルアーモリーのパッケージには”銃器を握った美少女”
が描かれており、MP7A1,A2のキャラクターを同じ1/12で
可動フィギュアとしてFigmaが制作したのが今回紹介のコレ。



2016年に発売された第一弾の”朝戸未世”に続く第二弾、
なのですが、どちらもFigmaとしてはスペシャル版、
SPの型式番号?が割り振られていますね。



朝戸未世はブルー系でしたが、今回の椎名六花は
グリーン(オリーブドラブ?)のブレザースタイルです。

全体に原画の水彩っぽい淡い色合いで塗られており、
このシリーズは独特の雰囲気を持っていますね。

あ、トップカットのように、細かい文字のリトルアーモリー
肩章、リボンの縞模様なども再現されており、
”スケール感”も非常に高いです。

付属装備は、トミーテックから専用の二色成形でMk18
Mod1ライフル、ホロサイト、ブースターにレーザーなど
光学機器、そして拳銃はSIGP226のフラッシュライト付き、
更にFigma側で用意したのか、トランシーバーも!
付いています。



ライフルはリトルアーモリーの銃器シリーズ同様、
ランナーについたままの”プラモ”状態、今回、
あえて切り離し、組み立ては行いませんでしたが、
既に発売されているMk18Mod0とはバレル(ハンドガード)
長が違うカモ、です。

H&KのMP7シリーズを持たせなかったのは、キットとしての
ボリューム感が足りない、ということでしょうか?



レッグホルスターは
スカートの下から吊り紐?が伸びています。

ここにライト付きのP226が納まりますが、スカートが
邪魔して、ちょっと抜きにくいカモ(まあ現実にはスカートは
布で柔らかいし、逆に”開き気味”で固定されることは
ないんですが)。



この間タクティカルブーツを買ったので、靴にも注目(笑)!
朝戸未世より高い(く可動の関係上るぶしは出てますが)
ブーツで、タンカラーですね。ブーツ部分は三分割?され、
先を曲げたポーズも可能です。



メーカーの商品紹介によると、”エリート校「城宗統合女子学院」
の生徒として地域防衛の一翼を担う。”となってますが、、、

”地域防衛”?? 
まあ”自宅警護”よりは良いか?!

ともかく、前作も早々に売り切れ、再生産されたようなので、
今回も人気が出るんじゃ(いや、2体になったことで相乗効果も!
そして次回作”照安鞠亜”も発表されてるし!!)
ですので、興味をもたれた方は早々に確保を!
「これであなたも契約完了!」
、、、いや、そっちの六花じゃないから(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)こんなモノ番外編

2018年02月28日

デスクトップアーミー Vol04轟雷

きょうはミリタリーフィギュア?ネタで、
デスクトップアーミー Vol.04
一式轟雷を。



轟雷といえば、現在大人気展開中!コトブキヤのプラキット
(人間サイズ換算のドールサイズ的には1/12シリーズと同寸)
フレームアームズ(FA)ガールのキャラクターですが、今回、
その1/2~1/3(約80mm)サイズのデスクトップアーミーにも
登場です。



シリーズとしてはVol.04とあるように第4弾で、
今回装備の違う3種が同時発売(というか箱は同じで
ドレかが入っているという、ガチャ的な企画)ですが、
銃装備の一式を入手しました。

他の二種の装備と合体して更なる展開もできるらしく、
まあそうやって三種類集めさせる作戦!のような。

ドール本体は塗装/組み立て済み、装備はプラモキットで
ランナーから切り離し組み立て(お好みで塗装)する
スタイル、です。

あ、今回のキットには、脚部のキャタピラを使って
ミニ戦車が作れるパーツも入っており、
一つでもイロイロ組み合わせて遊べるようになってます。



最後にVol4轟雷シリーズの前に発売された長靴小隊
リン(左)とフィーネ(右)とも。

とりあえず個人的にはこれだけで満足、なのですが、
ハマってコンプリートとか目指しだすとコワイような、、、
(いや1/6で十分”沼”落ち状態だし!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編

2018年02月25日

ジャンク ジャンク ジャンク?!

きょうは大阪日本橋の某中古トイガンショップで
開催された”ジャンク市”の模様、はお店のブログに
まかせて、お買い物日記を。



年明けあたりから、ですがショップのブログなどで告知されていた
イベント、ジャンクを一気に放出する会?が本日開かれ、
ワタクシも、(開店15分ほど前から、ですが)行列に参加、
買い物してきたのでとりあえずささっと。



まずはハドソン Madmax(ガスガン版)。
コレはもう正統派ジャンク?!
機関部の底板部分が亜鉛崩壊でいっちゃってます。

今後どうするか、はマダこれから考えるつもり、ですが
コレ、モデルガン版を持ってますが、かなり内部構造が違い、
グリップ内部にもイロイロ入っており、比較は面白そう
(ネタ要員、違う要因??)。

まあ、最悪”投げ捨て用プロップ”でも惜しくないオネダンだし。



2つめはマルシン ポリスリボルバー。
あの、コレも同じモノを持ってますが、リアル形状のカートで
HW製らしく、重量もあります。
それに6mm仕様!のようですが、バレルは8mmに見える、、、
ま、そのうちに検証しましょう。

動きが異様に固いですが、これもジャンク価格なら、ですね。



3つめあたりから事態は好転?!
コレはクラウンのデリンジャーです。

箱も説明書もありませんが、コレはエアコキで上バレルが
マガジンになっており、6連発!

実射試験はしてませんが、もうアサッテの方向に飛んでもいい!
(でもハンマーがコック後戻るのはちょっと不満、やっぱりマルシンの
買うべきか??? ジャンクで物欲増進→お店の思うツボ?)



4つめはタナカ ブローニングハイパワーM1935。
これはマガジンのガス注入部から少しガス漏れがありますが、
まあマグナならこれくらい許容範囲(意見には個人差があります)。



最後は、ジャンク箱からつかみ出した途端、体内に電流が走った
(ほどではないですが)!珍品、大日本技研のセブロ ボブソンズ
(アップルシードの銃)!!



かなり塗装がアレ、ですが、コレ、固定ガスガンにレジンのガワを
被せたモデルです。

大日本技研では、同じセブロ(士郎正宗作品登場メーカー)の
M-5を入手してますが、アレはレジン一体キャスト、一応タマが出る
仕様のモノが手に入ってラッキーでした。

これは暇を見て綺麗に塗り直してやりたいですね。

というカンジで、これだけ買っても下手な1/12フィギュア以下のおネダン、
これだからジャンク市は止められませんなぁ!!

次回はまだいつになるか?ですが、会場は人が入りきれないような
大騒ぎ!!でした。

もし宜しかったら、皆様も次回!!
(、、、もしかしてオレ、ライバル増やしてる??)
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:41Comments(2)こんなモノ番外編

2018年02月07日

アンダーアーマー ヴァルセズRTS

このところ、用事でとある役所に
よく行くのですが、毎回知らない人に
丁寧に会釈される、、、
よく似たエライひとがいるのか、
それとも向こうはコッチを知ってる?
(いや、でもそれじゃあワタクシ、
”悪質クレーマー”認定?!)

