2017年09月02日

2017ショットショースペシャル!

きょうは見てある記、改め買いある記、
いつもの中間時期?でスペシャルと銘打った
ショットショーのレポなどを。



エーット、昔は秋に開催されてた気もするショットショー、
最近は5月末に12月!となっており、今回はその間を
埋めるべく?9月にスペシャル版が開催されました。

とはいえ、いつもとナニが違うか、といえば?で、
まあ一回多い変則開催なので、カモですね!

さて、今回も様々な出店者の方々が、面白いモノを
持ってきて展示,販売されていました。

その中で拾って?きたのがコレ、



中国制式の九二式手槍のラバーガンです。
訓練用に作られてたのでしょうか?
以前映画ネタで”モノがない”と嘆いていたロシア製MP-443
グラッチに似てますね。

コレもモデルガンなど望み薄(でもガスガンなら海外で
作るカモ!)なので、今後のネタの為に確保!

基本的にゴム製ですが、トリガーだけはプラで可動し、
クリック音が出ます。



次は爆水拳銃用ホルスター。

本体も売られてましたが、「何か買ったら
ジャンクのグリップ差し上げます」というのに釣られて?
ホルスターを買っちゃいました。



そしてパイソン用サービスサイズグリップ。



これはコクサイ用で、内側加工も外寸もピッタリ!
コクサイは現在オーバーサイズのみですが、
以前はメーカーオプションで作っていたのでしょうか?



最後は大物!
タナカ P08用スネイルマガジンです。
これは箱に入っていて価格表示が無い!せいか
ワタクシに順番が回ってきたのカモ、ですが、
ともかく手にとって価格を聞いてみると激安!
ガス漏れしてても構わん!堪らん!!と
鼻息荒くゲット!!!

帰って確認してみると、ちゃんとガス入って
(ということは漏れてない)ました。

あ、今回も乙夜さんや売り子の女子もおられ、
某中古トイガンショップでは向かいのメイドカフェ?
店員さんを引っ張り出してくる!?など、
華やかな雰囲気、天気も良いですが、春より
混んでなかった!!と買い物には良い状態でした。

実は珍しいダミーカートや、激安電動ガンなども
見てたんですが、、、
買えば良かったかな?
などと煩悩炎上!の場、盛り上がっていました。
明日も開催されるので、宜しければ是非!!  

2017年08月25日

帰ってきたウッズマン?

アゾン様、”エロマンガ先生”は、
是非ピュアニーモでも制作を!


あ、きょうはメイドコスオフ会、じゃない!
MGC ウッズマンヘビーバレルについて、です。



ウチをよく見き来てくださる方なら、お気づきカモ、ですが、
実はヘビーバレルの6インチは既に持っており
これは完全にカブっています。

なのにナゼ?といえば、コレは手持ちのモノを買う前から
(新品購入で)持っていたから、なんですね。

ウッズマンは昔から好きな機種で、コレクションも充実して
きているのですが、このヘビーバレル6インチは実家で
行方不明!だったため、止む無く?もう一挺買っちゃった!
んですね。



箱は当時のモノが残っており、というか、箱だけで中身が
ないため、”行方不明”だったのですが、、、
なんと積み上げた本の間に、袋に包まれて入っていた!
(落ちた?)のをこの間帰省中に部屋掃除してて発見!!
いや~たまには実家の掃除をしてみるもんだ!

あ、画像はCAWのと比較、です。
実物の箱はこのモデルの時代、革調の柄にランパントコルト、
というモノだったようですが、MGCとCAWでロゴデザイン
などが揃っており、これは”MGC復刻”を謳ったから?
でしょうか?



ともかく、カブってはいますが何か一挺もらったような気分
(といってもプレンゼントは致しません!)。

袋に入って日光の当たらないところにあったためか、
程度も新品同様!!



箱のCAWウッズマン、飛葉モデルとの比較。
飛葉モデルにはCAW/MULEの特製グリップを付けています。



CAWは再販時にマガジンキャッチやその上の成型用凹みなど、
各部を改良していますが、基本的に同じなので、グリップの
互換性などはあると思います。

しかし!
6インチヘビーバレルが2つになったので記念に撮影、
とか思ったら、今度はウチの中で買い足したヤツが行方不明、、、
結局一つしか目の前には現れない運命なのか
(いや、このように”消えて”しまって買い足した機種が、他にも
あるんです!!
ちゅうーか、実家の前にウチをしっかり整理しろって
トコロなんですが  苦笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2017年08月13日

リトルアーモリー ウォーターガンA

きょうは1/12アームズ?ネタで、
トミーテック リトルアーモリー
LAO30 ウォーターガンAセットを。



これは最近発売になったもので、
この間の爆水拳銃が思いのほか好評で、
周囲の方々も買い求められるほど!だったので
2匹目のドジョウ?いやジャンルが違いますが(笑)。



Aセットは緑、A2セットはピンクのクリアーパーツが
使われているようです。



ライフル部はブルーの樹脂で成形されています。

コレは同社のM4の型が使われており、コレだけでフツーに
青いM4が組めるのですが、、、

グリーンの水鉄砲系パーツにポンプ部があり、コレを
使ってM4を水鉄砲化できます。



組み立ての注意をひとつ。

パーツの切り離しには模型用ニッパーをお薦めするトコロですが、
矢印のようにランナーとの接続部が残るので、更にカッターなどで
取り除かないと綺麗にパーツ同士が合いません。



さて、組み立ては接着も含め10分くらいあれば出来ちゃいます!

M4ベースの2トーン!?ライフルのほか、中型のビームライフル型、
拳銃(ワルサーP38型だが、ちゃんと上部に水を入れる穴の
フタが付いてます)型、そして水風船!などがが入っています。



これも最近発売になったバンダイ SHFフィギュアーツの
森雪と。

森雪にも精密なコスモガン?が付いていますが、今回は
M4ウォーターガンを持ってもらいました。



リトルアーモリーとFigmaのコラボ、朝戸未世に付属の
M4とウォーターガンの比較。

本体部分は共通なのですが、FigmaではODカラーの
サイト、レーザーモジュール、グリップなど(付けてませんが!)
が付いています。



当然の成り行きとして?朝戸未世にも持ってもらいました。



リトルアーモリーといえばちょっと前に大物!偵察用バイクと
そのベースとなったKLXも発売されてます。

あ、共演は今回Figmaで水着といえば、のそに子ちゃん
(日焼けVer.)。



そに子ちゃん(白肌版?)2人でも!
(左がM4、右がビームライフル型水鉄砲です)。



いやー、ビキニに水鉄砲、一気にデスクサイドが
夏っぽくなります(しかし撮影後、次の撮影のため
さっさと箱に収納、撤収されちゃいましたが!!)。

皆様も1/12ウォーターガン、ひとついかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:30Comments(0)こんなモノ番外編

2017年08月02日

爆水拳銃?!

きょうはこの夏のマストアイテム(な訳きゃーない!)、
高木型弐〇壱九年式 爆水拳銃(クリアブラック)を。



これは最近発売になったもので、映画「ブレードランナー」に
登場したプロップガン、通称デッカードブラスターを再現した
水鉄砲!です。



エルフィンナイツ(高木型)のブラスターを原型とし、
グリップ部に水タンク,ポンプを内蔵、トリガー
(2つが連動してます)操作で水を銃口から出します。



元々はチャーターアームズの44口径ブルドッグに
ステアーのボルトアクションライフルを合体させたもので、
大型のサイズがそのまま再現されているため、
水鉄砲としては少々お高めですが、黒く塗ったら
アブナイんじゃ、とか思うくらいの再現度!

元々実物?がクリアオレンジのグリップなので、
水鉄砲っぽい?雰囲気があり、更にこのクリアブラックが
なんともSFチックな雰囲気を醸し出しており、以前の
無可動レジンキャストより”商品性”は上カモ!!

この”リアルさのためか、上の画像(袋に入った状態)
のように、オレンジ色のマズルパーツが同梱されており、
海外などで使用する場合コレを接着するよう
指示されています。

あ、このヒーロープロップと同色のオレンジグリップ以外に
クリアブルー版(本体も少し薄い色で、シルバーと
されてます)も同時発売されています。



弾道はハナから下向いていきますが(爆!)
射程は3~4mと”非常に安全”です。

但し至近距離ではソレナリの水圧がありますので
目などに入らないよう使用にはご注意を!

グリップのタンクはフタが取れやすかったりしますが、
一回に消費される水が少ないため、ワンチャージで
5分くらいの撃ち合い(撃ちっぱなしではない)は持つカモ。



ワンフェスなどでは更にコレ用のホルスターまで
発売されたようで、謎ですが豪華版、というのも
あったらしい、、、

さすがにLED点灯などのギミック、ボルトやシリンダーの
開閉などの機構(当然?)は備えていませんが、
海や山のレジャーに、「大人のコダワリ」(おっさんの
自己満足ともいう)の一品として、いかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)こんなモノ番外編

2017年07月19日

CAWのガバ用バレル

きょうはちょこっと趣向を変えて?
モデルガン樹脂部品のことを。



少し前、某BBSで、初期型のCAWガバ(M01911A1)
バレルがメンテ中に割れてしまった、という
お話がありました。

初期ロットのバレル割れは、なんと販売直後から
頻発していたそうで、メーカーは対策品を出したものの、
当時割れていなかった個体ではそのまま、も多いんじゃ
ないかと思います。

鋼などは、1000万回繰り返しかけても折れない応力を
疲労限度と定めているのですが、軍用けん銃の耐久性
要求でも10万発ほど、つまり、元々疲労限度よりかなり
”無理”をした設計なんじゃ(繰り返し応力より摩耗などの
影響が大きいのカモ、ですが)、です。

ソレを樹脂で”忠実に”再現すると、当然強度的には
非常に低くなります。

だからといって出荷直後から折れたんじゃモンダイかも、
ですが、そもそも素材(強度)が全く違うのに”リアルサイズ”
に拘った結果で、またユーザーがソレを求めた、という
側面もあるのかも、です。

MGCの設計はリアルじゃないと散々叩かれましたが、
(耐久性はともかく 笑)作動性は一歩抜きんでており、
担当の小林さん(現タニオ・コバ)は今でも(最小限の
アレンジになってますが)”快調に動く”ことを主眼に
モデルガンを作っておられます。

CAWは型を引き取ったこともありますが、現在はなんと
MGCリバイバルのガバを作っています。

と難しい話が続きましたが、ともかくリアルサイズ,メカに
拘ったCAW製品は、破損の危険があります。

ウチではスコーフィールドのバネはネジを回して弱め、
SAA,ポケット,レミントンはバネ自体を同社の対策品に変え、
南部大型に至っては作動させない!など”破損対策”を
考えています。



そしてウチの”リアル志向”CAWガバ、ナショナルマッチです
(コレも専ら観賞用、です)。

ガバとしてはM1911A1のあとで、バレルは対策されている
ので大丈夫、と聞きますが、今回の話しで気になったので
見てみました。



ロッキングラグの溝に沿って割れた、とのことですが、
コレは大丈夫のようです。

そしてバレルを取り出しながら思い出したのですが、、、



バレル内部に金属(鉄?)が埋め込まれており、
ロッキングラグ方向にはまず折れない!!



