2017年04月28日

だいたいストライク?!

きょうは以前ご紹介した、KSC STIエッジに
ストライクガンのスライド換装、というヤツの
続報を。



中華、違うちゅーか、トップカットでもうスパイク状の
マズルガードが付いっちゃってますケド!
そーです付けました(笑)。



ま、それでオシマイ、だと訳ワケメ、違うって訳ワカメ、
タラちゃーん、っていつまで続くのかサザエさん、、、
(今日は脱線が酷い、、、)。

順を追っていきましょう。
まず、
  ストライクガンのスライドのみを発見
→エッジ本体のスライドストップ捲れ中古がある店を思い出す
→両者入手、合体(換装)
というのが前回までの流れ。

で、今回
  たまには銃にガスでも入れるか、と某トイガンショップ訪問
→たまたまマルイハイキャパ用ストライクフロントキット
  をバーゲン価格で発見,現行犯?で確保
→ハイキャパのシャーシ用レイルを、ワイドシャーシの
  エッジに取り付けられるようフライスで上部を切除
→マズルガードを、エッジのスライドに合わせヤスリで
  成形
→ レイルとマズルガード(元々アルマイト銀)を
  ブラックパーカーで塗装
→エッジのシャーシにレイル取り付け穴加工、スパイク
  共々取り付け

と、なった訳です、はい。



マズルガードは元々ハイキャパ用だったので、
側面に一段ありますが、まあアクセント、ということで。

あ、マズルガードの前方からの固定ネジ2本は、
KSCワイドシャーシではタップ穴が破れてしまうため、
使えませんでした。

KSCの製品では、この穴はもっと側面寄りにあって
シャーシに止まるようになってますが、まあ底からの
一本だけでも一応止まる(0.5mmほど段差を残して削って
いるので)し、分解も手間が減るし、ねっ!
(誰に同意を求めてんだ!)。

このため、スライド前進時にマズルガードに当たらないよう、
スライドとガードの間も0.5mmほど隙間を開けて
取り付けています。



ただ、実銃だと発射ガスがマズルガードに吹き付け、
(例え前方ネジ二本があっても)前方に吹っ飛ぶ恐れがある、
と思うのですが、、、(更にマズルガードがコンプになってる
仕様が、KSCの取説にイラストで描かれています。)

実銃用ではレイル部も一体で左右分割、というのがあるので、
やっぱりある程度強度は必要なんじゃ、、、

するとマルイのストライクウォーリア(だったけ?)あたりの方が
まだ強度的に現実味がある気もします(ってストライクガンは
実銃があるんですが!)。



ま、そのあたりはトイガンだと関係ないし(爆!)、
改造点をアップで。

マズルガードの上面はマルイハイキャパに合わせ多角形
だったので、KSCに合わせラウンド形状にヤスリました。



シャーシの取り付け加工です。
レイルのネジ穴に合わせてコチラ側皿穴加工をしました。

ハイキャパはシャーシが短いので、この2点止めと
されていますが、エッジはスライドと同じ長さなので、
もう1点ネジは追加しても良いカモ。



上面(シャーシとの接触面)を削ったレイルですが、
0.5mmほど前方を低くフライスにセットし、マズルガード
取付のガイドとなる段差を残しています。

このためレイルは厳密には前方が下がってますが、
tan0.01程度だと見た目にはわからないでしょ?



分解したところ。
レンチを使ってネジを外し、マズルガードを取る、という
手間がかかりますが、一本ならまあ許容範囲でしょう。

これでグリップ後方のフック以外は再現できたし、
個人的にはアレは大きくなりすぎるうえに自分がダメージ
受けそうなので(笑)付けないで良いかな、と思ってます。

思えばたまたまストライクガンのスライドを発見したことから
始まったこのプロジェクト、良く考えればストライクガン
そのもの、が中古で手に入ればそのほうがコスト的にも
手間もかからなかったんじゃ、、、