あ、さてきょうはカナタちゃん、はまたアニメネタの
ときに、で今回は買い物ネタ、ですが、いつものトイガンではなく、
ブーツ(いちおうタクティカルユース、ということで)を。



へい、お持ち!(いや、待ってない?!)
あの、最近バイクにまた乗るようになり、昔のブーツなんかを
引っ張り出してみたものの、、、さすがにワタクシ以上に
くたびれており、まあそれも味、なのカモ、ですが(笑)。

フツーの靴でも乗れないことはないんですが、この時期
物凄く寒い!!
朝なんか東証に上場(変換ミスに乗っかりました)、
違う凍傷になりそうです。

そこでひとつライディングブーツを新調(いや”ツルシ”のを
買うだけ、ですが)しても、ですが、通勤に毎日使う訳でも
ない(理由は寒い、雨降る、など実に軟弱!)し、今乗ってる
のはオートマでチェンジペダルも無いし、、、
ので、休日の街歩きにも使えるくらいカジュアルなものを、
などと考えていたところ、ふと思いついたのが「ブーツなら
ミリタリー用でもいいんじゃね?」でした。



昔から、ですが特に昨今ミリタリーアイテムはファッション
に良く取り入れられてるし、”SUS製ニーガード”(笑)が
付いてるバイク用よりは目立たないし!

そこでいくつか行きつけのショップなどを巡り、イロイロ
見てまわったところ、昔の革靴(コンバットブーツ)は既に
ヴィンテージ!で、現在主流は(バイク用もそうですが)
ファブリック(+一部に革)製になっており、更に”タクティカル
ブーツ”なら色も黒くて目立たないし、動きやすそうで
かつライディングに必要な踝あたりの保護や防風性
(中の空気が容易に吸い出されない)もありそう!!

有名どころのベイツ、日常用?としても有名なメレル、など
ナカナカ良さそう!などと見ていて見つけたのがコイツです。

アンダーアーマーはスポーツ全般のアイテムを扱っていますが、
こういうのもやってたんですね!

コレ、手にして驚いたのが、ともかく軽い!!こと。
この軽さが決め手で、半ば衝動的に入手してしまいました。



ヴァルセズ、というのがペットネームで、RTSというのが
型式でしょうか?



編み上げの紐だけ、というのもあるようですが、脱ぎ着しやすい
サイドジッパーを選択しました。



靴底は大根がオロセソウナくらい凸凹しており、雨で濡れた
コンクリートなどでも!滑りにくく、音も出にくいですね。



しかしワタクシ、サバゲに行ったことも、また行く予定も
ないのですが。
(リタイア軍人のコスプレ??)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2017年12月24日

2017OTHER SIDE BEST TOYGUN

今夜はクリスマス・イブ、ということで?
前回に引き続きベストネタ?で
年間ベストTOYGUNのほうを!!



この企画は前回の年間pv数ベスト5と同じく、
昨年12月から今年11月末の間にワタクシが購入(含中古)
したトイガンから、勝手に5つほど選ぶ、という
まあ”何がベスト”か?なモノです、はい。

いやトイガンなんて趣味のモノ、更にモデルガンに至っては
いわゆる”実用性”がないように作られているハズ、で、
命中精度、作動性や耐久性など、およそスペックとは
関係なく”ただ集めている”だけ、なんですが。

一応コスト、逆にコストパフォーマンス、希少性や
コレクションの体系上の重要性など基準にする要素は
あるのですが、それに加えて”湧いた愛着”みたいな
(ダレデスガ「蚤,ダニみたい!」とか言うのは!!)
要素が大きいカモ。

それでは一つ目、
ポリスポジティブ ニッケルフィニッシュ


昨年からマイブームの銀色モノ、ですが、
このモデルは曲線とニッケルの輝きが特に際立ち、
女性的で派手さも渋さも(ドッチや!)兼ね備えた
お気に入り、です。

二つ目は、
コクサイ M66 2.5インチスクエアバットカスタム


コレも銀色ですが(笑)、映画「ガントレット」で使用された
珍しいスクエアバットの2.5インチをコクサイが
作ってくれたモノ。

コクサイさん、もちろんメジャーなモデルも、ですが、
こういうカスタムや以前の復刻を、これからも
お願いしますよ!

3つめはCMC ワルサーGSP


これは希少性もあるし、競技用の銃は好きだし、
なにより格好良いし!

実はいままで入手していなかったのは、金色が
退色してしまった個体ばかりで、法的に疑問符が
付くものは、、、と避けていたから、なんですが、
純金!メッキを家庭で行う”めっき工房”での
メッキに成功したので今回ゲット!

メッキも綺麗にのっており、また最近映画ネタでも
使用したり、と活躍しています。

金属モデルガンでは、最初から24Kメッキの
パイソン8インチも入手し、その仕上げ、作動そして
重さは非常に満足しています(惜しくも今回選外、
だってタナカ ガスガンも持ってるし!オネダンも
プレミアが付きつつあるし)。

4つめはタナカ コルトパイソン スネークアイズ


これは最近再販されてちゃってますが(笑)、
コルトが限定生産し、オリジナルの刻印、グリップなどを
装備したコレクター向けのセットをタナカがガスガンで
再現したものですね。

スチールフィニッシュとニッケルそれぞれ単体で出た
のですが、個人的には2つセットで化粧箱とかに
入れてくれても(でも二倍以上のオネダンになるな、、、)、
だったのですが。

タナカさんはM29のダーティハリーモデル、SAAの
ロー&オーダー、そしてヴィンテージのM36など、
限定モデルも手掛けており、これからもスペシャル
モデルをイロイロ出してほしいところ、です。

最後はやっぱりコイツ、留之助ブラスター2049

今年、ひとつの購入金額としてはトップ(三八式より
高い!)、注目度も高いし、ウチではHWSや高木式の
レジンキャスト、爆水拳銃(水鉄砲)に至るまで揃ってるし、
映画を見ちゃうとやっぱり、ということで”清水の舞台から
ダイブ”したのでここでも挙げときます(爆!)。

と、いうカンジですが、出てこなかったヤツでも
タナカS&W M66なんか安価でもお気に入り、ですし、
HWS M1860コンバーションはカービングや加工精度も
高いし、ランパント SAAニッケルなんかも良かったです。

長物も選外になっちゃいましたが、三八式、64式と
日本製ライフル(但し64式はS&T)が充実した(させた?)
一年でした。

マルシンさんは現在ディープブラック仕上げなど怒涛の
フィニッシュ違い生産攻勢をかけてるし、タナカさんも
上に挙げたニッケル、スチールフィニッシュを多くの
モデルに採用、発売してくれました。

完全新規のモデルが、ガスガンでも減っているのは
懸念材料ですが、来年も”心ときめく”モデルを、と
期待して、本日は終了!


*問題;トップとこの画像では、違うトコロがいくつかあります。
     さて、ナニが違うでしょう?
     正解者には、もれなく当ブログ主から”賛辞”が贈られる予定です。
     えっ、そんなの要らない?!
     いやそれなら答えなくてもいいから!!
     っと一人ツッコミ返しながら、、、

メリークリスマス!!Mr,ローレンス!?
(まだイブだって!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)こんなモノ番外編

2017年12月22日

2017OTHER SIDE Best5!!