でも、逆に、バレル軸線方向には熱膨張,収縮の違い
による応力でヒビ割れそうですよね!

木材柱の背割りのように、バレル下にスリットとかを
設けておいたほうが良いカモ、ですが、このウエイト,
インサートを兼ねたバレルの補強は、リアルマッコイ
でもやってたような、なので、まあ割れたら修理か、
交換すればいいし!とこのまま組みました(爆!)。

あ、でもCAWは(一応今も存続してるものの)パーツは
あるのか、またいつになったら手元に届くのか?だし!
現行ガバ系モデルガンで(エランの超高級は除いて)
パーツ供給があるところって、マルシンさん
くらいしか思いつかない、、、

ま、以前A1でMGCのを加工転用したこともあるし、
いざとなれば(金属棒を入れて改造対策して)ABS
削り出し、というテもないことは(でも面倒だよね!)、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2017年05月27日

きょうはショットショー!

皆さんこんばんは!
きょう、明日大阪ではショットショー(2017春)が
開かれています。
いつものように、軽ーくレポ,いや買い物日記を。



えーっと、今回は前より5分くらいは早く着いたのですが、、、
前回以上の大行列!!
隣の建物なんか通り越して!エライ入場待ちになりました。

とあるブログによるとショットショー限定モノの転売屋までいる!
そうなので、来場者は増える一方、なのカモ。

しかしミナミではパチンコ屋の開店待ちや、
ナニかわからないですが他でも結構朝から行列が見られました。
誰だ大阪人は並んでまでモノを買わん!とかいってたのは!?



あ、それで買い物なんですが、、、
今回、特に掘り出し物、というようなモノは見つからず、
ちょうど新品で購入を迷っていたタナカ パイソンの4インチ
ニッケルを新品同様で安くしてくれるというのをゲット!
(結局買ってんじゃん!!)



それだけでは物欲は納まらず(いや、時間があったので)、
日本橋の行きつけのお店に移動してコレマタ購入思案中だった
モーゼル用ストックを買っちゃいました。

ショットショーの方に戻ると、マルイさんの”ニパ子コラボ”発表や、
HWSのメタルカートリッジコンバーションモデルなどの発売予定品も
展示され、無可動実銃では旧日本軍ライフルがズラッと並び、
小物ではAK74用銃剣(昨日話題にした6kh4)が売られていたり、と
見るだけでも下手な博物館並み!?の素晴らしい品々が並び、
来場者では井伊大老暗殺に使われたのでは?とされる古式銃まで
持っている某コレクターさんも見に来られていました。

売り子さんも女子の方が順調に増えている?カンジで、更にコスプレ
写真集を売るメイドさんまで!登場するこのカオス感!!

開場直後ということもあり、満員電車の乗降時のような混雑ぶりは、
今回また一層拍車がかかっているような、でした。

明日もショットショーは開催されますので、大阪近郊の方はもちろん、
ちょっと遠方の方もぜひ一度!!

(あ、今回入場券は昼食時うっかり間違って捨ててしまった!
ので会場案内でトップカットをやっちゃいました。)  

2017年05月14日

M327をどうするか?

きょうは今悩んでいる?コトについて、です。



このあいだ、たまたま見つけたM327ですが、
ウチでは全く同じモノがあり、ハナからカスタムベース
のつもり、だったのですが、、、



カスタム前に、一度付属のスコープマウントを使ってみよう、
と思い立って、これも最近たまたま同じモノを入手できた
マルゼンのピストルスコープを付けてみました
(上の画像、左がM327、右はコクサイ M10スピードコンプ)。



スコープは狙いやすくなるものの、手が痛くなるほど重い!ので、
オープンダットにしてみたり。



コレだと、バレル取り外し、ホップ調整も付けたまま(画像では
はずしてますが)行え、またマウントベースだけなら付けたまま
元の前後サイトも使えます。

と、なかなか優秀なマウント+バレルなのですが、、、
やはりカスタムでは、まずバレルから替えることになりそう!!

しかも、このM327、凝ったホップ構造を採用したため、
同じタナカ製Nフレのバレルでもそのままでは入りません!



どーせ取り付け部分を加工するなら、とパイソン8インチバレルを
合わせてみました(とりあえず、なのでサイトもインナーバレルも
外したまま、ですが)。

8インチで8連発(ペガサスなのでシリンダー内には更に弾が入りますが)!!
というのもかなり面白そうですが、コレをやるともうKフレに8インチパイソン
バレルが付かなくなるし、もともとは2.75インチくらいのバレルで、現在
S&Wの商品リストに入ってるカタチにしたかった!ので、、、

ホップ調整機構は殺すことになりそうだし、いや44マグのNフレ個体もあるので、
6連発ならソッチの方が付けるのは楽なんですが、と悩んで(実は作業に
入るのが億劫でサボって?)ます。


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(0)こんなモノ番外編

2017年01月27日

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク その1

きょうは緊急特番?!
コトブキヤから発売されたばかりの
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク
組み立て記(第一回)を。
≪注意;組み立て過程を撮影しており、頭部だけのフィギュア
     などの画像が以下に存在します。苦手な方はご遠慮ください。≫
   


えーっと、フレームアームズはコトブキヤが手掛ける
ロボットメカ(組み換え,可動式)プラモデルキットですが、
その本体を少女化したガールシリーズが現在絶好調のようで、
ここで以前取り上げたマテリアも含め、既発のキットも
次々再販されるなど人気商品になっています。

四月からはアニメも放送予定、とのこと、
ますます人気が出そうなのですが、
この度発売されたフレズヴェルク、とうとう?スク水ガールが
登場したのでゲットしちゃいました(テヘペロ、ってもう古いの?)。



箱は以前のマテリア以上に深さがある大きなものです。
装備が多く、オネダンに見合った??部品点数の
結構組みごたえがありそうなキットですね(、、、戦々恐々!)。

今回は、装備が多く、フル装備では自立しないのか?!
フライングベースとかいう飛行状態で保持する透明の
スタンドも付属しています。



このシリーズは(というかコトブキヤ標準?)説明書も
カラー表紙でパッケージと同じイラストが印刷されるなど
”飾っておける”商品性の高いものになっていますが、
今回は10ページを超えるものになっちゃってマス。

クリアブルーのパーツが目を引きますが、実は来月には
透明クリアパーツなどが付いた限定版も出るそうです。

、、、悩ましいトコロですが、実はこのノーマルカラー、
とある別キャラに似ている(それは今後紹介予定)ので、
次に限定版を買うかどうかは別にしてとりあえず欲しかった!!


さて、以前はこのあたりで次の回に、と引き延ばし?て
いたんですが、もうこの手の組立記は何回も書いてますし、
とっとと組み立てに突入!

まず頭部から。
精度は高いものの二分割金型なので、髪は前後部それぞれ
3分割(更に首元が一つ)です。

ジョイント受けパーツ、顔面取り付けパーツの他、今回は
青クリアパーツも使ったヘッドセット?があり、
パーツの捜索がタイヘン!!(それぞれのランナーには
アルファベットが彫ってありますが、10以上のランナー、
200のパーツ?から探すのも一苦労)。



ランナーが多いのは使用色が多いから、でもあり、
未塗装でもソコソコに仕上がるよう配慮されているようです。

この頭部だけでも5色のパーツを使う(更にジョイント用の
軟質素材もあります)ので、説明書でランナーの
大体のカタチを見ながら捜索します。

パーツは基本的にランナーから切り離したまま、
支障がありそうなところはナイフ,ヤスリで削ってみましたが、
そこだけ艶消しになるので更に細かいヤスリで研磨、
コンパウンド仕上げをしたほうがいいかも。

接着剤不要のはめ込み式なので、そのあたりは
とりあえず素組みで本体を作ってから、とします。



後頭部はこんなカンジ。

次に瞳など印刷済みの顔面(未印刷もあり、瞳デカールも
付属しています)、前髪とこちらにも青クリアーのバイザー?
を取り付け、ヘッド部が出来ました。



髪は艶消し塗装だけでもした方が良いカモ、ですが、
とりあえず本体完成を目指します
(週イチくらいでこのネタを展開予定、です)。

では!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月24日

OtherSide 2016 best toygun

さてきょうはクリスマスイブ、昨日に続き、今年入手
(といっても必ずしも今年発売、ではありません!)
のトイガンからベストを選ぶ、という恒例のネタを。



まずは去年もたくさんのベストバイ?を出した
HWSから、HScです。



うちでは(MULEさんの)刻印,ウエイト追加サービスの為
入手が遅れましたが、あのHScがとうとう完全再現(いままでは
違う構造で、しかも近年はトイガンが出てなかった!)ということで
期待も高かった製品ですね。


2つめはタナカ M10 4インチ ニッケルフィニッシュを。



これは新しい製品ではなく(いやむしろ現在流通在庫無し、かと)、
ウチでも中古入手ですが、このところのマイブーム?銀色モノを
代表して(笑!)。

できたらコレもモデルガン化して欲しいトコロですが、バージョン
(年代)違いとはいえコクサイが作っているから難しいのカモ。


3つめはM500パフォーマンスセンターマグナムハンター6.5インチ
(長っ)。



これはモデルガンですが、タナカではガスガンも併売しています。
ウチにはスタンダードな8-3/8インチもあるのですが、M500は
ともかくデカい!
小さいのも好きですが、重厚長大もまた好物、コレは今年発売で
新品入手するほど、なのでランクイン!!