それにマズルガードもスライド後方のガードも、
実際手にして弄っているとあんまり意味ない気がします。

スライド後方は指を入れればハンマーを落ちないように
できるし、スパイクを押し付けたとてスライドにはFサイトが
あり、スライドを後退させてコレマタ発射不能にすることは
可能です。

むしろ、落下時などにサイトやハンマー,マズルを保護する
効果の方が”実用”としては高いんじゃ、なんですが(爆!)、
やはりモノモノしいスタイルになること、が一番のウリかも、
個人的には”見た目が100%”のカスタムです(キッパリ!)。

でも、これだけ重い”スパイク”が足の上に落ちてくることを
想像したら、、、
おー怖!!(その点では確実に破壊力を増してる!!!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)かすたむP

2017年04月26日

基本のアリサカ!?

♪しょ~じき 爺~さん マジうざい♪
もうそう呼ばれるお年頃?
紅い猫RRⅢです今日もヨロシク!!

あ、さて今回も買い物ネタ、行きつけの中古トイガンショップに
入荷したてを早速に確保!したタナカ ガスガン 
三八式小銃です。



えーっと、ガスガンのアリサカといえばウチには既に
九九式があり、モデルガンでは三八式騎兵銃、四四式騎兵銃、
そしてスポーターでは二式と九九式、と結構充実してきている
のですが、思えば基本の三八式が無かった!

まあ、バリエーションで言えば狙撃銃シリーズも、ですが、
とりあえず基本の基本、三八式を、しかも騎兵銃とは違う
ガスガンなら(いや撃ったりはしないんですが)、しかも
前ユーザーはほとんど使っていなかったと見え、ストックに
傷らしい傷も無い極上品!!
と見つけた時に押さえてしまった!訳です、エヘッ!



このあいだ入手したモシン・ナガンも長かった!ですが、
コレも銃剣を付けたら、もう槍です!

戦場で近接戦になったら、逆にフォアアームあたりを掴まれて
”どーにもこうにも”になりそうな気も、ですが、当時は馬上の敵を
下から刺せる長さ、ということでこれくらい長い銃になったとか
(いや、銃なんだから弾を飛ばせばいいんじゃ、とか
思わなかった?)。

撮影も長過ぎると(ウチの撮影環境が、、、なのもあって)難しく、
24mmの広角で三脚を伸ばせば画角的には入るのですが、
下に敷いた紙の寸法、均一な照明、などの限界により、
背景は一部加工してしのいでいます。 あーしんどバット!?

あ、拡大画像を撮ってませんがストック固定バンドのストッパー
は曲線で構成されており、今までで一番優美なカタチ
(三八騎兵銃はたぶん実物もそうですが切削で作り直した
直線的なモノ、四四式に至ってはプレス!の鋼板)です。



リアサイトは角度が大きく開いたV字のオープン型で、Fサイトは
両横にガード付き、セフティノブ側面にセレーションが無く、
バットプレートは非カップ型、ということで全体的には中期型を
再現している、のでしょうか?KTWは初期型を再現している
ように見えるので、差別化を図ったか、他のバリエーション
(騎兵銃や狙撃銃)とのパーツ共用を考えたのカモ、です
(でもここらへんは詳しくないのであんまり参考になさらぬよう)。



今回、オプションの遊底被も付属しており、九九式共々
カバー付きになりました。

この遊底被、過去に入手したモノの箱には、九九式用(旧)!
の文字が書かれており、少しビビりましたがガスガン九九式に
無加工で付きました。

タナカの遊低被の裏側には、溶接のパーツがあり、これは
九九式用を模したのかも、ですが、この三八式でも同じ
タイプ(厳密に一緒かはまたそのうちに比較ネタで)です。

なのでモデルガン,ガスガン共用で、しかも三八,九九系
両方に合うんじゃ、です。

アリサカは狙撃銃以外ボルトが水平に突き出したカタチで、
九九式などでは匍匐前進時など引っかかりそうな気が
していましたが、アレは側面にスリングが付く、ドイツで
いうところのカラビナーだったから、で、元の38式は底側に
スリングが付くため、右利きだと担いだときボルトは腕の方に
出るからあんまり邪魔にならなかった(それで操作性と
生産性を優先してストレートのままだった)のでは、とか、
実際に手にするとイロイロ納得したり、で、楽しいですね。