きょうは毎年恒例になりましたクリスマスイベント、
当ブログの年間アクセス(pv)数ランキングを。



えーっと、この企画では昨年12月から今年の11月末までの
160ほどの記事から、アクセス数が多いものを5位から順に
ご紹介致します。

もちろん、掲載期間が長い方がたくさんの閲覧がある、ハズで、
実際このブログ全体の記事アクセス数では今年の記事は
上位100位内に入ってません!

のですが、もはや動きの少ないトータル順位より、この一年を
考える方が”傾向と対策”(するのか?)にもなりますし、
何でもどこかで区切る必要があるし、ね!

また今年に限って言えば先月の記事から5位が出ているので、
全く無理なランキングでもない、ということで。

前置きが長くなりました。
さてそれでは
第5位


第5位は同数で2つの記事が入りました。
まずは{留之助ブラスター2049}
今年11月の記事にもかかわらず、高額な買い物かつ
プロップが登場する映画公開のタイミングもあり、
多くのアクセスを頂いたようです。

コレ、本人はいまだに”価格が高い”とブーたれていますが
(爆!)、
概して費用対効果が低い当ブログ中では、”散財が報われた”
珍しい?例です。


そして{コクサイ M629新型!?}
上の留ブラに対して中古で廉価な?モデルにも関わらず、
同数5位に入っちゃいました。
もしかすると”新型!?”の文字に期待があったのカモ。
来年同じキャッチで効果を試してみようかな?(おいおいっ!)。

個人的にはトップカットに”えっくすきゅーとれーしんぐ”の
ビキニを使い、結構気に入った画像となったのが奏功したのカモ、
とも思っているんですが(こっちも来年またやってみようかな?)。


第4位


{「キノの旅」~キノ}
これも今年10月と結構最近なのですが、原作の人気か
高いアクセス数を頂いています。

このカテ「あの人のGUN」はトータルでも高アクセス数の
記事を多く出す人気企画だったのですが、
今年ランキングしたのはコレひとつ。

しかし、このカテの強さは年数が経ってもアクセス数が
伸び続ける傾向が強いこと(まあ総合上位のネタは全て
そうではあるんですが)で、この記事も将来は今の
上位を逆転して総合100位内に入る可能性も!


第3位


{爆水拳銃?!}
高木型ブラスターの水鉄砲がなんと3位!
ブラスター強し!!
コレは更に優れた外観再現性とリーズナブルな価格、
実は水鉄砲というシャレの効いた商品で、
セールス的にも好調だったのか、検索してくる方が
多かったようですね。

5位と3位に今年はブラスターが熱かった!のですが、
ただこのネタは来年も、とはいきそうにありませんね(笑)。


第2位


{MP7とUCP}
主従装備ネタからコレが2位に!
記事が昨年12月UPなので、期間的に有利だったことも
ありますが、開発中止で希少なトイガンとなったH&K
UCP(P46)、しかも今は活動されていない頑住吉氏の
ガレキ、ということで閲覧数を稼いでいるようです。


第1位


そして栄えある第1位は、
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク}(全3回)です。

このネタ、3回合わせて1位、というのではなく、何と3回ともHit数が多く、
実は年間1~3位をこの3回が独占!しています。
なので正確には上の2位は4位、なのですが、連載企画なので
3つを1位としてまとめちゃいました。

いやー強い、つーか全くミリブロとは関係ない方々が検索され
来てくださってるカンジ。

フレームアームズ・ガールはコレの前のマテリア
高アクセス数を頂いており、一連のキットはセールス的にも
好調なので、フレームアームズ専門にすればもっと人気ブログに
なったカモ(結局これがリサーチ結果?)。

まあHit数にイノチかけてる訳じゃないし、毎週新製品が出る
訳でもないし(爆!)、アームズと銘打ってるけどミリタリーか
?(いやでも既にココで取り上げてるし、他にFigmaとか
フィギュアーツとかもやってるから!)だし、何より自分が
ソコまでフレームアームズにだけ情熱を注げない!!ので、
これからも”種々雑多なネタ”=番外編の一つ、ってカンジで
(結局今まで通りかい!)。

あ、とりあえずまだ年内更新しますが、来年もイロイロ画策?
中ですので宜しく!です。では!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2017年12月10日

ブラスター×2÷6=??

きょうは「そういえば、、、」という一品(2品?)、
1/6 TOMSONブラスター&スピナーガールブラスター
(スナブノーズ)を。



えーっと、リアルサイズはこのあいだ入手した
留之助ブラスターで、下の2つが今回の主役、
以前に購入していた1/6のレジンキットです。



フルサイズ版はグリップなどが別部品のエコ仕様を
組み立て、塗装したもので、スピナーガール用は
そのままの真っ黒!です。



スピナーガールというのは、レジンの女性フィギュアで、
それに付属させるために作られたスナブノーズ版、
なのですが、HWSのスナブノーズよりは長く、グリップも
S&Wのファイティンググリップっぽいものに替えられています。



スピナーガールも塗装したら、ですが、もう既に久しく
絶版状態、もったいないしそのまま、です(爆!)

留之助のナノ、というのもあり、こちらは最近映画の
公開に合わせてキーホルダーになって販売されていたような、
ですが、ちょっとサイズが違う(1/6じゃなかったような)!
のでスルーしてます。

まあ1/6はこれらで十分お腹一杯、ですが(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)こんなモノ番外編

2017年12月02日

2017ショットショージャパン冬

きょうは高齢、違う恒例のショットショー買い物日記、
2017 冬編を。



今回は朝職場に寄る用事もあり、会場に着いたのは
開場少し前、でしたが、前売り券を事前に買っておいたのと
前回より行列も少なかったような、で、スムーズに入れました。



で、今回の獲物、まずはカナマルのトラッカー.357 6インチです。

これはチャーターアームズ ブルドッグのバリエーションで、
カナマル(製造はKTWだったそうな)では他にもコレの4インチ版、
アンダーカバーなどがあったような、ですが、
ウチではブルドッグしか無かったので確保!

ブルバレルの6インチが実に精悍です。



次はSILEのターゲットグリップ。
これは箱の説明によると、S&W Nフレ用のようです。



そしてレーザーサイト。
これはMGCがハードボーラー用に作ったモノ、
のはずですが、黒く塗られていますね。
まあレーザーは点くし、そのうち剥離か再塗装して
ハードボーラーに乗っけようかと。

と、コンナかんじで入場後30分もしないうちに離脱!!
あ、今回も乙夜さんは来られてましたし、なんか別イベントも
あったようで、賑やかな雰囲気は”買い物”意欲を掻き立て、
ついついイロイロ欲しくなっちゃいます。

レプリカですがロシア,中国の銃剣とか、BB弾が出るらしき
ナイフピストルとか、もう少しで買っちゃいそうだったのですが、
このところ散財が過ぎるので自粛!!
(とかいいながらコレダケ買ってるんじゃん!)。

明日も開催されており、マルイの89式とかHWSの
コスモドラグーンなどが展示されていたようなので、
気になる方は是非!!  

2017年11月17日

シグマの超?望遠ズーム

♪シャットダウンはね~ 
アプリ閉じてやるんだ
ホントはね♪
(元曲;「さっちゃん」)
しかし最近、直前のタスクを覚えてくれてる
ソフト、増えたよね
(言い訳してもダメ!またそのうちHDDが
クラッシュするぞ!!)