4つ目もタナカ 九九式スポーターです。



これはかなり以前に発売され、現在は絶版ですが、運よく中古で
手頃な物が手に入りました。

ワタクシ、特にスポーター(ハンティング)ライフルは好きで、
集めていたりするのですが、最近は軍用スナイパー人気に
押されてか(いやソレも嫌いではないんですが)ラインナップ
されなくなってしまっており、”チャンスがあれば”と数年間
コレを探していました。

という訳で、思い入れでは今年コレがNo1かも!


そして同じくタナカのアリサカライフル 四四式。



これはモデルガンですが、ガスガンなら今も販売されているんじゃ、
ですね。

そういう意味では珍しくも新しくもないんですが、実は購入価格で
今年一番!の大物!!

ということで、タナカさんが4つも並びました(爆!)。
去年と同じくこの中でドレが一番、とは云えないですが、
ボルトアクションと銀色(メッキ)、に明け暮れた一年でした。

あ、今年もまだありますが、地道に次回からは
通常運転?に戻るつもり、です。

ではまた!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:21Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月23日

OtherSide 2016best5

こんばんは!
今年もあと一週間余りになり、
そしてクリスマス!の時期でもあるので、
ここらで年に一回のベスト5をやってみようと思います。



えーっと、この企画は昨年の12月から今までにUPした記事で、
アクセス数の高いものをランキング形式でお伝えするという、
まあお祭り的な(え、そんなに盛り上がってない?)ヤツです、はい。

ではさっさと5位から、
3月11日UPの「ワイルドホークSARABA



これはウチでは久しぶりのWAガバ新品入手ですが、
やはり人気映画で使用された銃のレプリカということで
注目が集まったのでは?ですね。

舘ひろしさん関連では、以前ドラマのキャラネタをやったときも
高いアクセス数を頂いています。


さて次は4位ですが、このところの1/12人気を反映して、
S.H.フィギュアーツ 峰不二子」(5月1日)が入りました。



SHフィギュアーツは約1/12スケールで映画やアニメの
キャラクターをアクションフィギュア化しており、これは
トイガンファン以外のアクセスも多かったのカモ、ですね。


3位は「日本橋のトイガンショップ」(4月24日)
大阪 日本橋は今やアキバに次ぐサバゲー,トイガン関連ショップ
密集地になったのでは?で、ワタクシのネタ仕入れ先にも興味を
持たれたのでしょうか?ともかく某G店(そういえば来年そうそうに
ちょっと移転するそうです)のご紹介にたくさんのアクセスを頂きました。



2位は「デムバート・チェッカリングツール」(1月22日)
ウチでは一連のチェッカリング関連にも高い注目が集まり、
高いアクセス数を頂いています。
中でもこの記事が多かったのは、デムバートの工具がナカナカ
入荷しない(ピッチ違い、とかはあったりしますが)せいもあるのカモ!



そして今年度の1位は、なんと3月9日の
フレームアームズ・ガール マテリア その1

4位の峰不二子と違ってキット(プラモ)なんですが、
これもトイガンファン以外にも受けたようで。
但し、この回は箱を開けただけなんですが(爆!!)。



ということで、純粋にトイガン紹介したものは一つしか入らない!
という今年はかなり波乱含みのランキングとなりました。

来年はココも1/12フィギュア紹介ブログに、なってないと思いますが(笑)、
まあブログもトイガンショップも、流行りは取り入れて”変わらなきゃ”
なのかも、ですね。

あ、次回は恒例、今年のベストトイガンをやろうかと思いますので
また宜しく!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月09日

SHF ブラックウィドウ

「ワンパンマン」を「アンパンマン」に
間違えるのはもちろんのこと、
「アイアンマン」でも「アイアンキング」を
連想してしまうワタクシは既に
”昭和の枯れススキ”、なのでしょうか?

そーいや最近薄はもちろんキリン(セイタカアワダチ)草も
見ないな、と思ったら、雑草が茂った空き地ってのが
激減してる(管理がウルサく、ちょっとした土地は
駐車場かコンビニになってる)、、、

草すら生きにくくなってるんでしょうか
(世知辛い!!)。

あ、さてきょうも全力不良中年!?今回はまた
1/12アクションフィギュアの紹介で、
バンダイ S.H.フィギュアーツ
「アベンジャーズ エイジ オブ ウルトロン」版
ブラック・ウィドウ(お~長~)を。



これはいわゆる予約販売方式のみで販売されたもので、
当時は発売も知らず、買い逃していたのですが、
たまたま適当な価格(でもやはり販売時よりは、、、)で
売られているのを見つけ、ゲットしたものです。

しかし入手後、調べてみると、更にプレミアが付いて
扱われているトコロが多く、まあラッキーだったのですが。



パッケージはこのように中身が半分見える豪華な?もので、
以前ご紹介した峰不二子と同じ大きさです。

バンダイ SHFの通販限定版では、紙箱のみとした
パッケージのものが以前作られていたのですが、これは
通常の店頭販売分と変わらないカンジですね。



1/12でこれだけリアルなお顔は、今までなかったような、で、
これはデジタル彩色という技術を使ってるそうです。

試作(パッケージ写真)に比べ髪の濃淡が少ない気はしますが、
1/12が新たな領域に達した(大げさ!?)ような、高い再現性で、
スカーレット・ヨハンソンの雰囲気が良く出ていると思います。

その細やかな着色はボディにも及び、胸元にいくにつれ
濃いめになる肌色、など単なる”塗り分け”以上のクオリティです。



あ、上の画像ではコレマタ以前ご紹介したYSK
1/12銃器、FG42を持たせてます
(武器はグロックG26が2挺、そしてバトンも付属してました)。

発売は今年の9月末とのことなので、あんまり時間は
経っていないと思うのですが、ちょっと鼻が黒ずんでる、、、
(拭けば綺麗になるのカモ、ですが)。

入手時は未開封で、透明の凹凸を成形した保護材に
入っていたのですが、鼻が高くて接触してたのかも。



”ブラック・ウィドウ”はナターシャ・ロマノヴァ(ロマノフ)という
名前で、元ロシアのスパイ、アイアンマンの敵として
コミックでは登場、後に米国に亡命してアベンジャーズに参加、
超人的な身体能力の持ち主(といっても他のメンバーはメカや
ホントの超人力!を持ってるんですが)とのこと、
実は登場からもう50年以上経つけど未だに若々しい
キャラクターというトコロが超能力!!なのカモ、ですが(笑)。



最後は同じSHFの峰不二子(右)とFigmaの草薙素子
(SAC版)とも。

スカーレット・ヨハンソンが今度は草薙素子をやる予定なので、
ヘッドを換装してみようかと思いましたが、抜けない
(魔改造対策? )ので断念!

大きさはこの中ではちょっと大きめですが、まあ1/12で、
Figma(正確に1/12とは謳ってない)でも結構大きいのが
あるので、あ、でも、女性としてはかなりガタイが良いほうだな!



SHFでは、アイアンマンの各バリエーションを含め
アベンジャーズの面々を制作しており、
このブラック・ウィドウと絡めて、高い可動性で
映画のシーンを再現!できそうです。

今後もこのヘッド制作技術を生かしてリアルなフィギュアが
でてきそうなので、SHFに注目していきたい
(できたら予約販売で手に入れたかった!し)です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)こんなモノ番外編

2016年12月03日

2016ショットショー冬の部と日本橋ショップ

まいど!
きょうは恒例?ショットショーとそのご近所
日本橋での買い物日記を。



えーっと、今回もいつものように開場少し前に、
ではなく今回従来より30分くらい前に着いちゃった!のですが、
シカシ既に建物より長い行列が!!
いったい皆さん何時から並んでるでしょうね?

ともかく、今回会場で入手したものはHWSリメイク(元ハドソン)
のハイスタ デリンジャー。



ハドソンのは黒も銀も持ってるんですが、HWSはHWになってるし、
このところまたHWSづいてる?ので。

予備のカートも付いており、未使用のカートが
4発!とナカナカお得!!

今回イロイロなトコロが出展してたのですが、他には
(予算オーバーとかで)めぼしいモノがみつからず、
並んだ時間の1/4くらいで退出!!

とっとと日本橋に向かい、ショットショーにも出店していた
トコロを覗いてみたところ、下のようなモノを見つけてしまい、、、



S&Tのガスガン、モシン・ナガンです。
エアコッキングはKTWのコピーっぽかったので
敬遠、またガス式でも海外メーカーなので、、、と避けていたんですが、
今回、Cランク(傷アリ箱ナシ)ということで
非常にお求めやすい価格になっていたのでつい。



ガスはボルトに注入するのですが、
ボルトストロークはこのように非常に短くなっちゃってます。

これはトイガンとしては素早いリロードが可能になる、
とも言えますが、どうせ電動のフルオートに敵う訳ないし、
雰囲気重視でフルストロークにして欲しかったところですね。

また、ストックを止めるバンドやそのストッパは
”一応機能する”程度で、全般に加工は”中華クオリティ”です
(だからフツーの価格では手を出さなかった、という側面も)。

しかし、逆に機関部を含め金属部品が多用されているし、
このところボルトアクションライフルのコレクションも増えてるし、
KTWのオネダンでは手が出なかったし、、、
(いや素直にウレシイの一言が言えんのか!)

と、♪ああああ~あ~ 大阪~は~ 今日も~ ダメだったぁ~♪
(つーかオマエが物欲に負けたんだろうが!!)