でも、コレ担いでサバゲに行ったりは多分もう”お年頃”的に
難しい(というより精神的に厳しい)カモ、ですが(爆!)
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)最近のこんなモノ

2017年04月23日

「裏切りのサーカス」~スマイリー

きょうは映画登場キャラ使用銃ネタで、
冷戦時の英国諜報部を描いた2012年の(リメイク)映画、
「裏切りのサーカス」からゲイリー・オールドマン演じる
主人公スマイリーの拳銃を。



ストーリーはいつものように見ていただく、ということで(笑)、
この映画、頭脳戦なのであんまりドンパチは、、、ですが、
ともかく面白いので未見の方は是非一度。



老スパイ、スマイリーの手にするのはワルサーPPK。
当然、戦後なのでマルシンの戦後タイプにご登場願いました。



あ、他にも若い方(笑)はコルトコマンダーとか、ブルーノらしき
ライフルとか、東側のトカレフとかハンガリーのPPコピー?なども
登場します。

1979年版も見てみたい、とか思うのですが、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:30Comments(0)あのひとのGun

2017年04月21日

ワルサーP38ショートバレル

一周回ってしがない
(えっ、もしかして踊り子とか?)

さてきょうは自薦トイガンネタで、マルシン モデルガンで、
ワルサーP38ショートバレルを。



いきなり不完全閉鎖(バレルが前進しきっていない)状態!
ですが、疑似ブローバックではバレル後退方向にテンションが
かかっているため、ちょっとスライドの抵抗が大きかったりすると
こうなります(って開き直るな!)。



あ、モノはマルシン初、というより世界初の疑似ショートリコイル
モデルガンから派生したバリエーションモデルです。

P38発売当初はコマーシャルとミリタリー(刻印とグリップが違う)
だけでしたが、その後このショートバレルが追加され、現在も
生き残っていますね。

ロングバレルもいっとき作っていたんですが、アレは既に絶版
のようで、残念です。



コマーシャル(画像右)とも。
コマーシャルは戦後の市販バージョンを再現したようですが、
ショートバレルはマルシンオリジナルなんじゃあ、です。

戦時中試作されたショートバレルは、スライド前方(の左右を
つなぐブリッジ部分)にFサイトが載るカタチで、
ゲシュタポモデルとも呼ばれるもの、
そして戦後ワルサーで作られてたP38Kも、その姿を踏襲
(ハンマー削ったり、はあるようですが)してました。

他にアメリカのカスタマー、ジョン・マーツが作ったものが
このマルシン仕様に似てたような、ですがマーツカスタムは
マガジンも一発分短くなっており、マルシンはその両方の
中間的なカスタム(サイトがバレル上に載ったやや短めの仕様)
です
[注:床井さんの「ワルサーストーリー」にスプリー・ベルグ製を
ベースにマルシンと同じバレルのヤツが試作され、アメリカの
博物館にあるそうです。以前ウチでも制作記事にそう書いて
いました。加筆訂正致します。]



ショートといってもP38、元になったPPK(画像右 これもマルシン)
と比べるとやっぱりどーんとガタイがごつい!!

しかし、安全性(自動セフティとDA装備)で世界をリードしていた
P38は、その後のコンパクト化流行にも対応できる、という点でも
先進的な設計ですね。

ワルサーは”その恩恵”のおかげで戦後もP5など派生モデルで
しのぎ、全面リニューアルはP88まで行わなかった、とも
いえるのでは?

ショートバレルに戻ると、イマサラかも、ですが、ゲシュタポモデル
とか、作ってぇ~!!
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)お勧めはしませんが

2017年04月19日

ポーフェロの謎

一周回って死なない私
(回復の呪文ゲット?!)