わっちは賢狼ポロリ(したらアカンやろ!)じゃ、なくて
紅い猫RRⅢです皆様こんばんは。

あ、さてきょうの買い物は番外編、
廉価超望遠レンズ通信?を。



えーっと、以前ブルーインパルスの撮影に行った
のをUPしてますが、このとき使用したのが、
タムロン200-400(75D)でした。
75Dはリサイクルショップ!の中古激安品、の割には
役立った!のですが、さすがに航空機撮影では
解像度が、、、

まあ撮影者がピン合わせどころか、被写体を追う
ことすらままならないウデだった、というのもありますが、
この状況を打開すべく!今回入手したのがコレ!!



シグマ150-500 APO DG OS HSMです。
といっても、たまたまカメラ屋さんで安く中古が出ていた!
というきっかけ、だったんですが(爆!!)

タムロン75Dに比べ、100mm望遠域は伸びてるし、
パープルフリンジも気にならない!ようだし、
それにピントは早くて(最新型はもっと早いそうですが)
静かなHSM(超音波モーター)駆動、
レンズ本体内にブレ補正機能搭載!と機能満載なのも
気になって、、、



現在は50-500mmや600mmまで望遠域を
伸ばしたモデルが出ており、廃版になっているのと、
購入時ゴムが白化して見栄えが悪かった!ため
安価になっていたようです。

ゴムはアルコールと艶復活剤で拭いたら綺麗に
なったし、あんまり使われていた形跡もなく、
モノとしては(現在の高性能版には敵わないケド)
お買い得だった(どこまでも安物買いの、、、)かと。



ちょっと使ってみたところ、まず驚かされたのが
電池の減りの早さ!!
ブレ防止機能と高速モーターのせいか、フツーの5倍!
くらい電気を食います。

それに加え、75D以上に大きく重く、もうライフルというより
マシンガン振り回すくらいの体力が必要カモ(意見には
個人差があり、”大袈裟”くらいの表現は許容されることを
ココでは求めております、キリッ!)。

最初手持ちも考えてましたが、あっさり三脚に載せ、
そのまま肩に担いで移動、というスタイルに落ち着きました。



画像はα65で撮影、等倍で切り出したもの(PC閲覧時)
ですが、昼間で20mくらい離れていても、被写界深度と
被写体のブレが問題になりやすいですね。

やはり、超望遠を使いこなすのはかなり難しそう、、、



被写体が動かないと、結構ピント合うんですが。




ということで、まだまだ続く?安レンズ遊び(とはいえ
今回のはカメラ本体より高い、、)。

あ、飛行機追っかけるのは、まだまだ、なので、
やっぱり対象捕捉用ドットサイトとか付けようかな
(どこまでも装備に頼るな!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2017年10月25日

自宅警備隊ベルクロワッペン

このあいだ、隣の猫が久しぶりに膝に乗り、
私の手なんかを嘗め回し、あげくにキスを
迫ってきました!(オスなのに?!)
どうやらその日食べたカニの匂いが
まだ染みついていたようで、
慌てて風呂に入り直しました。
そのまま寝たら猫に食われてたカモ!!


あ、さてきょうは”エロマンガ先生×自宅警備隊N.E.E.T.
自宅警備隊名誉隊員紗霧のベルクロワッペン”(長っ!)を。



これはたまたま訪れた電機屋さんのトイガンコーナーで
発見、即確保!(つまり衝動買い)したモノです、はい。



伏見つかさ原作のアニメ「エロマンガ先生」主人公?
和泉紗霧の立派な”自宅警護”っぷりに自宅警備隊N.E.E.T.が
感激しコラボした商品、との体(おいおいっ!)で発売された
商品のようですね。



えーっと、ワタクシ、サバゲにも行かず(自宅警護隊員?)、
軍装のコレクションも無い!のですが、実は同じくアニメの
「GATE」2巻に付いてきたワッペン貼り付けベース付きの
Tシャツがあり、なにかワッペンが欲しいな、とも思っていた
ので、ちょうど良かった!です。



あ、ワッペン自体は鮮やかな色使い、丁寧な縁どりなど、
詳しくないけどクオリティは高いと思いマス。

通販などでもまだ売られているようなので、
興味が湧いた方は是非一つ!(宣伝?)。

しかし今回、トップカットはガハラさん
(「化物語」~戦場ヶ原ひたぎの衣装)、
ネタはエロマンガ先生、そして貼り付け先は
「GATE」と、”関係ねぇ~!”アニメでまとめちゃってますな
(他人事かいっ!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)こんなモノ番外編

2017年09月02日

2017ショットショースペシャル!

きょうは見てある記、改め買いある記、
いつもの中間時期?でスペシャルと銘打った
ショットショーのレポなどを。



エーット、昔は秋に開催されてた気もするショットショー、
最近は5月末に12月!となっており、今回はその間を
埋めるべく?9月にスペシャル版が開催されました。

とはいえ、いつもとナニが違うか、といえば?で、
まあ一回多い変則開催なので、カモですね!

さて、今回も様々な出店者の方々が、面白いモノを
持ってきて展示,販売されていました。

その中で拾って?きたのがコレ、



中国制式の九二式手槍のラバーガンです。
訓練用に作られてたのでしょうか?
以前映画ネタで”モノがない”と嘆いていたロシア製MP-443
グラッチに似てますね。

コレもモデルガンなど望み薄(でもガスガンなら海外で
作るカモ!)なので、今後のネタの為に確保!

基本的にゴム製ですが、トリガーだけはプラで可動し、
クリック音が出ます。



次は爆水拳銃用ホルスター。

本体も売られてましたが、「何か買ったら
ジャンクのグリップ差し上げます」というのに釣られて?
ホルスターを買っちゃいました。



そしてパイソン用サービスサイズグリップ。



これはコクサイ用で、内側加工も外寸もピッタリ!
コクサイは現在オーバーサイズのみですが、
以前はメーカーオプションで作っていたのでしょうか?



最後は大物!
タナカ P08用スネイルマガジンです。
これは箱に入っていて価格表示が無い!せいか
ワタクシに順番が回ってきたのカモ、ですが、
ともかく手にとって価格を聞いてみると激安!
ガス漏れしてても構わん!堪らん!!と
鼻息荒くゲット!!!

帰って確認してみると、ちゃんとガス入って
(ということは漏れてない)ました。

あ、今回も乙夜さんや売り子の女子もおられ、
某中古トイガンショップでは向かいのメイドカフェ?
店員さんを引っ張り出してくる!?など、
華やかな雰囲気、天気も良いですが、春より
混んでなかった!!と買い物には良い状態でした。

実は珍しいダミーカートや、激安電動ガンなども
見てたんですが、、、
買えば良かったかな?
などと煩悩炎上!の場、盛り上がっていました。
明日も開催されるので、宜しければ是非!!  

2017年08月25日

帰ってきたウッズマン?

アゾン様、”エロマンガ先生”は、
是非ピュアニーモでも制作を!