あ、ショットショーは今回も売り子さんに女子が増えており、
ミリブロガー乙夜さんもワタクシが帰る頃から、ですが登場、
マルイも試射コーナーを設け、HWSはナガンリボルバーの
試作を展示、とニギヤカでした。

皆様も、都合がつけば是非一度。  

2016年10月23日

リトルアーモリー 朝戸未世

きょうはまた1/12フィギュアネタ、
今回はトミーテックとFigmaのコラボ?
「リトルアーモリー 朝戸未世」を。



これは先週発売になったものですが、
トミーテックがこれまで展開していた1/12銃器の
箱絵に描かれていた女子キャラクターをFigmaで
フィギュア化!したものです。



箱は通常のFigmaなんですが、、、



「リトルアーモリー」のM4A1が同梱されており、



ランナーについたプラモデル状態のそれを組み立てると
コンナ感じです
(バレル根元は少し曲がって付くので、差し込み部分を
削り、真っ直ぐ付くようこのあと改修しました)。



ポーチに入るマガジン、グロックや無線機、ショルダーバック
なんかはグッスマ(Figma製造元)で作っているような、で、
組み合わせるとこのように。



アゾンのカスタムリリィとも。
こうして比べると、アサルトリリィシリーズはちょっと大きいですね。

このカスタムリリィも、衣装はアゾンの別売りされているものを
合わせています。
衣装が布製なので、ちょっと大きくなるのは難点ですが、素材感は
さすがにリアルで、このように組み合わせ自由なのも良いですね。

あ、リトルアーモリーでは、バイクのKLX250や椎名六花(フィギュア
第二弾?)の制作発表も行っており、まだまだ充実していきそうです。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:00Comments(2)こんなモノ番外編

2016年10月07日

九九式スポータ-のバレル止め

きょうは”松本市在住”(もちろんペンネーム、ですよね?)様の
ご質問に応えて、タナカ 九九式スポーターのバレル抜け止め
(固定、といっていないトコロが重要!)セットビスについて、を。



えーっと、松本市在住様もワタクシと同じく九九式スポーターを
中古で最近入手されたそうですが、取説や分解図などが
添付されていなかったため、カートや欠品パーツなど、
イロイロわからないことがあるようです。

ご質問の内容は以前の入手報告の方に書きこまれていますが、
リアサイトの下にあるバレル抜け止め用のセットビスが無く、
簡単にバレルがとれる、とのことでしたので調べてみました。



リアサイトは上下,左右調整式ですが、調整は後ろの
2つのスクリューを緩めて行い、サイト自体は前方の
スクリュー一つで止まっています。



ウチの個体では、リアサイトを外すと下にタップが切ってあって、
そこにバレル抜け止めのセットビスが入っていました
(上の画像は半分抜き出したところです)。



セットビスはいわゆるイモネジ(画像右)で、頭は無く、
ネジに埋まるカタチで六角の溝がある、L型レンチで回す
タイプのものです。

ネジはISO規格のM3、全長8mmと思われます
(上の画像左のステンレスM3ボルトが入りました)。

しかし!
このセットビス、締めようと回していくと、やがてアウターバレルから
外れてしまいます!!

アウター(バレル)とインナー両方にネジ穴があり、しかもネジ穴のある
インナーの先端部は中空構造のため、セットビスに20mm以上の
長さがないと底につかない!

そして、インナーの穴もネジ切りしている(アウターと同時加工?)ために、
締めればアウターがしっかり固定される訳ではありません。

なので、頭が沈んだくらいのところで回すのを止め、単に抜け止め
(アウターを引っ張るとちょっと前後に動く)とするしか、、、

まあ、セットビスだけなのでリアサイトを外しても目立たないし、
もともとインナーとアウターはけっこうしっかり嵌っており、
タナカのアリサカでいえば旧型?の三八式騎兵銃なんかストックの
フォアエンド部が抜ける!という有様(駄洒落ね)?!だったので、
機械設計的には?な仕様ですが、分解が簡単、ではありますよね。

アウターが薄いのも一因でしょうが、短いビスにしてインナーの貫通穴
+ネジ切りを止め、凹みだけにするか、逆にアウターの裏に凹みだけを
付けて裏から(インナーに切ったネジで)止めれば良かったんじゃ
(下から押すと膨れるカモ、ですが)、、、

根本的にはSMG規制をクリアするため、チャンバーの前方に
インサートを入れたインナーにアウターを被せなければならないから、
なんですが、なんかモーゼルも心配になってきた
(あ、二式は既にスペーサーを作って間に嵌め込んでマス)。

もし、動くのが気になっているなら、低強度のネジロックをアウターと
インナーの間に塗って固定してしまう(分解はできなくなるかも、ですが)
という方法もあります。

ま、動くといってもコンマ何ミリ、という程度だし、
ストック付けると抜ける心配はないので、ウチではこのまま、
の予定ですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(7)こんなモノ番外編

2016年09月02日

アーマーガールズプロジェクト

”777”が”フフフ”に見えたら、
アナタ、疲れてますよ。
(逆にハイになって「うっしゃー!!」とか言いだしたら、
それはそれで向こうの”思うツボ”です!!)

あ、さて今日はギャンブル、じゃなかったガンダム系で、
もはやウチの定番ネタ、1/12(今回のは1/11?)フィギュアを。



えーと、このところFigmaなどのアクションフィギュアを
立て続けに入手しちゃったのですが、更にフィギュア屋さんで
商品をづらづら眺めていて、ふと目に止まったコイツを。



バンダイのアーマーガールズプロジェクト(AGP)
MS(モビルスーツ)少女ウイングガンダムです。



武装神姫シリーズのように、ドールに装甲?、
盾に銃などを装備させるもので、本体サイズは
公称約140mmと、1/12としてはちょっと大きめですが
まあ一連のアクションドールと同じです。



フル装備状態がコレ。

こうなると、もはや自立は不可能では?ですが、
付属のスタンドを背中部分の穴に差し込めば、
”飛行中”の姿で置けるようになります。



うーん、翼などかなり大きいケド、鮮やかな
ガンダムカラーで見栄えもするし、結構気に入りました。

そこで早速次なる獲物を物色!

このガンダムシリーズは今も新製品が出ている
ようなのですが、とりあえずAGPの他のシリーズ、
ということで”デート・ア・ライブ”の鳶一折紙
(何ちゅう名前?!)というのをゲット!



こちらも若干小さめとはいえ、ウイングに
盾、銃やサーベル?といった装備が付いています。



MS少女同様、装備状態(スタンド使用)で一枚。

こちらはダークなカラーですが、クリアの青緑?
パーツがあしらわれ、素体も女の子らしい曲線が
出ており、なかなかイイ感じ!



両者を一緒に。
MS少女は、ガンダムのコスプレ少女、という
”遊び心”から生まれた、まあネタなのですが
(おいおい!)、”デート・ア・ライブ”はライトノベル,
アニメの姿を再現したもので、このフィギュアにも
ライトノベルが付属(といってもオマケ程度ですが)
しています。



装備が小さめ、と書きましたが、本体はMS少女より
更に大きく、同じバンダイのSHFモモ(画像右)と
比べるとこれくらい違います。

(ちなみにこの2つ、髪型が似ていますよね!)



Figmaでもけっこう大きさは違うのですが、”ガルパン”
西住さんと比べるとコンナ感じ。



このシリーズ、箱も中身もけっこう大きく、置き場をとるので
Figmaほどお手軽に増やす訳には、なのですが、
他に”IS(インフィニット・ストラトス)”や”艦これ”も
シリーズ展開しており、”ガンプラ”で培った技術で
大型装備付き美少女アクションフィギュア、という
独自路線をいってるカンジですね。

バンダイは上のモモ・ベリア・デビルークや、以前紹介した
峰不二子などのSHFシリーズも手掛けており、
この業界も競争が熾烈カモ、ですが、
なんといってもトイガンとは規模が桁違いでは?で、
買う方も結構泥沼度が高い!!
(とか言いながら、やっぱりトイガンに回帰していったり
するんですが、、、それはまた!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年08月21日

Figma"艦これ”吹雪

皆様、連日の酷暑で、
さっぱりしたものが欲しくなりませんか?
ワタクシこのところ、岩◎の新生姜 
「瀬◎内レモン味」がお気に入りです
(え、◎のせいで訳わからない?
違うマルデ分かっちゃう?!
いーの、宣伝してないって判れば!!)。

さてこのところFigmaづいちゃってますが、
今日は”艦隊これくしょん-艦これ-”のアニメ版 吹雪を。



”艦これ”アニメでは、この特型駆逐艦「吹雪」さんが
主人公でした。

でもFigmaで発売になったのは今年の5月で、
毎度のことではありますが、放映後になっちゃうんですよね。



Figmaでいつから変更になったか?ですが、
この吹雪フィギュア、関節が改良され、手首にも
ジョイントが組み込まれるようになり、可動域が
大きくなっています
(今回、出してみた島風もそうなので、しばらく前に
改良があったようですね)。



これでFigma駆逐艦シリーズが4体になり、
戦艦,空母はともかく、駆逐艦だけなら揃ったハズ
(左から天津風、雪風、吹雪、島風)。

いや、大型艦より、駆逐艦や潜水艦の方が
”カワイイ”娘キャラなので!!



全部セーラー服ですが、かなりデザインが違いますね。
皆さんミニスカですが、吹雪さんが一番長い、、、

吹雪さんは特型駆逐艦の1号艦(改修型じゃないよね?)
のせいか、足も他の娘さんは舵+ハイヒールなのに、
何かメカメカしい?ものです。



それぞれ装備状態でも。
ナゼか天津風は横にフネが付いっちゃってますが(笑!)。

吹雪さんの手,背中,太腿に装備を付ける形は、
”武装神姫”にソックリです。

現在、ゲームは”スマホでポケモンGO”なのかも、ですが、
”艦これ”も秋に劇場版映画の公開が控えているようなので、
まだまだ人気は続きそうですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編

2016年08月07日

ガルパン(Figma)がやってきた!

腕まである手袋、目深に被った帽子、
そしてサングラスにマフラー、
このクソ暑いのに全身を真っ黒なモノで
覆い尽くし、疾走する中高年の女性を
見かけました。

忍者の修行?!(いや日焼け対策やろ!)