あ、さてきょうはウチではもう定番?!のホーグ木製
モノグリップですが、今回のポーフェロはまたちょっと違う、
というのを。



えー、モノは未使用らしき個人輸入で、S&W Kフレの
ラウンド用です。

箱には適合機種などが書かれたシールが貼ってあり、
それによると、コレはポーフェロ(パープルウッド)です。



Nフレですがラウンド、というヘンタイ機種のM327に
合わせてみました(笑 画像左)。

もちろん、いっぱいまで押し込むと後部のラインが
合わないんですが、このように、数ミリ手前で止めると
バッチリ!なカンジ。

そして、右もM327ですが、コチラはハナからNフレ
ラウンド用(フィンガーチャンネル一つ)のポーフェロ。

Nフレ用が、チョコレート色、といってもいいくらいなのに対し、
今回のは赤みが強く、ほとんどローズウッドに見えます。



前回入手(といっても、ホーグではひとつ前に買った、というコト)
のコルト パイソン用(画像左)とも。

このパイソン用は、木目の濃淡の差が少なく、色は更に明るくて
チークのようです。

3つ並べると、それぞれ違う木材か?と思うくらい色目は違いますね。

あ、今回のモノが木目は一番良く出ていますが、材料取りが
ホーグでは珍しく(通常斜め)柾目になっています。



でもコントラスティングキャップ付き(画像左 コクサイスマイソン
に取り付け 素材はたぶんローズ)のと比べると、杢の入り方が違う
(ポーフェロはあくまで上下で目が通っています)!!

まあゴンカロなんかでも、大きく色、木目が違うものがあるのですが、
素材が何か書かれていないものは、見分けるのがとっても難しい!
個人的にはNフレラウンド用が一番ポーフェロらしく感じます。



しかし色目は紫外線による経年変化で変わってくるのカモ、
なんですが(爆!)

でも、こーいうの、気になっちゃうとつい揃えたくなるんですよね!!
あ、コイツ、タナカM500にどうかと思って入手したんですが、
ちょっと幅が違うのか、非常に入り難いので断念!
今はHWSスマイソン ラウンドバットフレームとかに
付けてみようかな、と思ってます(まあ結果報告と比較ネタで
もう一回、という予定進行?です、はい)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)最モノぱーつ編

2017年04月16日

P08用のストック

♪オ~レは まだ~まだ~ チキンレースで♪
良くないやろ!!
元曲;「チキンライス」
あ、今でも何かと締切ギリギリ生活、
紅い猫RRⅢです詩羽先輩共々今日もヨロシク!

さてきょうはルガーP08のストックです。



これはウチでは珍しく新品購入したもので、
タナカの8インチ用です。



タナカではちょっと短い6インチ用というのも
作っていたのですが、今回たまたまコチラが
在庫していたので、、、

という訳ではなく、実はコレ、マルシン(モデルガン)にも
無加工て付く、ということで、ランゲ・ラウフ入手時の疑問、
ストック装着時のサイティングを体験してみよう!という
”科学的実験”のため(笑)、です。



なのでウチにあるタナカ 6インチにも当然合うのですが
(MGCは取り付け部の幅が広く、ストックの金具が入りません)、



マルシンにもピッタリ、というか、タナカ以上にタイトに付いてる
(タナカは樹脂製なので、無理すると折れる、という恐れがある
のカモ、ですが)!!



肝心のサイティングですが、このストックはホルスターが付いて
頬付けできるようになるのか(このストックにも、ホルスター取り付けの
下穴らしきものがあります)、頭の位置が定まらない!

まあ頬付けせずに撃つ機種もあるので、ソレは置いておいて、
リアサイトのボケは当然6インチ(マリーネ)より少ないですが、
6インチでも十分狙える気がします。

そうなると、専らタンジェントサイトを付けるために、バレル上に
移動させたのかも、ですね。

あ、ストック取り付けのホルスターですが、、さすがにソレはタナカでも
用意されていないようで、マルシンさんのハイパワー用の方が
充実度、という点では上回ります。

まあ、これでP08用で2種、他にボーチャード用、ハイパワー用が
揃いました(現代的なのはM93R用とかもありますが)。
あとはモーゼルかな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:59Comments(0)最モノぱーつ編

2017年04月14日

二挺目のアイツ?!