あ、きょうはメイドコスオフ会、じゃない!
MGC ウッズマンヘビーバレルについて、です。



ウチをよく見き来てくださる方なら、お気づきカモ、ですが、
実はヘビーバレルの6インチは既に持っており
これは完全にカブっています。

なのにナゼ?といえば、コレは手持ちのモノを買う前から
(新品購入で)持っていたから、なんですね。

ウッズマンは昔から好きな機種で、コレクションも充実して
きているのですが、このヘビーバレル6インチは実家で
行方不明!だったため、止む無く?もう一挺買っちゃった!
んですね。



箱は当時のモノが残っており、というか、箱だけで中身が
ないため、”行方不明”だったのですが、、、
なんと積み上げた本の間に、袋に包まれて入っていた!
(落ちた?)のをこの間帰省中に部屋掃除してて発見!!
いや~たまには実家の掃除をしてみるもんだ!

あ、画像はCAWのと比較、です。
実物の箱はこのモデルの時代、革調の柄にランパントコルト、
というモノだったようですが、MGCとCAWでロゴデザイン
などが揃っており、これは”MGC復刻”を謳ったから?
でしょうか?



ともかく、カブってはいますが何か一挺もらったような気分
(といってもプレンゼントは致しません!)。

袋に入って日光の当たらないところにあったためか、
程度も新品同様!!



箱のCAWウッズマン、飛葉モデルとの比較。
飛葉モデルにはCAW/MULEの特製グリップを付けています。



CAWは再販時にマガジンキャッチやその上の成型用凹みなど、
各部を改良していますが、基本的に同じなので、グリップの
互換性などはあると思います。

しかし!
6インチヘビーバレルが2つになったので記念に撮影、
とか思ったら、今度はウチの中で買い足したヤツが行方不明、、、
結局一つしか目の前には現れない運命なのか
(いや、このように”消えて”しまって買い足した機種が、他にも
あるんです!!
ちゅうーか、実家の前にウチをしっかり整理しろって
トコロなんですが  苦笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2017年08月13日

リトルアーモリー ウォーターガンA

きょうは1/12アームズ?ネタで、
トミーテック リトルアーモリー
LAO30 ウォーターガンAセットを。



これは最近発売になったもので、
この間の爆水拳銃が思いのほか好評で、
周囲の方々も買い求められるほど!だったので
2匹目のドジョウ?いやジャンルが違いますが(笑)。



Aセットは緑、A2セットはピンクのクリアーパーツが
使われているようです。



ライフル部はブルーの樹脂で成形されています。

コレは同社のM4の型が使われており、コレだけでフツーに
青いM4が組めるのですが、、、

グリーンの水鉄砲系パーツにポンプ部があり、コレを
使ってM4を水鉄砲化できます。



組み立ての注意をひとつ。

パーツの切り離しには模型用ニッパーをお薦めするトコロですが、
矢印のようにランナーとの接続部が残るので、更にカッターなどで
取り除かないと綺麗にパーツ同士が合いません。



さて、組み立ては接着も含め10分くらいあれば出来ちゃいます!

M4ベースの2トーン!?ライフルのほか、中型のビームライフル型、
拳銃(ワルサーP38型だが、ちゃんと上部に水を入れる穴の
フタが付いてます)型、そして水風船!などがが入っています。



これも最近発売になったバンダイ SHFフィギュアーツの
森雪と。

森雪にも精密なコスモガン?が付いていますが、今回は
M4ウォーターガンを持ってもらいました。



リトルアーモリーとFigmaのコラボ、朝戸未世に付属の
M4とウォーターガンの比較。

本体部分は共通なのですが、FigmaではODカラーの
サイト、レーザーモジュール、グリップなど(付けてませんが!)
が付いています。



当然の成り行きとして?朝戸未世にも持ってもらいました。



リトルアーモリーといえばちょっと前に大物!偵察用バイクと
そのベースとなったKLXも発売されてます。

あ、共演は今回Figmaで水着といえば、のそに子ちゃん
(日焼けVer.)。



そに子ちゃん(白肌版?)2人でも!
(左がM4、右がビームライフル型水鉄砲です)。



いやー、ビキニに水鉄砲、一気にデスクサイドが
夏っぽくなります(しかし撮影後、次の撮影のため
さっさと箱に収納、撤収されちゃいましたが!!)。

皆様も1/12ウォーターガン、ひとついかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:30Comments(0)こんなモノ番外編

2017年08月02日

爆水拳銃?!

きょうはこの夏のマストアイテム(な訳きゃーない!)、
高木型弐〇壱九年式 爆水拳銃(クリアブラック)を。



これは最近発売になったもので、映画「ブレードランナー」に
登場したプロップガン、通称デッカードブラスターを再現した
水鉄砲!です。



エルフィンナイツ(高木型)のブラスターを原型とし、
グリップ部に水タンク,ポンプを内蔵、トリガー
(2つが連動してます)操作で水を銃口から出します。



元々はチャーターアームズの44口径ブルドッグに
ステアーのボルトアクションライフルを合体させたもので、
大型のサイズがそのまま再現されているため、
水鉄砲としては少々お高めですが、黒く塗ったら
アブナイんじゃ、とか思うくらいの再現度!

元々実物?がクリアオレンジのグリップなので、
水鉄砲っぽい?雰囲気があり、更にこのクリアブラックが
なんともSFチックな雰囲気を醸し出しており、以前の
無可動レジンキャストより”商品性”は上カモ!!

この”リアルさのためか、上の画像(袋に入った状態)
のように、オレンジ色のマズルパーツが同梱されており、
海外などで使用する場合コレを接着するよう
指示されています。

あ、このヒーロープロップと同色のオレンジグリップ以外に
クリアブルー版(本体も少し薄い色で、シルバーと
されてます)も同時発売されています。



弾道はハナから下向いていきますが(爆!)
射程は3~4mと”非常に安全”です。

但し至近距離ではソレナリの水圧がありますので
目などに入らないよう使用にはご注意を!

グリップのタンクはフタが取れやすかったりしますが、
一回に消費される水が少ないため、ワンチャージで
5分くらいの撃ち合い(撃ちっぱなしではない)は持つカモ。



ワンフェスなどでは更にコレ用のホルスターまで
発売されたようで、謎ですが豪華版、というのも
あったらしい、、、

さすがにLED点灯などのギミック、ボルトやシリンダーの
開閉などの機構(当然?)は備えていませんが、
海や山のレジャーに、「大人のコダワリ」(おっさんの
自己満足ともいう)の一品として、いかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)こんなモノ番外編

2017年07月19日

CAWのガバ用バレル

きょうはちょこっと趣向を変えて?
モデルガン樹脂部品のことを。



少し前、某BBSで、初期型のCAWガバ(M01911A1)
バレルがメンテ中に割れてしまった、という
お話がありました。

初期ロットのバレル割れは、なんと販売直後から
頻発していたそうで、メーカーは対策品を出したものの、
当時割れていなかった個体ではそのまま、も多いんじゃ
ないかと思います。

鋼などは、1000万回繰り返しかけても折れない応力を
疲労限度と定めているのですが、軍用けん銃の耐久性
要求でも10万発ほど、つまり、元々疲労限度よりかなり
”無理”をした設計なんじゃ(繰り返し応力より摩耗などの
影響が大きいのカモ、ですが)、です。

ソレを樹脂で”忠実に”再現すると、当然強度的には
非常に低くなります。

だからといって出荷直後から折れたんじゃモンダイかも、
ですが、そもそも素材(強度)が全く違うのに”リアルサイズ”
に拘った結果で、またユーザーがソレを求めた、という
側面もあるのかも、です。