あ、さてきょうはリオオリンピック開催
(とは全く関係ねーし!)記念、うちでもとうとう
戦車道始め、るのか??
グッドスマイルカンパニー Figma
ガールズパンツァーフィギュアを。



えーと、このところFigmaづいて(更にいえば1/12全般も)
いるのですが、ガルパンものは人気のせいか皆(転売目的?)
未開封のものばかり、で、価格も高騰しており、某BBS主様が
ラジコン戦車にまでコレクションを拡げているのでウチでも、
と思うものの、その価格に「なんだかなぁ~」と購入を
見送っていたのでした。

と、そんなとき、他のモノを探して日本橋のあるお店を
訪れたトコロ、開封済みで価格もこなれたモノが
あるじゃないですか!

もちろん買ったら即開封して”使う”のが前提なので、
欠品などが無ければ問題ナシ(いや、戦車内の椅子
とかキューポラは無くてもいい!)、このチャンスに
入手してしまいました!



一気に五体入手なら、セットもあり、個別に入手するより
安価に揃えられるのですが、現在そこまで思い入れも無いし、
後に戦車(なんと1/12のが売られてます!)を揃える予定も
置き場も無いのでとりあえず2体を選びました。

左が五十鈴華、右が西住みほです。
ヘッドはもちろんですが、ボディも五十鈴さんのほうが
”ナイスバディ”になっており、なんと靴下部分まで別部品
で作り込まれています!



背中には特攻服刺繍?のようにあんこうマークが!

Figma高校生モノとしては、県立北高校(涼宮ハルヒ)、
私立桜が丘高校(けいおん!)も持っているのですが、
これで大洗女子学園も加わり、ますます賑やかに
(でも結構物置が一杯に、、、)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)こんなモノ番外編

2016年07月22日

アサルトリリィ外伝 種田正奈

職場の電話(光回線)が壊れた!
修理に来られた人の話しでは
「修理依頼は今がピーク」で、
原因はなんと蝉のケースが多いんだとか!!
ケーブルを木の枝だと間違って
針を刺して卵を産み付けるそうな!

光ケーブルって軽くて細いようですが、
蝉の産卵まで想定して無かった?!
(現在イロイロ対策を考えてるようですが)


あ、きょうは1/12(ピコニーモ素体)で、
アサルトリリィのバーゲン品を。



コレはこのあいだフト訪れたドール,フィギュア店の店頭で
見つけたものですが、なんとセールで50%オフ!
(このあいだ某所でトイガンでも50%オフセールがあったとか、、、
いや別に悔し紛れにコレ買ったんじゃないんだからねっ!)



うーん全身青い!!
髪は通常の茶色と覚醒バージョンの紺色があったのですが、
サスガに髪まで青いのは、、、とコチラを選んじゃいました。

あ、ちなみに通販でも今かなり安くなってます。
アサルトリリィシリーズはものによっては予約完売だったり、で、
再販待ちのものもあるくらい人気商品だったイメージなのですが、
コレは不人気だったのでしょうか?



このあいだ入手したカスタムリリィは素体と最低限の衣装、
というカンジでしたが、コチラは武器も防具もフルセットです。



変形する剣?も丁寧に塗装され、一部はメッキのようですし、
青い石のようなものも(~のような、が多い!)輝いています!



ちなみに防具は燕尾服状態の上着!を脱いだ状態で付けます。



カスタムリリィTypeB(画像左)、アサルトリリィ004楓・J・ヌーベル(右)と。
サイズ的にはちょうど両者の中間!ですが、素体は楓さんと同じ大きい方
(バストもLL)で、1/12 SBHとも思える各部の可動性を向上させた
新型ボディ(関節強化型)です。

あ、新型はジョイントが抜けやすかったり(しかし旧型の手を抜いたら
ジョイントが千切れて中に残る、とかよりはマシかも)、もあるのですが、
説明書きが入っているように、ピケなど低強度接着剤を塗って対策
すれば良いようです。



実は素体で発売されていないこのボディが欲しかったという、、、
(ごめんね、正奈ファンの人!
でも新型はS胸のみ現在市販なの、ぐすん!)



素体の比較(あくまで”素体の比較”ですが、一応自主規制有りで)。
左から、旧型メガ(ヘッドは適当なものを乗せてます)胸Sサイズ、
新型S胸Sサイズ、新型LL胸lM脚(とスペック上表記されてます)、
旧型LL胸Mサイズです。

しかし種田正奈ヘッド、瞳も大きくパッチリしており、何だか
アニメ番組に出てくるキャラのようで、今までの路線とはちょっと違い、
そしてヘッド自体が大きい、、、

コレがバーゲン対象になった原因でしょうか?



ともかく、ヘッドも市販旧型Sサイズメガバストに
換装、ビキニを着てもらいました。

コレはコレで良いカモ!
(という終わり方で良いのか、、、)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)こんなモノ番外編

2016年07月17日

デムバート スターター・チェッカリング・セット

チェッカリングマニア、初心者及び未経験者の皆様
(って全員じゃん!)、
こんばんは、チェッカリングツールコレクター?の
赤い猫RRⅢです。

今日は、とうとう入手、デムバート チェッカリングセット
のお話しを。



えーっと、以前にウチではデムバートの一枚刃とピッチ18LPI
(1インチ当たり18本)の2枚両刃、それにハンドルを求め

スライダーを作ったりリューターを試したり、とチェッカリングに
挑戦し、とりあえず自作スライダー+デムバートの一枚刃
最も成功の確率が高い、という結果に落ち着きました。

ま、それからイロイロ忙しいこともあり?グリップ制作も滞って
チェッカリングは試さないまま、でしたが、最近になって
以前デムバートを入手したトコロにチェッカリングセットが
入荷したとの情報を受け、早速注文したところ、届いたのが
こちら(いや、説明長いな、、、)



スタータースペシャル(チェッカリングキット)です。
今回はS&Wの木製グリップと同じピッチだという
16LPIにしてみました。



キットには、3本の柄とそれぞれに一枚刃、二枚両刃、
エンド用?(S-1)刃が付き、更に一枚刃の細目、
右手用二枚片刃、二枚両刃でチェッカーの山が丸くなる
B-1境界カッターという交換用の3枚の刃と、チェッカリング
ゲージというものが同梱されています。



柄付き3本の刃のアップです。
左から一枚刃(粗目)、二枚両刃、エンド用です。



刃だけの付属品も。
左から一枚刃(細目)、境界カッター(ヤスリの谷部分がアール状)、
右手用二枚片刃(一つの山だけにヤスリ溝がある)です。



まあ、以前に二枚両刃も試していたので、欲しかったのは右手用
二枚刃片刃だけ、なんですが(爆!)。

まあピッチも折角だから違うものにしたし、一枚刃はスライダーに
付けてるし!!
で、以前の柄に二枚刃片刃を付け、入手した一枚刃付きと
二枚刃両刃の三本を使って、テストにアガチスの平板を
彫ってみました。

上の画像、左下が以前一枚刃と二枚両刃だけで彫ったモノ、
右上が今回の三本を使って彫ったモノです。



正面から、です。
角度はちょっと広すぎた!(菱形というより四角っぽい?)
のですが、溝は上手く彫れました。

デムバートの刃には方向性があるので、最初は切れない方向に
軽く”跡を付ける”カンジで引き、それから逆方向に動かして
削ると、刃先が逃げにくいです。

一枚刃は最初の溝を彫るときに使ったのですが、最初から
二枚両刃を使い、次は二枚刃片刃でラインを増やし、二枚両刃で
掘り下げる、という方法なら二本だけでもイケそうです。

これならスライダーを使うより簡単!
要は一山がガイドになる二枚刃片刃ですね。

ともかくこれでグリップにチェッカリングする自信が付きました
(って道具が揃っただけなんですケド)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編

2016年07月10日

今度は/12ステンと鋸、そしてプロポ?!

菅田将暉(鬼ちゃん役の人)をさだまさしと間違えた、、、
(正解は”すだまさき”さん、だそうです)

トップ画像はそに子ちゃん(Figma)の方がメインに
なっちゃってますが、きょうはYSKの1/12グッズ
第二弾、ステンMkⅡ,鋸,ノギスセット,
そしてRCプロポ!を。



まずはステンMKⅡ。
これはマガジンだけが別部品だった(一部ランナー除去は
残ってます)ので、ソレを差し込んだだけ!ですが、
メインスプリング,コッキングハンドルなどもモールドで表現され、
画像だけ見ると1/12には見えないのでは?という精密さです。



次はラジコンのプロポ。
自動車用とヘリ用?の2つが同梱、アンテナなどに残った
ランナーを除去、バリを落とす(スティック部は折れそうなので
まだちょっと残ってますが)とコンナ感じ。

銀色で一部塗装するよう指示されてますが、細かすぎるので
当分(というかずっと?)無塗装のまま! でも十分雰囲気出ます!!



さて3つめは「ノコギリ,ノギス」と説明書に書かれているのですが、、、



エッチングパーツには、何やら各種カッターやヤスリのようなものまで
成形されています!

同じエッチング型を使って、カッター/缶切りのセットも予定しているのでしょうか?
プラパーツはノコギリ用の取手しかないので、刃だけでは作れないのですが、、、



ちなみにノギスパーツには目盛りまでエッチングで彫られており、
フィギュア用のパーツというより、もう独立したスケールモデルですね。



とりあえず説明書に従って柄(取手)を嵌め込み、ノコギリは完成です。

しかし!ノギスは説明がなく、部品を外したものの、それらを接着するのか
それとも一部曲げると組み合わせられようになるのか??

現在ソッチは絶賛放置中!!(、、、やっぱり接着?)



ともかく、そに子ちゃんもプロポ(戦車?)を使い、
アンジェラ・バルザックさんと共闘!とか、



「ステンガンをソウドオフするよ~!」(おいおいっ)とか
遊びの幅が広がること間違いなし!

あ、そういえば、ニパ子ちゃんはニッパーが付いてたし、
あとはペンチにドライバーにスパナに、、、
(キリが無い!って錐とかけたダジャレかいっ!!)