こんばんは、紅い通り魔、レッドマンです(ウソ)。
あ、4/29から大阪 日本橋のジャングルで「赤いアイツ」展が
開催されます(宣伝?!)。

きょうはいつもの?買い物ネタで、ちょっと最近
見かけなくなってきたタナカ M327を再び入手
(つまりダブり)!の巻、です。
(あ、本編とドールに直接関係はございません。
「ラブライブ!」ファンの皆様、ひとつ暖かい目で、
お願いっ、ね。)



これは最近ちょっとごぶさただったショップにふらっと寄ったところ、
本体は少しくたびれていますが箱や備品は揃っており、安価、
というのを発見、カスタムベース(最近そういって放置!が多い
のですが)に良いのでは?と入手してしまったモノです。



もちろん全く同じHW(メッキもありましたが)版で、しかも
新品購入!したモノがあり、ほぼ観賞用だったせいか、
程度は手持ちの方がかなり良いという(笑)。

画像左のホーグ木製(ポーフェロ)に替えているのが
新品購入したモノ、右のゴム製付属のままのが今回入手した
モノです。



以前もやったカモ、ですが2インチ(固定サイト)とも。



グリップフレームは珍しいNフレラウンド、適合グリップは
並行(個人)輸入されたモノしかない!(注;2インチ用木製
グリップはタナカから出ています)くらいで、実は2インチと
同じくランヤードリング(というかピン)内蔵型です。



Kフレラウンド用のグリップだと上部の形状が違いますが、
かなり軽快なカンジになります。



そしてNフレ スクエアバットのターゲットグリップだと、
バレルもゴツいのでもうM29並み!
などと遊んでみました(ちゅうか、合う交換用グリップは
ホーグ一個しか持ってないの!)。

まあ、グリップについては別に替える予定は無いし、
タナカ Nフレ用を削る、という方法もありそうです。

え、他のカスタムポイント?
そう、コイツを入手したのは、違う(アウター)バレルを
付けてみたかったから!

しかし今回、初めて分解したのですが、フロントのナットは
ダミー!で、どうやってバレルから抜いたら良いかわからない
(バレル自体は上部のスクリューを外したら抜けましたが)!!

以下バレル交換奮戦記(もし素材が入手でき進展を
見たら、ですが)に続く、かもしんない(爆!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)最近のこんなモノ

2017年04月12日

「橋」~ユルゲン・ボルフェルト

きょうは映画ネタで、なんと1959年のドイツ映画、
「橋」(原題;Die Brücke)からフランク・グラウブレヒトという
少年が演じたユルゲン・ボルフェルト(ボーチャードとは微妙に
綴りが異なります)の銃を。



この映画はWWⅡ戦末期に徴用されたドイツ人少年達の姿を
描いたものですが、いやこうなる前にナチスドイツは民族”浄化”を
やっていたり、ほぼ同じ時期に我が国は少年どころか少女まで
徴用され、あげくに”特攻”や”自決”を迫られたり、ということを考えると、、、
いや少年達に罪が無いのは同じなんですが。

あ、ストーリーはネタバレにもなるのでここでは止めておいて
(未見の方はDVDを見てね)、まずユルゲンが手にするのは、
彼の父親が持っていたワルサーPP(画僧はマルシン モデルガン)。



そして銃の手入れの訓練?ではKar98kでしたが、実戦では、なんと
(当時最新型の)Stg44を使います(画像はデニックス)。



映画ではStg44を短機関銃のように軽快に?撃ってますが、
デニックスはなかなかの重量級で、この撮影のために動かすだけでも
けっこう大変、実物も重さは変わらないカモ、なので、子供には
かなり重い銃だったんじゃないかと思うのですが、、、
(でも劇中、少年達はMG42まで撃ってるんです!!)

Stg44が登場する映画、というのはかなり珍しく、他には、
おっとそのうちココでまた紹介予定です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)あのひとのGun