MGCの設計はリアルじゃないと散々叩かれましたが、
(耐久性はともかく 笑)作動性は一歩抜きんでており、
担当の小林さん(現タニオ・コバ)は今でも(最小限の
アレンジになってますが)”快調に動く”ことを主眼に
モデルガンを作っておられます。

CAWは型を引き取ったこともありますが、現在はなんと
MGCリバイバルのガバを作っています。

と難しい話が続きましたが、ともかくリアルサイズ,メカに
拘ったCAW製品は、破損の危険があります。

ウチではスコーフィールドのバネはネジを回して弱め、
SAA,ポケット,レミントンはバネ自体を同社の対策品に変え、
南部大型に至っては作動させない!など”破損対策”を
考えています。



そしてウチの”リアル志向”CAWガバ、ナショナルマッチです
(コレも専ら観賞用、です)。

ガバとしてはM1911A1のあとで、バレルは対策されている
ので大丈夫、と聞きますが、今回の話しで気になったので
見てみました。



ロッキングラグの溝に沿って割れた、とのことですが、
コレは大丈夫のようです。

そしてバレルを取り出しながら思い出したのですが、、、



バレル内部に金属(鉄?)が埋め込まれており、
ロッキングラグ方向にはまず折れない!!



でも、逆に、バレル軸線方向には熱膨張,収縮の違い
による応力でヒビ割れそうですよね!

木材柱の背割りのように、バレル下にスリットとかを
設けておいたほうが良いカモ、ですが、このウエイト,
インサートを兼ねたバレルの補強は、リアルマッコイ
でもやってたような、なので、まあ割れたら修理か、
交換すればいいし!とこのまま組みました(爆!)。

あ、でもCAWは(一応今も存続してるものの)パーツは
あるのか、またいつになったら手元に届くのか?だし!
現行ガバ系モデルガンで(エランの超高級は除いて)
パーツ供給があるところって、マルシンさん
くらいしか思いつかない、、、

ま、以前A1でMGCのを加工転用したこともあるし、
いざとなれば(金属棒を入れて改造対策して)ABS
削り出し、というテもないことは(でも面倒だよね!)、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2017年05月27日

きょうはショットショー!

皆さんこんばんは!
きょう、明日大阪ではショットショー(2017春)が
開かれています。
いつものように、軽ーくレポ,いや買い物日記を。



えーっと、今回は前より5分くらいは早く着いたのですが、、、
前回以上の大行列!!
隣の建物なんか通り越して!エライ入場待ちになりました。

とあるブログによるとショットショー限定モノの転売屋までいる!
そうなので、来場者は増える一方、なのカモ。

しかしミナミではパチンコ屋の開店待ちや、
ナニかわからないですが他でも結構朝から行列が見られました。
誰だ大阪人は並んでまでモノを買わん!とかいってたのは!?



あ、それで買い物なんですが、、、
今回、特に掘り出し物、というようなモノは見つからず、
ちょうど新品で購入を迷っていたタナカ パイソンの4インチ
ニッケルを新品同様で安くしてくれるというのをゲット!
(結局買ってんじゃん!!)



それだけでは物欲は納まらず(いや、時間があったので)、
日本橋の行きつけのお店に移動してコレマタ購入思案中だった
モーゼル用ストックを買っちゃいました。

ショットショーの方に戻ると、マルイさんの”ニパ子コラボ”発表や、
HWSのメタルカートリッジコンバーションモデルなどの発売予定品も
展示され、無可動実銃では旧日本軍ライフルがズラッと並び、
小物ではAK74用銃剣(昨日話題にした6kh4)が売られていたり、と
見るだけでも下手な博物館並み!?の素晴らしい品々が並び、
来場者では井伊大老暗殺に使われたのでは?とされる古式銃まで
持っている某コレクターさんも見に来られていました。

売り子さんも女子の方が順調に増えている?カンジで、更にコスプレ
写真集を売るメイドさんまで!登場するこのカオス感!!

開場直後ということもあり、満員電車の乗降時のような混雑ぶりは、
今回また一層拍車がかかっているような、でした。

明日もショットショーは開催されますので、大阪近郊の方はもちろん、
ちょっと遠方の方もぜひ一度!!

(あ、今回入場券は昼食時うっかり間違って捨ててしまった!
ので会場案内でトップカットをやっちゃいました。)  

2017年05月14日

M327をどうするか?

きょうは今悩んでいる?コトについて、です。



このあいだ、たまたま見つけたM327ですが、
ウチでは全く同じモノがあり、ハナからカスタムベース
のつもり、だったのですが、、、



カスタム前に、一度付属のスコープマウントを使ってみよう、
と思い立って、これも最近たまたま同じモノを入手できた
マルゼンのピストルスコープを付けてみました
(上の画像、左がM327、右はコクサイ M10スピードコンプ)。



スコープは狙いやすくなるものの、手が痛くなるほど重い!ので、
オープンダットにしてみたり。



コレだと、バレル取り外し、ホップ調整も付けたまま(画像では
はずしてますが)行え、またマウントベースだけなら付けたまま
元の前後サイトも使えます。

と、なかなか優秀なマウント+バレルなのですが、、、
やはりカスタムでは、まずバレルから替えることになりそう!!

しかも、このM327、凝ったホップ構造を採用したため、
同じタナカ製Nフレのバレルでもそのままでは入りません!



どーせ取り付け部分を加工するなら、とパイソン8インチバレルを
合わせてみました(とりあえず、なのでサイトもインナーバレルも
外したまま、ですが)。

8インチで8連発(ペガサスなのでシリンダー内には更に弾が入りますが)!!
というのもかなり面白そうですが、コレをやるともうKフレに8インチパイソン
バレルが付かなくなるし、もともとは2.75インチくらいのバレルで、現在
S&Wの商品リストに入ってるカタチにしたかった!ので、、、

ホップ調整機構は殺すことになりそうだし、いや44マグのNフレ個体もあるので、
6連発ならソッチの方が付けるのは楽なんですが、と悩んで(実は作業に
入るのが億劫でサボって?)ます。


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)こんなモノ番外編

2017年01月27日

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク その1

きょうは緊急特番?!
コトブキヤから発売されたばかりの
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク
組み立て記(第一回)を。
≪注意;組み立て過程を撮影しており、頭部だけのフィギュア
     などの画像が以下に存在します。苦手な方はご遠慮ください。≫
   


えーっと、フレームアームズはコトブキヤが手掛ける
ロボットメカ(組み換え,可動式)プラモデルキットですが、
その本体を少女化したガールシリーズが現在絶好調のようで、
ここで以前取り上げたマテリアも含め、既発のキットも
次々再販されるなど人気商品になっています。

四月からはアニメも放送予定、とのこと、
ますます人気が出そうなのですが、
この度発売されたフレズヴェルク、とうとう?スク水ガールが
登場したのでゲットしちゃいました(テヘペロ、ってもう古いの?)。



箱は以前のマテリア以上に深さがある大きなものです。
装備が多く、オネダンに見合った??部品点数の
結構組みごたえがありそうなキットですね(、、、戦々恐々!)。

今回は、装備が多く、フル装備では自立しないのか?!
フライングベースとかいう飛行状態で保持する透明の
スタンドも付属しています。



このシリーズは(というかコトブキヤ標準?)説明書も
カラー表紙でパッケージと同じイラストが印刷されるなど
”飾っておける”商品性の高いものになっていますが、
今回は10ページを超えるものになっちゃってマス。

クリアブルーのパーツが目を引きますが、実は来月には
透明クリアパーツなどが付いた限定版も出るそうです。

、、、悩ましいトコロですが、実はこのノーマルカラー、
とある別キャラに似ている(それは今後紹介予定)ので、
次に限定版を買うかどうかは別にしてとりあえず欲しかった!!