  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2016年06月24日

1/12のチェーンソーと9ミリ機関けん銃

きょうは1/12スケールのミニチュアネタで、
YSKというところが作っているチェーンソーと
9ミリ機関けん銃を。



これは最近日本橋のとあるお店で見つけてきたものですが、
どうやらガレージキット!(レジン製)のようです。



9ミリ機関けん銃のほうは黒一色(文字デカールが入ってます)
で一体成形され、別に予備マガジンが付きますが、本体の
マガジンは外れないのに対し、チェーンソーは4分割で成形色も
3色です。



刃の部分は塗装したほうが良いのですが、このところ
雨が続いているので、とりあえず素組みで。



Figmaの妹さんとそのお友達に装備してもらいました。

チェーンソーの刃部分が少し反っていますが、画像では
イマイチ小ささが伝わらないのでは?という程造形は
非常に細かく作り込まれています。

YSKでは他にもステンマークⅡやFG42、Stg44などの
銃器、対戦車地雷から消火器,ぱんつまで!!様々な
モノを現在製造販売中のようです。

プラッツやトミーテック(リトルアーモリー)など、これまでも
1/12銃器キットは販売されていましたが、このような
ガレキメーカーも加わり、益々バリエーションが充実するのは
嬉しい限り。

でも、そのあおりで最近1/6のリリースが少なく、しかも高価に
なってきてるのは、、、

YSKさん、こちらもひとつ検討してみてください
(いやココなんか見てないか?)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年05月28日

2016ショットショージャパン春の部と某ジャンク市

きょうは毎年恒例?のショットショージャパン、
に加えて日本橋ジャンク市買い物日記を。



さて、毎年2回大阪難波で開かれているショットショー、
今年も前売り券を買って開場10分ほど前から行列
(って、前売りの意味無くね?)、いつものように獲物を
買い漁り、新製品情報などをゲットしてきました。



まずはタナカ 九九式スポーター。
イキナリまた大物です!
エーット、今年は四四式もゲットしていたのですが、
もともとスポーターライフル好き、Kar98スポーターも
二式スポーターも持ってる身としては(もうええやろ!
とも思えますが!?)外せない!
しかもカートなど付属品無し、そしてアル事情(詳しくは
後日またココで)によりハードケース付きで前回の
四四式の約半値近い!!価格に負けました
(ここまで一気に長い文章が、この驚きを表してマス)。



お次はS&W Kフレ(コクサイ)用の木製グリップ。

これは安価だったのと、美しい木目なので、、、



しかし内部はけっこう削ってマス!
しかも売主の話しによれば、まだもう一息
調整が要るとか!

まあ、この取り付けも含めてまたココで
詳しくはやります(じつは某BBSでチラ見せした
グリップもあるんですが、、、)。

とまあ、ショットショーでの買い物はこれくらい
(って、結構大物、しかも、かさばる長物!)にして、
近くの日本橋で同日11時から開催の某G店ジャンク市に
移動、そこでもいくつかゲットしました。



まずは、全く同じ物を持ってるにもかかわらず、
余りの安さについ手を出してしまったタナカのガスブロ
P226(初期型)。

コレ、ガス漏れでジャンク、との事でしたが、ガスを入れてもらっても
漏れは確認できず、作動もちゃんとしてる、、、

外観こそかなりクタビレタ印象ですが、再塗装して遊ぶなら
固定ガス並みの値段だし!

更に、現在お気に入りの「小心者モデラーのつぶやき」で
P226 X-fiveをカスタムされているので、そのうち
(気が向いたら)ウチでもカスタムするならそのベースに、
と思って。



最後はこれぞ大化けジャンク!!
MGC パイソンPPCカスタムです。

コレ、どこかの(、、、忘れた)ショップがカスタムしたものらしいですが、
トリガーが戻らなくなっており、ジャンク(Cランク)で安価だったものです。

まあ、メカが直らなくても、パイソンにこのフレーム(バレル,リブ)
を移植できれば、とゲットしちゃいました。

そして、帰宅後撮影前に一度バラしてみたところ、トリガーバー?
(トリガーとシリンダーハンドを押し、ボルトを下げるパーツ)が
外れていた!

トリガーバー,ハンドを少し曲げ直し、外れないように調整したら
あっさり直りました!!

MGCのメカは実銃に比べて大きくアレンジされており、それは(実銃では)
リバウンドレバーが横方向に弾性変形(バネ作用)してボルトを逃がす
ところが微妙かつ模型の剛性では難しい、という事から、だと思うのですが、
MGC方式では逆にフレーム,サイドプレートと上のパーツなどが
変形して横方向に動き、外れちゃうんですね。

プレスで曲げた板(シリンダーハンド)の”ひっかかり”で動く、というトコロに
無理があるのカモ。
できたら完全に折り返して、そこにトリガーバーを乗っけると良かったのかも。

まあウチの他の個体はあんまり作動させないせいか、現象出てないですし、
でたら曲げ直せば(組み立ても難しいですが)。

あ、このPPCカスタム、グリップの仕上げもちょっと、、、ですが、
これは塗り直せば(ウチでは偽木目塗装技術はある程度確立してるし)
良いと思います。

ともかく珍しいし、コクサイのPPCカスタムとも比べられるし、
ドラマネタにも使えるカモ。

ということで、今日は2ヶ所で2点づつ、なかなか良い買い物ができました。

あ、ショットショーでは今回も女性の売り子さん、来訪者の方が
増えているようで、人も多いのですがナカナカ華やかな雰囲気に
なってきてます。

ミリドル乙夜さんなんか、大きく胸が開いたせくしーな衣装で
パラコードを編んでいたような?です!

また、HWSは発売直前!のHScの量産試作?だけでなく、
ナガンリボルバーの試作も展示されていました
(電動ガンについては全く専門外なので、、、)。

皆様も宜しければひとつ(明日もやっているようです)覗いてみて下さい。  

2016年05月01日

S.H.フィギュアーツ 峰不二子

さて、今週の私はドレ?
①ゴールデンウィーク
②コールテンパンツ
③ゴールデンボンビー
 (金欠!? ビンボー神?みんな一瞬
 ボンバーだと思ったんじゃね?!)

正解は3番(泣!!!)

あ、さてきょうはその散財の元?
1/12ドールシリーズでS.H.フィギュアーツの峰 不二子を。



これは先月末発売された新製品!で、実は”お気に入り”
Timm_MK2様の「ゆるほびっ!」で同じS.H.フィギュアーツの
「ボディちゃん」をご紹介されていたのに連動!です。



箱は(撮影し忘れてますが)割と小さめで、顔と手の差換えパーツ、
そして拳銃 FN(ブローニング)M1910が付属します(トップカット
のようにマズルは開いていますが成形色の銀です)。

できたらUZIやモーゼルパラベラムピストル(ルガーP08の戦後コピー)
なんかを付けて欲しかったところですが、最近は1/12武器が多く
リリースされてきているので、そのうちWWⅡモノや有名SMGなども
(需要ないの?)でるかも、と今後に期待しましょう。

もしかすると今回の黒レザースーツ版以外に「カリオストロの城」
迷彩服版なんかも予定されていて、ソッチにモーゼルが付くのなら
大歓迎!です。



今回、ルパンも同時発売されていたのですが、このところ
モデルガンで大物(四四式)をゲットしたこともあり、
今回は見送り、です(笑)。

でも、次元は欲しいカモ!

とりあえず、ハンドガンつながりでFigma 草薙素子と。
素子はAMTのバックアップ? シングルアクションっぽいのですが?

身長は不二子のほうが少し高いのですが、足の長さで
差がついているカンジですね。



リボルテックのヨーコ(左)と、ピコニーモ素体(右)とも。
比べると、S.H.フィギュアーツが最も小さいスケールのようで、
正しく1/12なカンジです。



なのでバイク(アオシマ スカイネットのCB750)に乗せても
ピッタリ合います。

S.H.フィギュアーツは、関節の曲りも大きいので、足がちゃんと
ステップにかかり、このような姿勢も無理なくとれます。

そして地味ながら”自然なフォルムで良く動く”ために
腰(パンツ部分)には軟質素材が使われていたり、と
”激戦区”の1/12アクションフィギュアだけに作り込みも本格的!

皆様も、気になったなら是非ひとつ!!
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)こんなモノ番外編

2016年04月03日

HRP-4C 未夢

きょうも1/12ドールキットネタ?ですが、
ちょっと変わったヤツを。



これは日本橋の模型店で長く在庫されてたような
ブツ(三年ほど前に発売)で、少し古いキットです。

元になったモデルはなんと!独立行政法人である
産業技術総合研究所が2009年に発表したモノだとか。

発売元のウェーブは完成品からキット、更にその制作用
工具なども扱うところで、ボトムズやマクロスといった
ロボットものも多く手掛けているような、ですね。

ちなみに実在ロボット模型としては、他にホンダのP2,
P3も同じ1/12で作っていたそうです。



このカタチと色だと”ロボコップ”ですが、実物の動画を見てると
ホンダのアシモに人間の頭が付いたような、で、中に人が
入っているような錯覚にとらわれます。



さて、組み立てですが、キットは三色(素材)に分けられており、
更にヘッドは彩色済み、付属のメタルカラーのシールで
継ぎ目がほとんど消えるため、素組みでもソコソコの出来が
期待されます。

が、銀色部分が若干マーブル状(混入させた金属粒子が
注型時の流れに沿っているのがわかる)にみえるため、
ランナーに付いたままでシルバーをスプレーで吹き、
見栄えUPを図りました。

このキット、ランナーと部品の接続部分が直角の2面に渡って
繋がっており、ニッパーで切ったあと、接合面側に残ったゲート?
を削り落とす必要があります。

もっとも、そのせいで組みあがったときには(見える)跡が小さく、
キレイに仕上げやすいとも言えます。

今回は、塗り直さなくても良さそうなので、合わせ目はヤスリで
削って段差を無くしています。

あ、毎回のことですが組み立て中は忙しく、写真が撮れません!
(あしからず)。

組み立てははめ込むだけで、接着不要なのですが、腕の
ポリキャップはちょっと削って小さくしないと、胸の前後が開いて
しまいます。

前回のフレームアームズで1/12ドールに慣れたせいもあり?
ともかく小一時間で組み立てが終了、その後これも結構
点数の多いシールを貼って完成です
(あ、首を組み忘れてます!)。