さて、以前はこのあたりで次の回に、と引き延ばし?て
いたんですが、もうこの手の組立記は何回も書いてますし、
とっとと組み立てに突入!

まず頭部から。
精度は高いものの二分割金型なので、髪は前後部それぞれ
3分割(更に首元が一つ)です。

ジョイント受けパーツ、顔面取り付けパーツの他、今回は
青クリアパーツも使ったヘッドセット?があり、
パーツの捜索がタイヘン!!(それぞれのランナーには
アルファベットが彫ってありますが、10以上のランナー、
200のパーツ?から探すのも一苦労)。



ランナーが多いのは使用色が多いから、でもあり、
未塗装でもソコソコに仕上がるよう配慮されているようです。

この頭部だけでも5色のパーツを使う(更にジョイント用の
軟質素材もあります)ので、説明書でランナーの
大体のカタチを見ながら捜索します。

パーツは基本的にランナーから切り離したまま、
支障がありそうなところはナイフ,ヤスリで削ってみましたが、
そこだけ艶消しになるので更に細かいヤスリで研磨、
コンパウンド仕上げをしたほうがいいかも。

接着剤不要のはめ込み式なので、そのあたりは
とりあえず素組みで本体を作ってから、とします。



後頭部はこんなカンジ。

次に瞳など印刷済みの顔面(未印刷もあり、瞳デカールも
付属しています)、前髪とこちらにも青クリアーのバイザー?
を取り付け、ヘッド部が出来ました。



髪は艶消し塗装だけでもした方が良いカモ、ですが、
とりあえず本体完成を目指します
(週イチくらいでこのネタを展開予定、です)。

では!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)こんなモノ番外編きっとkit

2016年12月24日

OtherSide 2016 best toygun

さてきょうはクリスマスイブ、昨日に続き、今年入手
(といっても必ずしも今年発売、ではありません!)
のトイガンからベストを選ぶ、という恒例のネタを。



まずは去年もたくさんのベストバイ?を出した
HWSから、HScです。



うちでは(MULEさんの)刻印,ウエイト追加サービスの為
入手が遅れましたが、あのHScがとうとう完全再現(いままでは
違う構造で、しかも近年はトイガンが出てなかった!)ということで
期待も高かった製品ですね。


2つめはタナカ M10 4インチ ニッケルフィニッシュを。



これは新しい製品ではなく(いやむしろ現在流通在庫無し、かと)、
ウチでも中古入手ですが、このところのマイブーム?銀色モノを
代表して(笑!)。

できたらコレもモデルガン化して欲しいトコロですが、バージョン
(年代)違いとはいえコクサイが作っているから難しいのカモ。


3つめはM500パフォーマンスセンターマグナムハンター6.5インチ
(長っ)。



これはモデルガンですが、タナカではガスガンも併売しています。
ウチにはスタンダードな8-3/8インチもあるのですが、M500は
ともかくデカい!
小さいのも好きですが、重厚長大もまた好物、コレは今年発売で
新品入手するほど、なのでランクイン!!


4つ目もタナカ 九九式スポーターです。



これはかなり以前に発売され、現在は絶版ですが、運よく中古で
手頃な物が手に入りました。

ワタクシ、特にスポーター(ハンティング)ライフルは好きで、
集めていたりするのですが、最近は軍用スナイパー人気に
押されてか(いやソレも嫌いではないんですが)ラインナップ
されなくなってしまっており、”チャンスがあれば”と数年間
コレを探していました。

という訳で、思い入れでは今年コレがNo1かも!


そして同じくタナカのアリサカライフル 四四式。



これはモデルガンですが、ガスガンなら今も販売されているんじゃ、
ですね。

そういう意味では珍しくも新しくもないんですが、実は購入価格で
今年一番!の大物!!

ということで、タナカさんが4つも並びました(爆!)。
去年と同じくこの中でドレが一番、とは云えないですが、
ボルトアクションと銀色(メッキ)、に明け暮れた一年でした。

あ、今年もまだありますが、地道に次回からは
通常運転?に戻るつもり、です。

ではまた!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:21Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月23日

OtherSide 2016best5

こんばんは!
今年もあと一週間余りになり、
そしてクリスマス!の時期でもあるので、
ここらで年に一回のベスト5をやってみようと思います。



えーっと、この企画は昨年の12月から今までにUPした記事で、
アクセス数の高いものをランキング形式でお伝えするという、
まあお祭り的な(え、そんなに盛り上がってない?)ヤツです、はい。

ではさっさと5位から、
3月11日UPの「ワイルドホークSARABA



これはウチでは久しぶりのWAガバ新品入手ですが、
やはり人気映画で使用された銃のレプリカということで
注目が集まったのでは?ですね。

舘ひろしさん関連では、以前ドラマのキャラネタをやったときも
高いアクセス数を頂いています。


さて次は4位ですが、このところの1/12人気を反映して、
S.H.フィギュアーツ 峰不二子」(5月1日)が入りました。



SHフィギュアーツは約1/12スケールで映画やアニメの
キャラクターをアクションフィギュア化しており、これは
トイガンファン以外のアクセスも多かったのカモ、ですね。


3位は「日本橋のトイガンショップ」(4月24日)
大阪 日本橋は今やアキバに次ぐサバゲー,トイガン関連ショップ
密集地になったのでは?で、ワタクシのネタ仕入れ先にも興味を
持たれたのでしょうか?ともかく某G店(そういえば来年そうそうに
ちょっと移転するそうです)のご紹介にたくさんのアクセスを頂きました。



2位は「デムバート・チェッカリングツール」(1月22日)
ウチでは一連のチェッカリング関連にも高い注目が集まり、
高いアクセス数を頂いています。
中でもこの記事が多かったのは、デムバートの工具がナカナカ
入荷しない(ピッチ違い、とかはあったりしますが)せいもあるのカモ!



そして今年度の1位は、なんと3月9日の
フレームアームズ・ガール マテリア その1

4位の峰不二子と違ってキット(プラモ)なんですが、
これもトイガンファン以外にも受けたようで。
但し、この回は箱を開けただけなんですが(爆!!)。



ということで、純粋にトイガン紹介したものは一つしか入らない!
という今年はかなり波乱含みのランキングとなりました。

来年はココも1/12フィギュア紹介ブログに、なってないと思いますが(笑)、
まあブログもトイガンショップも、流行りは取り入れて”変わらなきゃ”
なのかも、ですね。

あ、次回は恒例、今年のベストトイガンをやろうかと思いますので
また宜しく!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月09日

SHF ブラックウィドウ

「ワンパンマン」を「アンパンマン」に
間違えるのはもちろんのこと、
「アイアンマン」でも「アイアンキング」を
連想してしまうワタクシは既に
”昭和の枯れススキ”、なのでしょうか?

そーいや最近薄はもちろんキリン(セイタカアワダチ)草も
見ないな、と思ったら、雑草が茂った空き地ってのが
激減してる(管理がウルサく、ちょっとした土地は
駐車場かコンビニになってる)、、、

草すら生きにくくなってるんでしょうか
(世知辛い!!)。

あ、さてきょうも全力不良中年!?今回はまた
1/12アクションフィギュアの紹介で、
バンダイ S.H.フィギュアーツ
「アベンジャーズ エイジ オブ ウルトロン」版
ブラック・ウィドウ(お~長~)を。



これはいわゆる予約販売方式のみで販売されたもので、
当時は発売も知らず、買い逃していたのですが、
たまたま適当な価格(でもやはり販売時よりは、、、)で
売られているのを見つけ、ゲットしたものです。

しかし入手後、調べてみると、更にプレミアが付いて
扱われているトコロが多く、まあラッキーだったのですが。



パッケージはこのように中身が半分見える豪華な?もので、
以前ご紹介した峰不二子と同じ大きさです。

バンダイ SHFの通販限定版では、紙箱のみとした
パッケージのものが以前作られていたのですが、これは
通常の店頭販売分と変わらないカンジですね。



1/12でこれだけリアルなお顔は、今までなかったような、で、
これはデジタル彩色という技術を使ってるそうです。

試作(パッケージ写真)に比べ髪の濃淡が少ない気はしますが、
1/12が新たな領域に達した(大げさ!?)ような、高い再現性で、
スカーレット・ヨハンソンの雰囲気が良く出ていると思います。

その細やかな着色はボディにも及び、胸元にいくにつれ
濃いめになる肌色、など単なる”塗り分け”以上のクオリティです。



あ、上の画像ではコレマタ以前ご紹介したYSK
1/12銃器、FG42を持たせてます
(武器はグロックG26が2挺、そしてバトンも付属してました)。

発売は今年の9月末とのことなので、あんまり時間は
経っていないと思うのですが、ちょっと鼻が黒ずんでる、、、
(拭けば綺麗になるのカモ、ですが)。

入手時は未開封で、透明の凹凸を成形した保護材に
入っていたのですが、鼻が高くて接触してたのかも。



”ブラック・ウィドウ”はナターシャ・ロマノヴァ(ロマノフ)という
名前で、元ロシアのスパイ、アイアンマンの敵として
コミックでは登場、後に米国に亡命してアベンジャーズに参加、
超人的な身体能力の持ち主(といっても他のメンバーはメカや
ホントの超人力!を持ってるんですが)とのこと、
実は登場からもう50年以上経つけど未だに若々しい
キャラクターというトコロが超能力!!なのカモ、ですが(笑)。



最後は同じSHFの峰不二子(右)とFigmaの草薙素子
(SAC版)とも。

スカーレット・ヨハンソンが今度は草薙素子をやる予定なので、
ヘッドを換装してみようかと思いましたが、抜けない
(魔改造対策? )ので断念!

大きさはこの中ではちょっと大きめですが、まあ1/12で、
Figma(正確に1/12とは謳ってない)でも結構大きいのが
あるので、あ、でも、女性としてはかなりガタイが良いほうだな!



SHFでは、アイアンマンの各バリエーションを含め
アベンジャーズの面々を制作しており、
このブラック・ウィドウと絡めて、高い可動性で
映画のシーンを再現!できそうです。

今後もこのヘッド制作技術を生かしてリアルなフィギュアが
でてきそうなので、SHFに注目していきたい
(できたら予約販売で手に入れたかった!し)です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月03日

2016ショットショー冬の部と日本橋ショップ

まいど!
きょうは恒例?ショットショーとそのご近所
日本橋での買い物日記を。



えーっと、今回もいつものように開場少し前に、
ではなく今回従来より30分くらい前に着いちゃった!のですが、
シカシ既に建物より長い行列が!!
いったい皆さん何時から並んでるでしょうね?

ともかく、今回会場で入手したものはHWSリメイク(元ハドソン)
のハイスタ デリンジャー。



ハドソンのは黒も銀も持ってるんですが、HWSはHWになってるし、
このところまたHWSづいてる?ので。

予備のカートも付いており、未使用のカートが
4発!とナカナカお得!!

今回イロイロなトコロが出展してたのですが、他には
(予算オーバーとかで)めぼしいモノがみつからず、
並んだ時間の1/4くらいで退出!!

とっとと日本橋に向かい、ショットショーにも出店していた
トコロを覗いてみたところ、下のようなモノを見つけてしまい、、、



S&Tのガスガン、モシン・ナガンです。
エアコッキングはKTWのコピーっぽかったので
敬遠、またガス式でも海外メーカーなので、、、と避けていたんですが、
今回、Cランク(傷アリ箱ナシ)ということで
非常にお求めやすい価格になっていたのでつい。



ガスはボルトに注入するのですが、
ボルトストロークはこのように非常に短くなっちゃってます。

これはトイガンとしては素早いリロードが可能になる、
とも言えますが、どうせ電動のフルオートに敵う訳ないし、
雰囲気重視でフルストロークにして欲しかったところですね。

また、ストックを止めるバンドやそのストッパは
”一応機能する”程度で、全般に加工は”中華クオリティ”です
(だからフツーの価格では手を出さなかった、という側面も)。

しかし、逆に機関部を含め金属部品が多用されているし、
このところボルトアクションライフルのコレクションも増えてるし、
KTWのオネダンでは手が出なかったし、、、
(いや素直にウレシイの一言が言えんのか!)

と、♪ああああ~あ~ 大阪~は~ 今日も~ ダメだったぁ~♪
(つーかオマエが物欲に負けたんだろうが!!)

あ、ショットショーは今回も売り子さんに女子が増えており、
ミリブロガー乙夜さんもワタクシが帰る頃から、ですが登場、
マルイも試射コーナーを設け、HWSはナガンリボルバーの
試作を展示、とニギヤカでした。

皆様も、都合がつけば是非一度。  

2016年10月23日

リトルアーモリー 朝戸未世

きょうはまた1/12フィギュアネタ、
今回はトミーテックとFigmaのコラボ?
「リトルアーモリー 朝戸未世」を。



これは先週発売になったものですが、
トミーテックがこれまで展開していた1/12銃器の
箱絵に描かれていた女子キャラクターをFigmaで
フィギュア化!したものです。



箱は通常のFigmaなんですが、、、



「リトルアーモリー」のM4A1が同梱されており、



ランナーについたプラモデル状態のそれを組み立てると
コンナ感じです
(バレル根元は少し曲がって付くので、差し込み部分を
削り、真っ直ぐ付くようこのあと改修しました)。



ポーチに入るマガジン、グロックや無線機、ショルダーバック
なんかはグッスマ(Figma製造元)で作っているような、で、
組み合わせるとこのように。



アゾンのカスタムリリィとも。
こうして比べると、アサルトリリィシリーズはちょっと大きいですね。

このカスタムリリィも、衣装はアゾンの別売りされているものを
合わせています。
衣装が布製なので、ちょっと大きくなるのは難点ですが、素材感は
さすがにリアルで、このように組み合わせ自由なのも良いですね。

あ、リトルアーモリーでは、バイクのKLX250や椎名六花(フィギュア
第二弾?)の制作発表も行っており、まだまだ充実していきそうです。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:00Comments(2)こんなモノ番外編