、、、うーん、Mrスポックに似てる(髪型のせい?)。

どっちにせよ、前髪は切り過ぎ状態だし、もう少し丸顔で
目も優しくしたいトコロ。



そこで、Figmaのヘッド(千石撫子)に換装してみました
(大きさ比較用に隣りもFigma 渋谷凛)。



更にテキトーなフィギュア(御坂美琴)から換装。
これくらい大きな方が、手の大きさ(ホンモノがこうなので
仕方ないのですが!)が気になりませんね。



この仕様?でも再びFigma(左;高嶺愛花、右;渋谷凛)と。



最後はピコニーモ(ころん)ヘッドで。
植毛ヘッドでも、やはりアニメ顔のほうが”怖さ”がありません。

どうもこれだけ小さいサイズで”自然な人間の表情を作る”のは
簡単ではないようで、1/6スケールでも最近ようやくリアルな
ヘッドが出回りだしたトコロ、1/12では、スケールモデルの
フィギュアでも”画像に撮ったら見間違える”ほどのものはまず
お目にかかれません。

ホンモノのHRP-4Cも、止まっている時はリアルですが
喜怒哀楽などはなかなか苦労しているような、で、
デビュー当時の夏帆さんにも似るパッケージの写真は
”奇跡の一枚”ではないですが、、、
(産総研の女性スタッフ5人の平均をとって、それを基に
作ったらしいので、”美”最優先ではないらしいのですが)。

ちなみに震災を機に産総研のロボット開発は方向転換、
”ガレキや高線量の放射線下で人間に代わって働ける”
実用的なロボット(、、、レプリカントだね、)の方に舵を切り、
歌手やモデルなど”鑑賞(エンタメ)用”の開発は止めちゃった
らしいです。

未夢も現在は介護用パワードスーツの実験台という
”裏方仕事”くらいしか出番が無いという、、、(涙!)

ロボットに過剰な期待をしてたのかも、ですが、
”未来の夢”から一気に”役立たず”呼ばわりされてしまった
悲しい運命のHRP-4C、あなたもひとつ(1/12ですが)
いかが?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年03月21日

武装神姫 ウィトゥルース

きょうはこのところ制作記を展開しているフレームアームズ・ガールの
ご先祖?武装神姫からウィトゥルースを。



武装神姫はコナミが発売していたアクションフィギュアで、サイズは
架空のものなので設定されていないかも、ですが、人間サイズだと
1/12スケールで、最近のピコニーモ、フレームアームズ・ガールなどと
ほぼ同じ大きさですね。

コナミだけにゲームにも展開、そして2012年にはアニメも放送された
ようですが、近年は新作のリリーズが無く、シリーズは終了したのか、
とも思われました。



さて、ウィトゥルースですが、大きめの箱にたくさんのパーツが
同梱されており、箱表紙?のような武装状態に変形?できるようです。



箱の中には2段に!ブリスターパックが入っており、コレほんとに
全部付くの?ですが、、、



ともかく本体はコレ、です。
関節部は金属製のリベットが使われており、腕なども関節強度
優先でゴツくなってますが、手、腕、足、頭部と胴体も中央部に
可動箇所を設けており、顔,手にバスト!パーツは交換式とし、
様々なポージング、表情などを作りだせます。



腕と腿に武装用のアタッチメント?を付けると、このように
付属の武器を装備させることが出来、これが”武装神姫”たる
所以、ですね。



頭部を元に戻し、よりせくしー?な胸元にして、
更に銃を持たせてみました。
脚も取り付け穴が付いたものに交換でき、背中にも
穴付きパーツが付きます。



そして球形の乗り物?に装着した状態がコレ。
球形は中央にジョイントを付けると、左右が揃った
状態で保持できますが、脚状態なので動く設定だと、
このように前後ずらすこともできます。

背中の装備は大砲?なんか顔が出てくる装飾物?
が付きますが、更に別売りパーツで大型化!?
するそうです。



大砲部分と球形部分を組みあわせ、乗り物化も
(ハンドル,ステップも付いていました)可能です。

ブロックのように棒と穴で各パーツを接合し、様々な
武器を作って楽しむ、という点はレゴなどの延長、
少女型の本体はドール要素で、お子様向けというより
対象年齢が上、なカンジ。

今回、フレームアームズ・ガールとの比較用に
武装神姫シリーズから一つ、という事で安価に
未開封品が売られていたコレを入手したのですが、
少し年数が経っているにも拘わらず(いや逆に
年数が経ったせい?なのか)結構なオネダンの
ものもありました。



実は、フレームアームズ・ガールを作っている
コトブキヤから昨年武装神姫シリーズの
プラモ制作が発表され、同じ会社で別のシリーズ
として展開することに!

ということで、Timm_MK2様、武装神姫も
宜しく(おーい、人任せかい!)。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年03月09日

フレームアームズ・ガール マテリア その1

きょうはギリギリミリタリー?
コトブキヤのフレームアームズシリーズから、
ガール マテリア ホワイトVer.を。



フレームアームズとは基本となる素体に武器外装を
装着し、様々なロボットをくみ上げられる、というもので、
一種の変身ロボット?ですね。

キット(プラモデル)形式でコトブキヤがプロデュースし、
現在数多くのキットが販売されています。

”お気に入り”の「ゆるほびっ!」ではカテゴリが作られ、
いくつか製作記事をUPされていたりします。

コレはたまたま訪れた日本橋のショップに在庫していた
もので、その名の通り、女性素体だけのキットです。

色違いで、ノーマルバージョンとホワイトバージョン
ブラウンスキンアペンドの三種が出ているようです。

ブラウンスキンはコトブキヤシャップ限定だったので、
入手が難しく、価格も高かったのかも、ですが、
ノーマルの方は現在再生産されているようなので、
色違いも入手可能かも、です。

とりあえずフレームアームズ入門なら、これからで
(いやこれから揃えるかどうかは?ですが)良いかと、
この機会に入手しました。



さて、購入後袋から取り出してみると、、、
なんと外箱に薄い紙が被せられ、傷がついたりしないように
保護されてます!

しかし、未組み立てで積んどく趣味は無い?ので
早速剥ぎ取って(実際は”丁寧にズラして外した)
やったゼェ~! ワイルドだろぅ(、、、古い)!!



箱も商品、として大切にしているというより、
購入層がパッケージを重視している(飾る?!)、
ということかも。



そういえば組み立て説明書もカラーで、
”イラストを見せる”表紙の構成になってますね。

キットは完成するモノ(人間だとすると約1/12相当)
の大きさに比べ、大きな箱だと思ったのですが、
中身の部品点数も意外や多い!



キットはランナーに部品がついたままの形で
いくつかに袋分けされており、白,肌色,金,ピンクの
4種類の素材が使われてペイントの手間を低減させています。



更にぱんつ!と顔面には塗装(デカール?)も施され、
製作の手間を省いて子供(いや老眼のほうも!)でも
組みやすい親切さ!!

そして表情に拘る本格派?の方のために、別に
デカールも付属しています。

と、キットを見ていったトコロで今回は終了(キットネタ
でも久しぶりのスロー進行 (笑))、通常ネタを挟んで
次回から組み立て編をお届けする予定です。
ではまた来襲来週!
(キットネタはこの駄洒落で〆る事に、え、なってない?!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年02月24日

続報!チェッカリング加工法

きょうはグリップのチェッカリング加工法
試行錯誤の経過なんかを。



その1
[ミニルーターにガイドロッド追加]
前回、木材にチェッカリング加工を施せるよう、
ミニルーターにスライドガイドを付けたことをご報告しました。
が、一定幅の送りには成功したものの、操作性、彫りの深さ
などなど、種々の問題が残り、結果手彫りで仕上げなければ
上手くいかない(それなら初めから手彫りでも、、、)!
ものでした。



そこでまず操作性の改善です。
ルーターとスライダーの間をネジ一本でつなげただけだった
ものを、2本のガイドロッドを追加し、ルーターが傾かない
ように改良しました。



そして浅彫りしかできなかった問題ですが、先端の鋭い
刃物を探してきました。



これでガリガリ削れるハズ!
画像ははパドックという赤い木に彫ってみたものです。



しかしやっぱりバリのようなものが出ています(汗!)。
そしてなまじ刃物が深く入るので、溝の深さが不均一
にもなってます!!

まあ深さに関しては一定以上入らないように案内板を
ルーター下に付けるなどで対策出来そうですが、やっぱり
ルーターで彫る溝はあんまり綺麗じゃないのかも、、、
などと思ってしまいました。

その2
[やっぱり手彫り]
そこでまた原点に返り、2本溝を彫る工具で再挑戦!



上と同じパドックに彫ってみました。
溝自体は深く綺麗なのですが、横の溝に沿わせて
新しい溝を引く時に失敗し、一部溝がズレています。
二山で一方がヤスリ、一方はガイドだけの刃物
(右手用二枚刃、というヤツ)ならもう少し上手く行く
のかも知れませんが、今入手できない、、、



一枚刃と右手用二枚刃があれば、上手くいくのかも、
ですが、ともかく現状では本番(グリップに彫る)に
着手する自信はありません!!

その3
[デムバートの刃をスライダーに搭載]
そこで、せっかく作った?スライダーに一枚刃を付け、
これでネジ送りで等ピッチに加工できないか?と
考えたのかコレ。



ルーターと同様にデルリンのブロックにデムバートの
刃を付けてますが、30mm径くらいの円柱材だと
もっと良かったカモ。



ともかくこれで(完全手動に戻ってますが)彫ってみます。
削るときは、ロッドのあたりを持ち、軽く上から押しながら
一方方向で削るのが良いカンジ。

そしてこの方式なら、ネジの送り量(ナットの回転数)を
変える事でどんなピッチのチェッカーでもこの工具一つで
彫れます!

更に現在はM4のネジで、2回転で18LPIですが、
M5のネジにすれば同じ2回転で16LPIにも
(このほうが1回転+4/3とかより分かりやすいし)。



崩れやすいラワン材でもこの通り!
実はこの画像でも一か所山がズレてますが、
これはズルして逆方向から削ろうとしたため、です。



これならいけるカモ!!
(って、手動じゃん!とかいうのはナシ!!
だって、購入した工具じゃ上手く削る自信ないんだもん。)

という訳で、そのうちグリップにチェッカリングの様子を
ご報告したいです(最後は希望を表明して終わるという、、、)。
では!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2016年02月07日

チェッカリングマシン?

♪あ~なたに ちゃんこ 食~わせたい♪
♪だ~けど 自分も 食~べれない♪
♪リアル猫が 騒々しいから~♪
(元曲;「恋するフォーチュンクッキー」)

お前ら、もちつけ!
鍋から直接食うと火傷するぞ!!

こんばんは、ガンスミスリエナクター(というよりニセ者?)の
赤い猫RRⅢです。

えー最近グリップ自作,カスタムがマイブームですが、
チェッカリングは中々の難物、少し前チェッカリングツールを
入手
したことをお伝えしましたが、やはり修行を積まないと
ちゃんとチェッカーが揃わず、また山の部分が崩れる、など
課題が山積!

そこで修行を、とならないのがワタクシ、技術の力で技能を
克服(ってこれまではヤスリや切出し小刀など、テクノロジーに
ひたすら逆行してましたが)するべく、開発した今週の
ビックリドッキリメカがこちら。



プロクソンのミニルーターに、直線運動ガイドを付けてみました。



両端を土台に固定したロッドに通した樹脂製のガイドを取り付け、
ここに長いネジ(と保持用のパーツ)でミニルーターを固定、
ルーターが直線運動するようにしてあります
(赤い矢印方向に動かし、溝を刻みます)。



ネジはM4 ピッチ0.7なので、2回転で1.4mm、
ほぼ18LPI(1インチあたり18本)の間隔でルーターをずらし、
チェッカリングできるように考えました。



これで以前制作途中で失敗したレミントン用グリップに
チェッカリングを切ってみているトコロ、です。

樹脂製のガイドが回転&直線運動の軸受けも
兼ねているのですが、今回リーマ加工で精度を
高めて加工したところ、ガタなく良好な滑り具合を
実現、スムーズに動きました。



刃先が少し鈍角(全体としては鋭角すぎるのですが)なので、
深く削れませんがガイドロッドを支点に円運動することで
凹凸にもある程度順応します。

4mmのネジだけでルーターを保持するのはやはりちょっと
強度不足で、ルーターも保持しながら送りを行う必要が
ありますが、このような浅彫りならなんとかビビらず削れます。



しかし、かなり浅いですね!
まあ、これをもとにチェッカリングツールで掘り下げてやれば
いいかも。



平面に切ってみたものがコレです。
この素材はメイプル(楓)ですが、溝は浅く、
一部けば立ってしまっています。

今回このメカを固定する台には目地の入った板を使いましたが、
ハナからV字型に切れるよう、目地に対して20~30度傾けて
ガイドロッドを付けたほうが使いやすいような、ですね。

もう少し鈍角で先端までしっかり尖った刃物の調達、
ネジだけでなくルーターとガイドの間にもロッドを付け、
ルーターが倒れないように固定、とか今後の課題はありますが、
なんか、後加工(チェッカリングツール)するなら
あんまりコレの意味は無いカモ(爆死!)。

ルーターの向きを90度変え、円盤状の刃物で溝を切る方向も
検討してますが、いかんせんV溝形状の刃物は自作せねばならず、
どっちにせよ刃物を自分で研ぎ出すなら、このままのレイアウトが
無難かな?
(全国の女子高生の皆さ~ん、次回のビックリドッキリメカ、
登場は未定で~す! って見てないか?!)
トモカク進展、転進(撤退)の様子は、期待せず待て!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(4)こんなモノ番外編

2016年01月22日

デム・バート チェッカリングツール

皆様こんばんは、きょうも買い物ネタ、ですが、
グリップのチェッカリングを刻むツールを。



えーと、この手のツールですが、以前にねじヤスリ
ご紹介しており、また平板状のチェッカリングやすり
(30LPI)は既に持っていました!

しかしねじヤスリは目立てにはちょっと向かず、
チェッカリングやすりの30LPIはハンマーなどの
チェッカリングには良いのですが
、グリップには細か過ぎ、
また曲面に当てにくい!
それに周囲を残して中央部だけにチェッカリング、という
芸当は不可能です!!

そこで某BBSでご紹介があったデム・バートの
チェッカリングツールを試してみることにしました。



ところが!
デム・バートのチェッカリングツールキットは
長い事売り切れで再入荷が無いようです!!

そこで某BBSでの情報を基にイロイロ検討した結果、
刃とハンドルを個別に入手すれば在庫のあるトコロが
見つかりました。

刃は両刃(2つの山型共に刃が切られている)18LPI
(ちなみにLPIは1インチに何本ラインが入るか、で
18LPIでは1.41mmピッチです)が在庫有り、他には
片刃(一方の山はガイドとして使う)は20LPIがありました。

そして一本溝を切る刃付きのハンドル(これも細目と粗目
があり、在庫は細目のみ)もありました。

ハンドルは刃無しでも良かったのですが、手持ちの
曲げヤスリ?と比較の為にも、刃付きを選びました。

注文して翌日届いたのが上の2つ。

一本溝切りのハンドル付き(細目)と18LPIの両刃です。



手にしてみると、意外に小さいです。

一本溝切りには、交換用の釘が付属していました。
なんとハンドルと刃は釘で止める構造です。



スプリングピンとか、ネジにしてくれると良いのですが、
そこはアメリカ、そんな細かいコトはせず、ゴーカイに
釘打ち!(でも付けてあるのは、釘の頭を切って
少し曲げており、こんな手間かけるならロールピンで
良かったのに、です)。



一本溝切りは細目、とのことですが、手持ちの曲げ
ヤスリ(上の画像右)よりずっと大きなヤスリ目です。

この一本溝切りを少し試してみた後、早速に二本溝用に
交換しました。

二本溝用は細目の一本溝用に対しても更に粗目、
のようですね。



まず定規を当てて一本溝切りで溝を切り、ソレをガイドにして
二本溝切りで一本ずつ溝を増やしていったところです。
ついつい中央を彫り過ぎ!少し窪んでしまいましたが、
まあまあ正確にラインが通りました。



これに対して斜めに更に溝を刻んでチェッカーを
形成します。

今度は最初から二本溝のみで作業しましたが、ラインはまあ
まっすぐになりました(一本失敗してるケド)。

しかし!材料が柔らかく、脆かったのでしょうか?
チェッカー部が崩れるように欠けてしまいました!!

もう少し固い素材なら大丈夫なのか、浅めにラインを
刻んだら、一番細かい目の曲げヤスリで彫り進めて
いかなければならないのか?

それとも、前後両方向に力を入れてゴリゴリ削る
のではなく、一方だけに軽ーく力をかけるべきなのか?

まああんまりヤスリ目が細かいと詰まりやすいし、
荒いと素材が欠けやすく、またラインもずれやすいような、
ですし。

試行錯誤はまだまだ続きそうです。

理想的なのはコレ(両刃)を5枚刃(山が5つ)
くらいにして、山のピッチは現在のラインナップ
(16~22LPI)でもう少しヤスリ目を細かくしてくれれば。

また刃の交換をするなら、いっそ刃をローラー状にして
(その回転を通常では止めておいて)回して当たる位置を
変える構造でも良いかも
(使い捨てなら、チェッカリングやすりを曲げやすりに
してくれれば)。

なんだかんだ言ってますが、本人の技量が問題なだけで、
現在市販の工具でグリップにチェッカリングを切るなら
コレはコストも含めて最も有力な選択肢でしょう。

これでしばらく修行に励むか、でも片刃(一方の山のみに
ヤスリ刃が形成されている)も気になるんだよなあ
(いやまず道具を使いこなせよ!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)こんなモノ番外編

2015年12月05日

2015ショットショージャパン 冬の部

きょうはショットショー開幕!ということで、
恒例の買い物日記を。



えーっと、今回は入場券を忘れかけたり、渋滞があったり、
また体調が、、、とマズい状況が重なり、残念ながら?
なぜかいつもと同じく10分ほど前に行列参加(って結局
一緒やったんかい!)、開場を迎えました。

さて、今回も歳末の商店街のような大混雑の中、
ゲットしてきたものを。



まず、ダミーカートです。
これは303ブリティッシュ。未入手なのでこの機会に。



次は木製グリップ。
これはMGC(CAWも同じ?)のローマン用、とのことです。
MGCのMkⅢは共通フレームなので、ローマン2,4インチ
だけでなくトルーパーにも使えるカモ。

左側はきれいな杢もでており、ナカナカ満足度高いです。



次はP08用のショルダーストック。
CAWではないか、と店員さんとも話していたのですが、
どうやらMGCのオプションパーツだったようです。

錆や傷などはありますが、まあショルダーストック
収集計画の一環、ということで
(そのうち、MGCやタナカとの適合性を検証予定、です)。



ラストはタナカのモデルガン、M360Jサクラです。



これは最近改良HW版の発売がアナウンスされ、
個人的にもそれを待っていたのですが、、、

今回安価に出物があったので、まあこれで、と
(HWの新品予算との差額を、今回の他の買い物に充てた、
とも)。

キーロック、装填用プラ棒、そして38スペシャルだけでなく、
357マグナムの銅メッキ?弾頭付き発火カートが付属!
これは初回特典だったようですね。

あ、会場には、乙夜さん、みさみささんを始め女性の販売員?
の方々がけっこう増えており、会場に華やかさを添えてました。

ショットショーは明日も開催され、午後には日本橋の
ジャングルでもジャンク販売が行われる(チラシが
入場時もらえるパンフに入ってました)そうなので、
都合のつく方は、是非。